投稿者
 メール
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. ☆甲子園野球親善試合観戦記☆(115)
  2. プレゼント宏鈴監督のよもやま話プレゼント(311)
  3. 『野球王国☆和歌山』観戦記(143)
  4. 『岡山理想論』観戦記(76)
  5. ☆県大会野球地区大会観戦記☆(531)
  6. 野球 紀州レンジャーズ試合結果野球(445)
  7. 野球王国野球和歌山のプライドを胸に炎紀州レンジャーズ観戦記炎(65)
スレッド一覧(全7)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月20日(金)00時55分13秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  8/11 4日目第4試合 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取) 17:08~18:49 18:09点灯 6回表から

第4話 いつか山陰勢の決勝戦を・・・・・

          一二三四五六七八九計HE
      米子松蔭000000100130 辰己、高木、児島-植田
      大阪桐蔭11012120X8121 徳山、柿木-福井、岩本

       第一試合  第二試合  第三試合
       広  陵10 秀 岳 館6 和 智 弁9
       中  京6 横  浜4 興  南6

 1日中大興奮の中、ここまで終わった。和智弁が0-6からひっくり返し興南にリベンジでき6年ぶりの甲子園勝利で感無量だった!!しかしまだ1試合残っている。鳥取代表・米子松蔭が春夏連覇を目指す大阪桐蔭とぶつかる。

誰がどう考えても桐蔭の圧倒的有利は揺るがない。それどころかどれだけ点差を離されずに無難なスコアで収めるか?というのが最大の焦点だった。僕はいつか「甲子園の決勝戦で山陰同士の対戦を見たい!!」と熱望しているが、現状だと生きているうちは難しそうなんで夏はフリー抽選だし1回戦でもいいから当たってほしいと。6月に山陰大会という鳥取・島根の上位3校の6チームがトーナメントで対戦するローカル大会が毎年あるようだが、あまりにも遠すぎていけない・・・・・。

すでに開星が花咲徳栄に0-9で完敗したので今年山陰対決を観戦する可能性はなくなった・・・。
試合開始は17時08分でナイターは確定だった。どんな感じになるのか不安だったが、結果は予想通りで内容は・・・・・そこまで大崩れせずになんとか形は整った。
1回表松蔭は桐蔭のエース・徳山相手にわずか7球で攻撃終了と1点も取れそうな雰囲気はなかった。そしてその裏、先頭の藤原を三振にとって場内をどよめかしたが、夢もここまで。。。2番・福井がライトへホームランを放ち夢から覚めてしまった・・・・・。少なくとも勝つためには2点以上取らねばならず、そのイメージは全く湧かなかった。。。

松蔭打線は2・3回ともに走者が1人も出ず早くも三振5つで完全試合が脳裏によぎる。そして2回裏連打で2点目を失いなおも無死2塁。バッター7番なんで本来ならば送りバントで1死3塁として3点目を狙うところだろうが、西谷監督は近年無死1塁でエンドランを多用するように、簡単にアウトを1つくれる采配ではないので強攻で一気に潰しにかかったが、辰己投手が踏ん張り序盤3本の長打を許しながら0-2と善戦し、力の差はヒシヒシと感じつつもまだ試合は壊れていなかった。

序盤でほぼ試合の趨勢が決まり、スタンドではチラホラ空席が目立ち始めて中盤戦。米子松蔭は相変わらずバットにボールを当てるのが精いっぱいといった様子。4回も三者凡退で5回表1死からようやく5番・植田が泥臭くセカンド内野安打で完全試合&ノーヒットノーランの可能性を消した。しかし2つの内野ゴロで2塁すら踏めない。
桐蔭打線もまだまだ本来の力を発揮できないようで、4回2死から四球を足がかりに下位打線の連打で1点をもぎ取るが小刻みな点の取り方しかできなかった。5回に3安打とパスボールでようやく1イニング2点を奪い5-0で折り返した。

正直なところ、もっとワンサイドゲームになるかと思ったが、辰己投手が踏ん張ってなんとか5点に抑えているという印象だ。しかし、いかんせん打てないので得点できる気配がなく5-0というスコア以上に力の差をヒシヒシと感じていた。これがいわゆる「鳥取にはいないタイプの投手・あるいはチーム」ということだろうか???

試合の興味は米子松蔭が1点奪ってクニに帰れるかどうかのみとなった。くじ運が悪かったといえばそれまでだが、明日・宝塚ワシントンホテルから引き揚げて鳥取に帰ることになるだろうが、1点をお土産に持って帰れるか???
この回から点灯された6回表8番からの打順で7球で終わってしまいなすすべもなかった。その裏、四球と送りバントさらに3盗で1死3塁とされサードゴロの間に1点を失いシブい野球を展開され0-6となってしまった。。。

7回表米子松蔭はこの試合唯一の見せ場を作った!!1死から3番・津島がこの試合初めての長打をライトに放ち、打球勝利をもたついている間に長躯ホームインであの大阪桐蔭から1点をもぎ取った!!2014年の八頭でさえ0-10で完封負けしただけに、鳥取県勢にとって悲願の1点となった。
しかしながらその裏、2本のツーベースとタイムリーで2点を失い1-8と予選ならコールドゲーム成立の点差に広がった・・・・。それでも1イニング2点までに抑えているので相手打線を考えれば悪くはないのだが。

8回から桐蔭は柿木投手をマウンドに上げて2回戦意向を見据えたシフトをとってきた。意地を見せたかったが、8回は三者凡退そして9回は2死から2番・長岡がヒットを放ち点差を考えずに盗塁を決めてきたが最後は三振でゲームセット。今年も山陰勢は初戦敗退で姿を消した・・・・・。

現状のままでは山陰勢の決勝戦は夢のまた夢で、しかも開催県でない限りは国体出場もままならないのが現状だ。いったいどうすれば山陰のチームが活躍できるのか頭を抱えていた。
徹夜組が球場を占拠した長い1日はこうして終わった。
今シリーズラストはあの坂原監督率いる下関国際甲子園初出場・・・それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 三振 失点 自責
米子松蔭 辰 己  6  29 107  9  1   1  1  1  4  6  5
米子松蔭 高 木  1 2/3  8  35  3  0   0  0  0  0  2  2
米子松蔭 児 島    2/3  1   2  0  0   0  0  0  0  0  0

大阪桐蔭 徳 山  7  23  69  2  0   0  0  0  8  1  0
大阪桐蔭 柿 木  2   7  24  1  0   0  0  0  3  0  0

                           (完)

                          ☆次回予告☆
             8/13 6日目第1試合 下関国際(山口)-三本松(香川)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 7月19日(木)23時15分35秒 softbank219029091140.bbtec.net
  次のような記事がありました。『この日は京都市内が40度近い暑さに見舞われる中、わかさスタジアム京都で龍谷大平安―大谷、乙訓―日星戦の2試合が行われた。ベスト8へと駒を進めた龍谷大平安の原田英彦監督は試合後に「(監督を)長いことやっているけど、今年の暑さは“無理や”って思った。(前日の練習では)最後のノックもやめました」と話した。』・・・現場も大変ですね。京都市内は、6日連続で気温が38度を超えました。将来もこんな酷暑が続くなら、高野連も対策を考えないとダメですね。35度を超えた日は、高齢者の(球場への)入場を制限するとか・・・水筒、ペットボトル(水分補給)、それに帽子類を持参していない人も入場制限するとか。ちょっと、暑さが半端じゃないですね。「自分は大丈夫」という考えは捨てないと。
 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月19日(木)23時00分3秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日の和歌山大会試合結果(3回戦)
9日目第1試合 智弁和歌山-箕島 9:00~10:26 レジェンド始球式 海南高校OB 山下慶徳さん
          一二三四五六七八九計HE
      和 智 弁101021    14150
      箕  島00020    250

9日目第2試合 日高-和歌山北 11:13~13:25?
          一二三四五六七八九計HE
      和歌山北0100002104
      日  高01000030X5

9日目第3試合 田辺-和歌山南陵 14:06~16:05
          一二三四五六七八九計HE
      田  辺100200000380
      南  陵00000031X470

チョキ選抜準Vの智弁和歌山8強 14得点で箕島圧倒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000082-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会3回戦 智弁和歌山14―2箕島(5回コールド)(2018年7月19日 紀三井寺)

今春の選抜で準優勝した智弁和歌山が箕島を相手に14点を奪って圧勝し、8強入りを決めた。初回に4番・文元洸成主将(3年)の左翼への二塁打で先制すると、3回は8本の長短打を集めて一挙10得点。勝負を決めた。

先発全員の15安打14得点での圧勝劇。高嶋仁監督は「初回に取れるところで取れず、嫌な感じはしましたけど(3回は)いい感じでバットが出ていた」と評価した。
高校通算50本塁打にあと1と迫る今秋ドラフト上位校補の林晃汰内野手(3年)は1安打。「(本塁打は)打てたらいいですが、自分が打てなくても周りが打つ。勢いを切らさずやっていきたい」と先の戦いを見据えた。

ムカッ高校野球の良席チケットがメルカリで高額転売相次ぐ 定価2000円が8000円で出品
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180719-37455631-careercn

今夏の全国高校野球選手権大会から、バックネット裏の約5000席を従来の「中央特別自由席」から「中央特別指定席」に変更。また、阪神甲子園球場のチケット売り場の混雑を回避するため、この席だけ完全前売りでの販売が実施された。
空席の状況次第で当日券を販売する可能性もあるというが、バックネット裏という特等席が前売りでしか手に入らなくなったことで、フリマアプリ「メルカリ」では、「中央特別指定席」などのチケットが定価以上で多く出品されている。

メルカリで「高校野球 チケット」と検索すると、大量に転売されたチケットが表示される。ほとんどの「中央特別指定席」が定価2800円の約3倍の8000~9000円で売られている。
また、「中央特別指定席」だけでなく定価2000円の「1・3塁特別自由席」も2倍以上の4000~5000円で転売されている。「1塁特別自由席」も前売りだけでなく当日販売も実施される予定なのだが、1枚7000~8000円で落札されているものもあった。

高校野球は年々人気を高めており、今春に開催された第90回記念選抜高校野球大会では、昨年の53万2000人を上回る54万人が来場。平成になった1989年以降最多の来場数を記録した。
そして、今夏は第100回の記念大会。例年以上に注目が集まっており、節目の甲子園を一目見ようと躍起になっている高校野球ファンは多い。"転売ヤー"はその高校野球ファンの心情を読み取り、チケットを買い占め、転売行為に勤しんでいるのだろう。

ただ、高校野球のチケット転売が問題になっている事態にネットユーザーは、「8号門クラブがそもそもの元凶」「8号門クラブを出入り禁止に出来ればそれでも良かったんだけどな」など、転売ヤーよりも8号門クラブを攻める書き込みが多く見られた。

8号門クラブとは、高校野球の私設ファンクラブのことで、阪神甲子園球場のバックネット裏に通じる8号門入口に集うことから、そう呼ばれるようになったと言われている。
この8号門クラブは、バックネット裏の最前列の席を確保するため、連日徹夜で列に並ぶなどの問題行動を長年敢行。数年前に多くの批判が集まり一時期大きな話題になった。この事態を重く捉えた日本高等学校野球連盟は、第88回選抜高校野球からバックネット裏の最前席周辺の約100席を「ドリームシート」と名付け、少年野球の子どもたちを招待。騒動は沈静化した。

ただ、今回の「ネット上での前売り」や「指定席化」の実施には少なからず、8号門クラブの騒動が影響していたと思われる。そのため、8号門クラブに批判の声が向けられたのだろう。
子どもたちの日々の努力を、汚い大人の金儲けや「良い席で毎試合みたい」といった自己満足に利用されて良い訳がない。開幕まで残り1か月を切ったが、主催の日本高等学校野球連盟には、適切な措置を講じて節目の大会を迎えてほしい。

ブーイング【京都】猛暑対策 4回戦4試合の試合時間を1時間早く変更
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000119-spnannex-base

京都府高校野球連盟は、第100回全国高校野球選手権記念京都大会の21日と22日に予定している4回戦4試合の試合時間を、それぞれ1時間ずつ早めることを決めた。

記録的な猛暑が続く中での暑さ対策で、開始時間は第1試合が午前8時30分~、第2試合が午前11時開始予定に変更される。それ以降はテレビ放送の都合などもあるため、現行の時間のままで行われる。

GOOD!日本ウェルネス筑北、快進撃の裏に「ボランティア」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00272896-nksports-base

<高校野球長野大会:佐久長聖10-3日本ウェルネス筑北>◇18日◇準々決勝◇松本市球場

快進撃を続けた創部3年目の日本ウェルネス筑北と名将中原英孝監督(73)の夏は、8強に終わった。V候補の佐久長聖から9安打3得点も8回コールド負け。「肝心なところでミスが出て、うちが勝つプランがなくなった」。老監督は苦笑いで振り返った。

3つの村が合併した筑北村は人口5000人弱の典型的な過疎の村だ。村おこしのため誘致され、15年9月開校。隣町出身で母校・松商学園で22年間、長野日大で10年間指揮を執り、夏8度、センバツ3度の甲子園。長野県最多の甲子園14勝の中原監督も誘致した。

「オール筑北村」のサポートで廃校や稼働率の低い施設やグラウンドなどを提供される。お礼として毎週木曜日は農作業や道路清掃などのボランティア活動をする。貴重な労働力は村の救世主となり、村人から農産物の差し入れが届く。部員たちも肉体労働で体を鍛え、地域貢献と社会勉強で精神的に成長する。

監督を慕って県内から選手が集った。内藤友哉捕手(3年)の父は91年センバツで中原監督が率いた松商学園の準優勝時の一塁手。「一生懸命やれば、1番にはなれないかもしれないが普通にはなれるぞ」。中原節がゆとり世代の球児を揺り動かす。昨秋の県大会で佐久長聖を3-1で撃破して初優勝の快挙。過疎の村に出現した高校球児たちと入魂のノックバットをふるう名将。過疎の村から甲子園へ。あくなき挑戦は続く。

ブーイング高校野球の観戦中に熱中症か、生徒ら22人が訴え 熊本
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000067-asahi-soci

19日午前11時20分ごろ、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場から「傷病者多数」との119番通報があった。球場ではこの日、全国高校野球選手権熊本大会を開催中で、市消防局などによると、観戦に訪れた生徒ら少なくとも22人が熱中症とみられる症状を訴え、球場内で手当てを受けたり、病院に搬送されたりした。

気象庁によると、熊本市ではこの日、午前9時の時点で気温が30度を超えており、同11時には33・8度を観測していた。

メモ戦い方熟知 夏の甲子園でモノを言うのは連続出場の経験値
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000028-nkgendai-base

「甲子園でも勝つような学校は、甲子園での戦い方を熟知している。風向きや歓声が、どうプレーに影響するかといったことも含めてね。初出場校の選手は試合が始まっても地に足が着かず、気が付いたら大量点を奪われていたなんてこともザラですから」

こう言うのは西日本にある甲子園常連校の監督だ。「だから何年も連続して夏に出たり、春夏連続出場の学校は、たとえ前回、初戦でボロ負けしていたとしても要注意。チーム内に甲子園を経験した選手がいることは大きな強みになる」

18日は40地区で予選が行われ、昨夏の甲子園で優勝した花咲徳栄(北埼玉)、8年連続出場を目指す作新学院(栃木)、3年連続出場を狙う山梨学院(山梨)が4強入り。3年連続出場のかかる盛岡大付(岩手)、木更津総合(東千葉)はベスト8に進んだ。
2年連続出場を狙う明桜(秋田)、大垣日大(岐阜)、明豊(大分)、3年連続を目指す横浜(南神奈川)、春夏連続出場のかかる富島(宮崎)なども勝ち上がった。西日本豪雨によって去る17日、10日遅れで開幕した広島の広陵は昨夏の準優勝校だ。

ここで名前の挙がった学校は、いずれも甲子園の経験値が髙いとみていい――。

野球ジャガー丈二さんへ
やはり順当に準々決勝で平安VS乙訓が激突しますね。何でも今日の平安は21-0と猛打炸裂したようで、、、、、乙訓は相手が成章だけに苦戦は必至でしたが延長で勝ちきったことで勢いが付きそうです。

月曜日は有給とってますが、土日と岐阜へ宿泊観戦するので家でおとなしくしておきます。。。
平安の甲子園100勝は原田監督にとっても悲願だし、自分が監督をしているうちに何が何でも達成したいでしょうね!
本来ならば2年前の選抜準決勝で達成するはずが、まさかの逆転サヨナラ負けでケチがついて以来甲子園から遠ざかってますね・・・・・。

中京は激戦愛知を勝ち抜いての甲子園100勝だからその重みは全く違うとは思いますが、大藤前監督はなぜかしら新チームから享栄の監督を引き継ぐようだし、現監督は継投ミスで勝てる試合をことごとく落としているようで、OBからの風当たりは相当きつい模様です。。。。。

悲しいかな現状の平安は大阪桐蔭ほどの力はないので、やはり目標としては「甲子園100勝=初戦突破」でこれを達成してから101勝・102勝となるのかなと。
あまり大きな口をたたいてまさかの予選敗退だと、原田監督の責任問題が浮上しかねないし、センバツ出場したのは乙訓なんで現状はチャレンジャーとして一戦必勝になるのかなと思います。

P・S 上の方に記事を貼りましたが、昨日甲子園選手権大会の前売り券が販売され、梅田の金券ショップに1軒だけ最大5000円で1・3塁内野自由席チケットがありました。
今年はネット裏には入れそうにもないので、やむなくまずは『1塁側の1~3日通し券1枚』をGETして後日、他店の動向を伺いつつ決勝のチケットなど予定では7日間観戦予定なんであと6枚仕入れようと・・・・・。

雨などで日程変更されたら大誤算ですが、徹夜をする気力もないので大枚はたいて現地観戦の流れがここ数年続いてます。。。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 7月19日(木)10時31分41秒 i58-95-249-37.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日も座談会を少し…

E まず、今は乙訓にとっては「いい風が吹いている」とは言えない。

その理由の一つが、前にも言ったが、川畑も富山も打たれての

大会直前の練試での大敗。それと、夏の大会主将中川の欠場。

この欠場の影響で、守備の変更、コンバートをやらざるを得なくなった。

具体的に言うと、春の大会では内野を守っていた片岡が、

外野のセンターに回り、選抜でレフト、本来外野手のはずの浅堀が、

今はファーストをやり、そして選抜ではファーストだった大西が、

今は中川の代わりにサードをやっている。

今のところ、この布陣が守備の乱れにはなっていないが、

やや不安な感じはする。

D それと、これは去年秋もそうだったが、

「安打を多く打つ割には点が取れない」

「肝心なところであと1本が出ない」という試合が

これまで何度かあったが、まだその課題を克服出来ていない。

成章戦も、14安打も打ちながら4併殺で好機を潰し、得点は2点だけ。

しかも、最後のサヨナラ勝ちの決勝点は相手のエラーだ。

点を取るのが上手いチームとは言えない。

A しかし、川畑は相変わらず安定感がある。

成章戦でも猛暑の中、12回を完投して1失点に抑え、

「さすがエース」という投球をした。

C 川畑は、150キロの剛球を投げれるわけではないし、

鋭い変化球があるわけでもないし、三振を多く奪えるわけでもないから

まだ物足りないが、メンタルは強い。

B ところで、次に平安は「100回大会で、

全国春夏通算100勝を達成したい!」と

言ってるし、メディアも騒いでいるが、

これは、もうとっくにクリアしてなければいけなかっただろう。

モタモタして、まだ達成出来てないのはダメだ!

あれほど野球部強化してるのに、その割には

達成するまで時間が掛かり過ぎている。

A 中京大中京(100勝達成時の校名は中京)は、もうとっくに、

平安よりずっと早く、36年前の選抜で100勝達成してるぞ!

B それと「この夏は100勝が(最大の)目標!」というのも気に入らない。

確かに「100勝達成」は、平安野球部の歴史にとっては大きなことだろう。

しかし、現在99勝であと1勝で100勝だから、

「100勝達成が目標=現チームでは(夏の府大会で優勝して)全国1勝、

つまり初戦突破が目標」ということになる。

「100勝達成」は、過去を含めた平安野球部にとっては大きな目標だが、

現チームの目標としては「全国で1勝、初戦突破が目標」では目標が低い!

乙訓でさえ「全国8強!」を目標にしてるんだから!

E 平安は、昔から「常に全国制覇が目標」だったはずなのに、

近年は「全国通算100勝」のほうが目標になってしまった。

D それは、99勝してから4季連続で甲子園出場を逃し、あれから2年以上経ち、

あと1勝で足踏みして、モタモタしているのも原因だ。

100勝は、もっと早く達成しなければいけなかった。

B とりあえずは、100勝達成が目標になるのは仕方ないが、

それ(だけ)が今夏の最大の目標ではなく、それは当然クリアして、

それより上の102勝以上(全国8強以上)を目標にすべきだし、

あるいは、もっと上の「103勝、104勝、105勝」を、

今夏の最大目標にすべきだ!
 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月19日(木)00時50分47秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  野球今日の和歌山大会試合結果(2・3回戦)
8日目第1試合 那賀-紀北工 9:00~10:42 レジェンド始球式 星林高校OB 峯茂さん
          一二三四五六七八九計HE
      紀 北 工000010000151
      那  賀000000000041

8日目第2試合 近大新宮-和歌山東 11:23~13:48
          一二三四五六七八九計HE
      和歌山東0001032017
      近大新宮0000004004

8日目第3試合 向陽-新翔 14:25~16:39
          一二三四五六七八九計HE
      向  陽0000202105
      新  翔0000120104

野球明日の和歌山大会組み合わせ(9日目 3回戦)
 ☆☆ 09:00~ 智弁和歌山- 箕 島
    11:30~  日 高 -和歌 山北
  ☆ 14:00~  田 辺 -和歌山南陵

ムカッ負担軽減へ導入の高校野球タイブレーク「選手体調への配慮ない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000010-kobenext-base

第100回全国高校野球東西兵庫大会で全162校が初戦を終え、夏の大会で初めて導入されたタイブレークは3試合を数えた。いずれも手に汗握る試合となったが、猛暑が続く今大会では課題も見えてきた。
タイブレーク制は選手への負担軽減や試合の早期決着を図るため、延長十三回からの攻撃を無死一、二塁から始める。ただ、十二回からの継続打順と決められているため、一塁、二塁走者をベンチが任意で選ぶことはできない。

今夏の兵庫大会では猛暑の影響で脚をつる選手が多く、負傷した選手が打席に立つ場面もあった。関係者からは「負担軽減をうたいながら、選手の体調への配慮がない。こうした状況を想定して(ルールを)決めたのか」との声も漏れる。
打順によっては、延長まで投げ抜いた投手が走者を務めた後、再びマウンドに上がるケースも発生する。今後は投手には臨時代走を適用するなど、今大会を踏まえ、より「選手ファースト」のルールをつくり上げてほしい。

メモ「夏の高校野球」100年間“予選皆勤”15校のうち「山陰地方が4校」な意外理由
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180718-44098359-asagei

夏の高校野球選手権の第1回大会が最初に開催された1915年から100回大会を迎える今年まで予選皆勤校はわずか15校。その中に鳥取県と島根県からそれぞれ2校残っていることはすでに紹介済みだが、なぜ野球強豪県でもないこの両県で計4校も残っているのだろうか。

その理由は、山陰地区では明治時代の末期からすでに山陰大会が開催されるほど野球が盛り上がっていたからだとか。当然、当時から地元の中等学校野球への関心度は高かった。第1回大会の代表校枠は全国で10地区(東北、関東、東海、京津、兵庫、関西、山陰、山陽、四国、九州)。関東、関西、九州でさえ1代表枠だったのに“鳥取と島根の2県で1代表”というのもこの盛んだった野球熱によるところが大きかったと思われる。

そして、その第1回大会の鳥取と島根代表による“山陰地区代表決定戦”にはこんな逸話が残っている。参加6校の鳥取県予選を制した鳥取中(現・鳥取西)と参加2校の島根県予選を制した杵築中(現・大社)との間で山陰代表が争われることになったが、実はその2年前の1913年の山陰大会で起きた、とある事件が問題となっていた。それは地元開催側だった鳥取県の米子中(現・米子東)の応援団が島根県の松江中(現・松江北)の応援団に木刀などで暴行を働いた‥‥というもの。当然、松江中は途中で試合を放棄したのだが、この一件で両県の関係が悪化。翌1914年の山陰大会が中止される事態にまで発展した。そしてそれは第1回大会の予選にも悪影響を及ぼしてしまったのである。

それはつまり、どちらの県でも試合が出来ないということ。そういう理由で大会が開催される直前になっても山陰代表決定戦を行うことができなかった。そんな状況で関係者が思いついた苦肉の策が、「それなら豊中球場でやろう」という妙案。実は第1回大会が開催された球場は現在の甲子園球場ではなくて、大阪府豊中市にある豊中球場がその晴れの舞台だった。今で言うと、要は地方予選決勝を甲子園で行うのと同じである。

試合の結果は2‐2の同点で迎えた最終回に鳥取中が3点を奪って5‐2で勝利。みごと山陰代表となった。一方で杵築中には実は不運な出来事が。試合前に下痢をした選手が続出したことが原因で力を発揮できなかったのだ。わざわざ大阪まで来て試合までしたのに、その3日後に始まる本大会に参加することなく島根に帰るハメになってしまった。

メモ「甲子園常連の強豪校が次々に敗退。「番狂わせ」はなぜ起こるのか?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180718-00010000-sportiva-base&p=1

実はこの時期、スポーツ新聞のページをめくるのが怖い。1面から3面は、たいていプロ野球の記事で埋め尽くされているが、そこから1ページめくると、一気に世界が変わる。前日の“高校野球”の様子が、見開きビッシリと報じられている。

日本中の関心がこの高校野球の地方大会に注がれていると言っても過言ではないほど、大小さまざまな記事が紙面に踊る。高校野球ファンは地方大会の推移に目を凝らし、母校の戦いぶりを気にしている人も多いはずだ。もしかしたら、1年のなかでもっとも“母校愛”を感じるのは、この時期なのかもしれない。
注目選手の活躍ぶりは写真付きで大きく報じられ、そこに地方大会中に飛び出したニューヒーローが加わる。そして、もうひとつ欠かせないのが“番狂わせ”報道だ。

優勝候補に挙げられていた強豪校が初戦で敗退したり、またはシード校が意外な相手に敗れたり……これも必ず大きな見出しで報じられる。冒頭で、私がページをめくるのが怖い……と感じているのは、この“番狂わせ”のせいだ。
高校野球の新聞報道は必ず、全国すべての試合結果が載せられる。都道府県ごとにズラリと学校名が並び、上段が“勝者”で、スコアをはさんで下段が“敗者”である。昔からついつい下段から見てしまうクセがついている。とくに大きな理由はないのだが、下段に意外な学校名がないことをまず確認したいのだ。強豪と称されるチームが、万に一つでも、やられていないか……それを確かめるのは、いつになっても怖いものだ。

それが今年、「えっ!」と声を発する機会が、例年より明らかに多い。
九州ではセンバツ出場の延岡学園(宮崎)、東筑(北福岡)が敗れ、春の九州大会王者である九州国際大付(北福岡)が2回戦で姿を消し、九州学院(熊本)も初戦敗退。さらに、今春のセンバツ4強の三重、同じく8強の日本航空石川も立て続けに敗れた。また敗れはしなかったものの、日大三高(西東京)や東北(宮城)、履正社(北大阪)など、「あわや……」と思わされたチームも多く、夏の甲子園100回の地方大会はいつになく大荒れの様相を呈している。

理由はさまざまだが、以前、こんな場面に遭遇したことがあった。誰もが知っている強豪校が、甲子園をかけた地方大会の1回戦で、部員12人のどう見ても普通の公立校と対戦した。初回、強豪校が無死一、二塁のチャンスをつくった。定石どおり、送りバントかと思ったら、なんと“ヒットエンドラン”を仕掛けてきた。打球は強烈なライナーでサードへ飛んだが、これを三塁手が好捕し、まさかの“三重殺”となった。

強豪校にとってはそれが不運の始まりだった。打つ手、打つ手がすべて裏目となり、守っては失策が続き、投手もストライクが入らない。逆に公立校は、もらったチャンスをきちんと得点につなげ、あろうことか5回コールドで強豪校を破ってしまったのだ。
野球は“流れ”のスポーツである。いくつもの“流れ”の法則のようなものがあって、それに逆らった試合運びをすると、流れは相手チームに移ってしまう。この試合も、まさに“流れ”だった。
初回の攻撃で1点でも入っていたら、試合の展開は変わっていただろうし、スコアが逆になっていても不思議ではない。格上チームが相手に対し、明らかに見くびったような作戦に出ると、劇的に流れは変わる。この試合はまさに、その典型的な試合だった。

そして、強豪校やセンバツ出場校にとって、夏の地方大会、とりわけ大会序盤は“疲労”との戦いがある。春先から、毎週土・日になれば3~4試合をこなし、しかもその相手はほとんどが“強豪校”である。それだけでも疲労度は増すのに、地方への遠征や招待試合も多く、移動も大きな負担になる。日曜日の夜中に学校に戻ってくるチームも少なくなく、慢性的な睡眠不足になっている球児もいると聞く。

当然ながら平日は練習である。しっかり体を休めることができず、ケガを抱えたままプレーしている選手も多い。コンディションのめぐり合わせも、一発勝負のトーナメントでは、大きく関わってくるのだ。
ある甲子園常連校は、大会前に厳しい練習を課し、選手たちを徹底的に追い込む。これにはその監督の持論があり、大会終盤に選手のピークを持ってくるひとつのやり方である。とはいえ、大会序盤は体が重く、いつものキレがない。そこに落とし穴が待っているケースも少なくない。
また、監督が選手に厳しい高校も要注意である。たとえば練習試合で勝利しても、できなかったことを叱責され、次々と反省点を指摘される。実は、積んできたのは“失敗体験”ばかりで、これでは選手は自信を持てない。

そしてもうひとつ、今どきの高校生にとって厄介なのが、“小さな達成感”である。以前、ある高校の監督がこんな話をしてくれた。「春のセンバツに出て、甲子園で1つ、2つ勝ったら、なんだかそれで選手たちが満足しちゃったみたいな感じになってしまって……。練習試合で負けていても、以前のように『逆転するぞ!』みたいな覇気がないんです。心がしぼんでしまったようで、困っています」
そうした気の緩み、油断が番狂わせの大きな要因になっていることは間違いないが、その一方で、強豪校に対して怯(ひる)まずに向かってくる公立校も多い。選手個々の意識が高く、「自分たちの戦い方はこれだ!」と自信を持って挑んでくる。

敗れはしたが、昨年の大阪大会決勝で大阪桐蔭と互角に渡り合った大冠などは、まさにこれだ。
いくら強豪校とはいっても、戦っているのは高校生である。実は“番狂わせ”といっても、もともと両校との間に戦力差はそれほどないのかもしれない。大波乱の地方大会を勝ち抜き、甲子園100回大会の出場を勝ち取るのはどこなのか。過酷なトーナメントはまだまだ続く。

ブーイング甲陽「校歌忘れてた」勝利も歌わず引き揚げ準備
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000004-kobenext-base

第100回全国高校野球東兵庫大会は17日、2回戦2試合があり、古豪の甲陽は伊丹北を6-1で退け、3回戦に駒を進めた。未経験のセレモニーに戸惑った。4年ぶりに初戦を突破した甲陽ナインは引き揚げようとしたが、周りに促され整列。勝利校が試合後、校歌を歌うのを「忘れていた。僕たちは夏の勝利を知らなくて」と林主将は苦笑した。

打撃に自信がある。4度迎えた無死一塁の場面で、送りバントはなし。権監督は「バントの誘惑にかられた」というが、こらえて普段通りの攻めに徹した。真骨頂は五回2死からの5連打。林は満塁の好機で初球、低めのスライダーを振り「変化球で抑えにきているなと」。狙い通りだった。

昨年に創部100周年を迎えた。有数の進学校は、大正時代に全国制覇した野球の古豪でもある。第100回大会の節目の今夏は3年生が10人と例年の倍ほど残り、医学部志望のエース吉田篤は「伝統ある野球部。最後までやろうぜ、とみんなで言ってきた」と語る。
ナインが立てた目標は「夏5勝」。ということは「決勝進出ですよね。分かっているのかな」。指揮官は笑いつつ、頼もしげに教え子を見やった。

GOOD!炎天下の球場、スタンドでテントOKに 熱中症対策
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000049-asahi-spo

高校野球岡山大会が開催されているエイコンスタジアム(岡山県美咲町)のスタンドに18日、色とりどりのテントが並んだ。エイコンスタジアムは、連日気温が35度前後まで上がるが、日を遮る屋根がない。あまりの暑さに、県高野連が応援団や保護者に対し、テントの持ち込みを呼びかけた。

また、球場外には試合前の選手や応援団が炎天下で倒れないよう、マイクロバス2台を待機場所としてこの日から配備。1試合目からクーラーをつけ、いつでも使えるようにしている。
県高野連は暑さ対策に、大会2日目の15日、扇風機を購入してベンチに設置していた。この日から17日まで3日連続で第2試合が延長戦になり、試合中に熱中症で選手たちの足や指がつった。16日の第2試合では主審が熱中症とみられる症状で倒れ、救急車が呼ばれる事態になった。県高野連によると1日約20人が救護室に運ばれるという。

対策が功を奏したのか、この日は救護室に運ばれた人はいなかった。

メガホン1回戦15試合、すべて1塁側が勝利 徳島大会の怪
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00000042-asahi-spo

17日で1回戦が終了した高校野球徳島大会。これまでのところ、15試合すべてで一塁側ベンチに入ったチームが勝利を手にしている。

県高野連によると、シード校4校は抽選時に一塁側に入ることが決まっているが、あとはすべて抽選の結果。須崎一幸理事長は「夕方近くになると、三塁側ベンチには西日が直接差し込むため、ベンチ内が暑くなって気の毒だが、それ以外の条件は同じはず」。野口浩史審判委員長も「偶然としかいいようがないですね」と首をひねっていた。

ブーイング熱中症の症状で搬送…高校野球応援の女子生徒6人 命に別状なし 岐阜県
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180718-00007760-cbcv-soci

岐阜県揖斐川町の隣、大野町では、高校野球を応援していた女子生徒6人が、熱中症とみられる症状で救急搬送されました。

(記者リポート)

大野町運動公園からお伝えします。試合会場はあちら、大野レインボースタジアムです。

18日午前11時半に試合開始となった岐阜県大会3回戦の、岐山高校対飛騨高山高校の試合で、応援に来ていた生徒の内、岐山高校の女子生徒1人と、飛騨高山高校の女子生徒5人の合わせて6人が、試合開始から1時間後の午後0時半を過ぎたあたりから、次々にふらつくなど熱中症と見られる症状を訴えました。

このため岐阜県の高校野球連盟職員が、119番通報し、救急車4台が出動、病院に搬送しました。6人は、いずれも命に別状はなく、入院の必要もないということです。私の手元の温度計ですが、現在、37.4度をさしており、依然、暑さが続いています。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月17日(火)23時03分29秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日の和歌山大会試合結果(2回戦)
7日目第1試合 和歌山南陵-南部龍神 8:59~10:49 レジェンド始球式 和歌山工 森岡義行さん
          一二三四五六七八九計HE
      南部龍神0000030003
      南  陵120000001x4

7日目第2試合 日高中津-慶風 11:30~13:11
          一二三四五六七八九計HE
      日高中津02903    14
      慶  風00000    0

7日目第3試合 串本古座-和歌山工 13:57~16:00
          一二三四五六七八九計HE
      串本古座0000000022
      和歌山工00202002X6

野球明日の和歌山大会組み合わせ(8日目 2・3回戦)
    09:00~ 紀 北 工- 那 賀
☆☆☆ 11:30~ 和歌 山東-近大 新宮
  ☆ 14:00~  向 陽 - 新 翔

ムカッ夏の甲子園「指定席化」と「チケット転売」問題でファンから大ブーイング!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-01065940-playboyz-base

今夏で100回大会となる全国高校野球選手権大会。歴史的な節目に、スタンドにも「新時代」の波が押し寄せている。今大会から甲子園球場のバックネット裏のおよそ5000席が「中央特別自由席」から、「中央特別指定席」に変更。この区分のみ、ネットでの前売り指定化されたのだ。

なぜ指定席になったのか。背景にあるのは近年高まりを見せている高校野球人気だ。ある高校野球ファンはこう証言する。
「早稲田実業の清宮幸太郎が3年前に初めて甲子園に出た日は、阪神電車の始発が超満員のすし詰め状態。甲子園の入場券売り場は見たこともないような長蛇の列でとんでもない大混雑になりました」また、「席取り」が過熱したのも理由のひとつ。前列を確保しようと泊まり込みで並ぶファンの間でトラブルが勃発。席を確保するためタオルで座席を覆うファンのマナーも問題視された。

さらに今大会では入場料の大幅な値上げも実施。中央特別指定席は従来の2000円から2800円へ。その他の区分も軒並み値上げし、これまで無料だった外野席も500円(子供は100円)を徴収することに。主催の日本高等学校野球連盟は値上げの理由を「警備費用の増加と収益を野球振興やケガ予防策に充てるため」と公表している。

このような改革に悲鳴を上げているのが甲子園の常連ファンだ。ラガーシャツに蛍光色のキャップスタイルで観戦する"ラガーさん"こと善養寺隆一さんはこう漏らす。
「確かに常連ファンが席取りをやりすぎた面はありましたし、散々ネットで叩かれました。でも、年配のファンには『インターネットができないからチケットを買えない』『クレジット決済ができない』という理由から今年の観戦を断念した人もいます。僕は今年も甲子園に行きますが、前列の席は取れませんでした。来年どうするかはまだわかりません......」

さらに大きな問題となっているのはチケットのネット転売。6月に販売開始された大会全日程の一日通し指定券は即完売。ネット上でバラ売りされて、開会式のある大会初日は5倍以上の価格がついているのだ。善養寺さんによると「売り切れのため、泣く泣く高い金額でチケットを押さえた友人もいる」という。

また、チケットは一日有効(準々決勝まで試合は一日3、4試合ある)のため、「目当ての試合を見たら帰る」という人が続出することも。そうなるとバックネット裏の指定席だけ空席が目立つ......という現象も考えられる。
実際、甲子園のバックネット裏は過去に指定席になった期間はあったのだが、空席が目立ったことから自由席に戻っている。だが、主催者によると「昨夏の甲子園で来場者にアンケート調査し、8割以上が『3試合以上見た』と回答しました。空席が目立つことはないと考えています」と回答。果たしてどうなる!?
18日には指定席の単日券の販売が開始される。100回記念という華々しい大会をみんなが楽しめるよう、これ以上の問題や不満が生まれないことを祈るばかりだ。

ブーイング酷暑スタンド直撃 高校野球岐阜大会、熱中症相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00058158-gifuweb-l21

猛烈な暑さに見舞われた16日、全国高校野球選手権記念岐阜大会の試合が行われた岐阜県関市、大垣市、各務原市の3球場で、応援していた高校生ら計29人が熱中症の疑いで相次いで救急搬送された。男女14人が搬送された関市民球場(関市塔ノ洞)では、何台もの救急車が臨場、ドクターヘリも出動する事態に、県高野連は、ブラスバンドの演奏を控え、席に座って応援するよう異例の呼び掛けを行った。

「顔色が悪く、呼吸が荒い」。同球場から中濃消防組合消防本部に通報があったのは午前11時45分。スタンドで演奏中に気分が悪くなった関商工高吹奏楽部の女子部員(17)が搬送された後、熱中症の症状を訴える部員、保護者が続出。球場に冷房設備がなく、軽症者は隣接する陸上競技場の会議室やバスに移動させ、体を休めさせた。
消防は午後0時50分に現場指揮本部を立ち上げ、球場に救急車など消防車両11台、ドクターヘリを出動させて処置に当たった。関市内の病院だけでは対応しきれず、受け入れが可能な市外の病院にも搬送した。

大垣消防組合消防本部には午前11時半ごろから通報が相次いだ。大垣市北公園野球場から高校生ら男女8人を救急搬送。同じ時間帯にソフトボールの試合中に気分が悪くなった女子中学生(14)、安八郡安八町で野球の試合をしていた少年(12)を救急搬送しており、同本部は「手が回らないぐらいだった」という。

各務原市消防本部も同市民球場から高校生ら7人を救急搬送した。消防は「1人搬送するつもりで現場へ向かったら2人倒れていた事案が2度あった。ここまで集中するとは」と驚いていた。

県高野連は、選手や観客への熱中症予防の対策や呼び掛けを行っていた。しかし、猛烈な暑さで観客席にいた吹奏楽部員らが相次いで搬送されたことから、関係者は「応援している生徒にも負担がかかっていた。今後も高温が予想される。各校に無理のない応援をするように注意喚起する」と話した。

メモ春4強の三重以外にも…夏予選で強豪校の初戦敗退が続く理由
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000010-nkgendai-base

単なる偶然なのか。今夏の高校野球地方予選で、強豪校の初戦敗退が続出している。

14日、センバツ4強の三重(三重)が松阪商に2―5で敗れた。松阪商は春16強チームとはいえ、エース定本が二回までに3点を失い主導権を奪われると、最後まで流れを引き寄せられなかった。
センバツ出場校では三重の他にも8強の日本航空石川(石川)、夏春連続出場の東筑(北福岡)が初戦で敗れ、九州学院(熊本)、3年前の県大会優勝校である専大松戸(西千葉)も初戦で散った。センバツ16強の国学院栃木(栃木)と九州国際大付(北福岡)は2回戦、そして昨16日には3年連続を狙う秀岳館(熊本)が熊本工に3回戦敗退。早い段階で姿を消した強豪校は枚挙にいとまがないのだ。

ある在京球団のスカウトは、「昔は基本すらやっていないような学校があったが、今はネットを駆使して技術を学べるし、相手のことを研究しやすくもなった。極端に弱い学校が減っている」と指摘する。
前出の三重のエース定本は「センバツの後にチームが燃え尽きてしまった」と話していた。ライバル校の研究やこうした「燃え尽き症候群」によるモチベーションの低下以外にも、考えられる原因はあるのか。

「15日に専大松戸が千葉商大付に4―6で敗れた試合がいい例です」とは、この試合を視察したパ球団のスカウト。「エースを温存して臨みましたが、二回までに4点を奪われ、“プロ注”の今里が5打席で3四球と勝負をしてもらえなかった。劣勢の展開がチーム全体の焦りにつながったのか、強引な盗塁でチャンスを潰す場面も見られた。流れを引き戻しきれないまま終わった印象です」
初戦の入り方の難しさはあるにせよ、この専大松戸に限らず、格下相手に先手を取られ、焦りもあってか主導権を握れずそのまま敗れるケースが少なくない。

「最近の高校生の気質が変化していることも影響しているのではないか」とは、高校野球に詳しいスポーツライターの安倍昌彦氏だ。
強豪校は4―0でリードしているくらいの意識で試合に入る。先制されても1点ずつ得点を返していけば、優位に立てるはずなのに、劣勢のまま試合が進むとそれがプレッシャーになる。想定外のことが起きた場合に精神面にもろさが出るのです。最近の球児には、何が何でも勝つんだという欲や執念、もっと言うと高校野球を足がかりにしてメシを食っていくんだ、というガツガツしたものがどんどん薄れていっている気がします」

さらに安倍氏は続ける。「少し昔の話にはなりますが、強豪校がエラーによって負けた後、ベンチ裏で選手同士が掴み合いの大ゲンカをしていたことがあった。一人の選手がエラーした選手に向かって、『おまえのせいで負けた。今日勝っていたらメイジの推薦が取れたんだ』と。今は大学全入時代といわれ、たとえお金に困ったとしても生活をしていく術はある。時代の変化を感じます」

初戦敗退するのは偶然ではないようだ。

GOOD!教師になった元甲子園アナが野球部顧問、強豪追い詰めた
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000016-asahi-spo

豪・滝川二との試合前、西宮今津の大島岳士(3年)は、張り詰めた表情で前の試合を見つめていた。「今日はどんなヒット打つねん。良いイメージはできてるか」。そっと声をかけたのは隣にいた野球部顧問の清水次郎(46)だ。
以前はABCアナウンサーだった。1994年に入社し、夏の甲子園やプロ野球の日本シリーズの実況も担当した。アナとして高校野球など取材するうちに教育に心ひかれ、16年6月に退職。県の公立高校教員採用試験を受けて合格し、昨春から西宮今津の教壇に立っている。

野球部では林秀樹監督を支え、主に下級生の練習指導を担当。取材経験をいかし、試合前の緊張の解きほぐし方など、プロ選手らの取り組みを部員に伝える。しかし、「放送席での実況と、実際の試合は全く別。新米の自分に出来るのは一流の人がやってきたことを伝えること」という。

チームは当初、「画面の向こうの人」の着任を驚きをもって受け止めた。だが、部員に徹底して寄り添う姿勢がすぐに部員からも監督からも信頼を勝ち取った。寺倉光毅(3年)は「野球ひじに悩んで相談したら、一緒にフォームの改善点を探し、『前のめり過ぎなのではないか』と指摘してくれた」と話す。

試合は大接戦となったが、1点差で惜敗。延長十三回に大島は適時打を放って追いすがった。「先生の言葉のおかげで今日も打てたと思う」と振り返った。
清水は試合後、感動を込めて語った。「試合中、『こんな粘りがうちの子たちにあったんだな』と驚かされた。私自身も粘り強い指導を続け、来年この舞台に戻ってきたい」

野球平安OBさんへ
清水 次郎さんは去年4月に西宮今津高校に赴任されました。昨夏は神戸高専に初戦で3-7と逆転負けを喫し「初回の3点だけで勝てるほど、高校野球は甘くない」という言葉を残して球場を去ったと記事にありました。

昨秋、明石トーカロの県大会で西宮今津の試合観戦した時も2-3で逆転負けでしたが、僕の近くの席に座っており、おそらく野球部指導者とともに観戦しており、数名のファンから声かけられてましたね。
今年は仁川学院にコールド勝ちして、あの滝川二相手に延長13回タイブレークで惜敗でした・・・・・。

東洋大姫路はもうここ数年、長期低迷時代に陥ってますね。春季地区大会で負けたり、県大会でのコールド負けが目立ち、藤田監督は健在ですが再建のメドがたたないですね。。。神戸弘陵などのように低迷してほしくはないですが、、、、、滝川二が一時期のような低迷期を乗り越え復活しましたが、そこに続けるか?

ちなみに僕は14日(土)紀三井寺で 16日(月)は佐藤薬品Sでそれぞれ4試合観戦してきましたが、メチャクチャ熱かったですね!!特に紀三井寺は風がなく厳しい観戦環境で試合中何度も通路のミストサウナ付き扇風機のお世話になり、かき氷2度食べてました。昼ごはんは球場のカツカレーにしましたが、熱いので隣の陸上競技場の屋根の下で食べてました(笑)

奈良大会では長い野球観戦史上全く記憶にない『4試合連続コールドゲーム観戦』を経験し、第3試合のサヨナラコールドホームランの際には全身汗が飛出し、倒れるのではないかというほどショックを受けましたね・・・・・。前日の紀三井寺が同じ現象が起きたのでイヤな予感はしておりましたが・・・・・。
なんとか気持ちを奮い立たせて、第4試合観戦しましたが、1-8で負けた奈良高専が相手より多い12安打放ちながらコールド負けでしばらく立てなかったですね・・・・・。

次の週末に泊りで岐阜へ行きますが、天気は問題なさそうですが、試合内容が・・・・・。
帰りの近鉄電車で2か月ぶりに橿原に帰って来れたことや橿原神宮&神武天皇陵参拝できそれなりに楽しかったと気を取り直しておりました。。。

P・S 平安も順当にコマを進めてますね。桧山も始球式で来たようだし、全国で波乱が相次いでますがここまでは予定通りですね。準々決勝から苦戦は必至と思いますが、原田監督の執念がどこまで実るか楽しみにしておきます。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 7月17日(火)02時39分33秒 softbank219029091140.bbtec.net
  朝日放送の清水次郎さんは、教師になられていたんですか?早実野球部OBというのは知っていました。たしか、次郎という名前はお父さんが「清水の次郎長」が好きなので、次郎長からつけた名前だと聞きました。勝った相手が、僕の好きな仁川学院ですか(苦笑)。
しかし、暑いですね。プレーをしている選手は大変ですが、彼らは日頃から鍛えています。応援に行かれるお客さんは、くれぐれも暑さ対策をして球場に行ってください。
東洋大姫路は、初戦で負けましたね。残念です。
 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月12日(木)00時49分18秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日(16日)の和歌山大会試合結果(2回戦)
6日目第1試合 新宮-橋本 8:32~10:50 レジェンド始球式 元和歌山商 田中宏幸さん
          一二三四五六七八九計HE
      橋  本0000000112
      新  宮00000030X3

6日目第2試合 熊野-新翔 11:25~13:22 始球式 和歌山市立名草小学校6年 平清士朗くん
          一二三四五六七八九計HE
      熊  野0300001004
      新  翔01020021X6

6日目第3試合 箕島-粉河 13:59~16:36 始球式  海南市立下津小学校6年 竹中 大喜くん
          一二三四五六七八九計HE
      箕  島0012003321119
      粉  河10410000068

6日目第4試合 貴志川-和歌山北 17:15~19:18 18:29点灯 始球式 有田川町立藤波小学校6年 前芝 翔太くん
          一二三四五六七八九計HE
      貴 志 川000000010152
      和歌山北00301011X691

野球明日(17日)の和歌山大会組み合わせ(7日目 2回戦)
  ☆ 09:00~ 和歌山南陵-南部 龍神
    11:30~  慶 風 -日高 中津
    14:00~ 串本 古座-和歌 山工

メモ『チーム宏鈴』結成14年9ヶ月
この1ヶ月は月平均のべ約4300人の方々に閲覧していただき感謝申し上げます。
先月26日にやっとこさ75万アクセスを突破して嬉しい限りですチョキ1万アクセス稼ぐのに1年2か月近くかかっていまいましたが、、、、、

9年前は5月にインフルエンザ騒動や関西独立リーグのゴタゴタ。8年前の6月は大阪GVの野球賭博事件と心労が大変でした。7年前は東北の大震災で被災地はずいぶんな災難となりましたし、6年前は5/28より始まった吹田における国民健康保険滞納者への督励の電話業務で悪戦苦闘・・・・・。さらに5年前は5/13より国民年金の督励電話で不規則な生活リズムが続いてました・・・・・。しかし4年前、本町で5/19~7/18協会けんぽで集団健診の電話での督励と比較的穏やかな日々が続きました。そして3年前は2年連続本町に戻り、、『インターネットの地図の無料登録とスマートフォンサイト対応のHPモニター募集』と相変わらずのコールセンター勤務その流れで、2年前の2月に業務提携先の会社に移籍して10年連続仕事しながら夏を迎えております。

やはり今年も猛暑になるだろうから(というよりもすでになってますが、、、)日射病・熱中症などには充分気をつけて水分補給や適度な休息をとって無理のないように気をつけましょうね!そして突然の夕立にも要注意ですよ!!

5年前まで6年間 近畿大会が終わってからも紀州レンジャーズの追っかけで忙しかったですが、6月9日以前から気になっていた富田林バッファローズに来場。久しぶりに軟式野球観戦してきましたが、アクセスがかなり悪く山奥なんで秋の軟式近畿大会は断念。。。7日は毎年恒例の京セラドームで、8日は皇子山でそれぞれ開会式見物してきました。

7月後半の予定としては・・・3連休は14日は和歌山大会・16日は奈良大会4試合観戦。 翌週は21日・22日と泊まりで岐阜のKYB(可児市)&大野町レインボーSまで足を運び、27日佐藤薬品S・28日は倉敷MSへ。皆さんも素敵な夏をお過ごし下さい!

『チーム宏鈴』はハートしつこくハートしぶとくハート泥臭くハート8度目の節電の夏にもマイペース?!今日もこれからもずっと・・・「誰からも愛される」というよりも「誰かに慕われる」掲示板目指してアットホームな雰囲気でやっていきたいのでお願いします!!

カラオケ三重テレビ女子アナ若林さん、高校野球実況デビュー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000511-isenp-l24

三重テレビ放送(津市)女子アナウンサーの若林希さん(29)が、15日の第100回全国高校野球選手権記念三重大会の1回戦、松阪―伊勢工戦で実況デビューした。野球の知識を買われて入社8年目で大役を任された。「女性の視点も生かして球児のひたむきなプレーを伝えることができれば」と話す。

神奈川県出身。学生時代ソフトボール部に所属していたこともあり、入社後、高校野球のダイジェスト番組など担当してきた。野球への知識や、仕事への姿勢を買った上司から、実況への転向を打診された。「私にできるだろうか」と一瞬戸惑ったが「断る理由はない」と挑戦を決めた。

昨年秋から、先輩アナウンサーと球場に出向いて実況の練習を重ねた。「選手の人柄も伝えたい」と、仕事の合間を縫って学校に出かけて補足取材も行い、「まじめで頑張り屋」(平田雅輝報道制作部長)と周囲の評価も高い。「まず目の前のことを正しく伝えていく」としながら「いずれは選手の人となりも紹介できれば」と話している。

GOOD!足つった相手投手へ、ドリンクや冷えタオル 監督も称賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000031-asahi-spo

(15日、高校野球三重大会 川越3―2四日市農芸)

激闘の末、惜敗した四日市農芸だったが、1点を追う九回表の攻撃で、フェアプレー精神を見せた。
八回まで2失点と好投していた川越の今井健斗投手(3年)が116球目を投げた時、暑さで足をつって動けなくなった。すると、四日市農芸のベンチでは「早く手当を」などと声があがり、選手数人がマウンドへスポーツドリンクや、冷えたタオルを届けた。

マウンドでつらそうにしていた今井投手は、この場面で降板したが、笑顔を見せた。「本当に良いチームだった。農芸の分も頑張りたい」
四日市農芸の下村尚監督は「選手たちが自発的に相手選手の救護に加わってくれた。勝負も大切だが、相手があっての高校野球。フェアプレーを実行してくれて指導者としてうれしい」とたたえた。

ムカッ【岐阜】県岐阜商―大垣西戦の誤審で球審が「ごめんなさい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00000080-sph-base

◆第100回全国高校野球選手権記念岐阜大会 ▽2回戦 県岐阜商―大垣西(16日・大野レインボースタジアム)

岐阜大会2回戦の県岐阜商―大垣西戦で、球審が誤審を認めて判定が覆り、場内に謝罪する一幕があった。

4―3と県岐阜商1点リードで迎えた3回2死二、三塁。8番・市川幹也中堅手(3年)の打球は、一塁への低いライナー。大垣西の一塁手はノーバウンドでの捕球をアピールし、一塁ベースを踏まずにベンチへ戻ろうとした。
だが、打球を後ろから見ていた一塁塁審は、両手を広げてセーフとし「ワンバウンド捕球」の判定。これを前方から打球を見ていた球審が「アウト」と判定し、球場は騒然となった。

県岐阜商・鍛治舎監督らの抗議を選手が伝え、試合は一時中断。協議の結果「ワンバウンド捕球」の判定に覆り、県岐阜商に貴重な5点目が加わった。
球審は「一塁塁審が『フェア』と言ったのを『アウト』と聞き間違えて『アウト』とジャッジしてしまった。ごめんなさい」と場内説明で謝罪。手を耳に当てて聞いていた鍛治舎監督は、帽子を取り一礼し、試合が再開した。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(15日)の和歌山大会試合結果(2回戦)
5日目第1試合 日高-紀北農芸 8:31~10:25 レジェンド始球式 市和商OB 岩井靖二さん
          一二三四五六七八九計HE
      紀北農芸0000000  0
      日  高2100211x  7

5日目第2試合 田辺-南部 11:06~12:45 始球式 橋本市立隅田小学校3年生 小森日向くん
          一二三四五六七八九計HE
      南  部0000010  1
      田  辺260000X  8

5日目第3試合 市和歌山-神島 13:28~15:27  日高町立内原小学校4年生 玉井抄磨くん
          一二三四五六七八九計HE
      市和歌山0205004  11
      神  島0110100  3

5日目第4試合 初芝橋本-桐蔭 16:01~17:57 始球式 有田市立糸我小学校6年生 上硲昇くん
          一二三四五六七八九計HE
      桐  蔭1001125  10
      初芝橋本0000010  1

野球明日(16日)の和歌山大会組み合わせ(6日目 2回戦)
    08:30~  橋 本 - 新 宮
    11:00~  熊 野 - 新 翔
    13:30~  箕 島 - 粉 河
    16:00~ 貴 志 川-和歌 山北

メモ各地で相次ぐ波乱 強豪でも苦戦する初戦、智弁和歌山の名将が語る難しさ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00154728-fullcount-base

第100回全国高等学校野球選手権記念和歌山大会は14日に大会第4日目を迎えた。今春のセンバツで準優勝した智弁和歌山が今夏の県大会初戦で高野山を相手に12-0で快勝した。
打っては12安打12得点、投げてはエースの平田龍輝が6回参考ながら無安打無得点に抑えるなど投打で圧倒した智弁和歌山。さすがセンバツ準優勝校という戦いぶりだったが、どんなチームでも警戒しているのが初戦の入り方だ。

ここまで今夏の大会は九州などを中心に前評判の高かった実力校が初戦で敗れる事態が相次いでいる。高嶋仁監督の教え子でもある川崎絢平監督率いる明豊(大分)は、県内で最も注目されている実力を持つが、初戦で大分工と接戦を演じ、延長戦を制した。その試合をインターネットで見ていたという中谷仁コーチも「初戦の怖さですね」と語る。初戦は何もかも初づくしだからこそ、見えない部分があるのだろうか。

試合前の取材で、高嶋監督に尋ねた。「高嶋監督が思う、初戦を戦う上での戦術は何ですか?」。すると高嶋監督はこう返した。「そんな戦術、あったらこちらが教えてほしいもんですよ」
甲子園で68勝をあげている名将でも、答えが見つからないほどなのだ。だが、その後こう続けた。
「まずは先取点を取ることではないでしょうか。1点でも。とりあえずホームランを打てる選手には打ってこいとか狙ってこいとか、そういうハッパはかけますね」

とにかく先に点を取る。先攻を取った智弁和歌山は、初回に2死一塁の好機は逃したものの、2回は先頭の5番・冨田泰生が四球で出塁するとそこから相手投手がリズムを崩したスキにつけ込み打者一巡で5点を取った。そこから立ち上がりに力みが見られた先発の平田が立ち直り、変化球を低めに集める。投手がリズムを取り戻したことで攻撃にも良い流れをもたらし、6回にはさらに7点を追加して試合を決めた。

主将の文元洸成は言う。「普段の試合では後半勝負とよく言いますが、初戦に関しては後半勝負は怖いので早い段階から点を取らないといけないと思いました。今日は2回に大量点を取れたことで気持ちに余裕ができました。早く点を取るには相手投手の球をしっかり見て見極めること。今日は(高野山の先発の)藤原君の緩い球をちゃんと見極めることが出来た。今日の勝ちで安心はできませんけれど、初戦でこういう勝ち方ができたのは良かったです」

集中打で相手にダメージを与え、終始流れをものにしていた智弁和歌山。指揮官はキーマンを試合前「中軸打者」と言っていた。「中軸の誰かが1人打てば、後が続く。とにかく誰でもいいので打って欲しい」と話していたが、その期待に応えたのが3番の林晃汰だった。センター返しを徹底し、2回には火の出るような痛烈な当たりを左中間に飛ばした。「ポイントでしっかり打てたし、自分の思う打球だったと思います」と笑顔で振り返った。

これだけ快勝したのに、高嶋監督は「今のチームの状態はまだ4分くらいちゃうかな。まだまだですよ」と苦笑いを浮かべる。鬼門を突破した紀州の名門は、まずは今夏の甲子園切符を目指して、一段ずつ階段を登っていく。

GOOD!【和歌山】伝統校・田辺 “99回目の夏”はコールド発進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000101-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2回戦 田辺8―1南部(7回コールド)(2018年7月15日 紀三井寺)

1回裏、先頭の新谷拳大(2年)が内野安打で出ると、田辺の田中格監督(46)は「瞬間にひらめいた」と初球からヒットエンドランのサインを出した。2番の左打者・道脇清太(3年)が引っ張って右前に運び、右翼手が打球処理を誤る間に、一塁から新谷が長駆、先制の生還を果たした。
「あれで活気づきましたね」と田中監督は言う。「試合前から彼らには“エンドランもあるぞ”と言っていました。2番の道脇には普段からバントだけでなく、強攻策も練習させていましたから。一、三塁にしてくれるという期待がありました」

1回裏はさらに暴投で加点。勢いづいた打線は2回裏、連続四球の1死一、二塁から、名物の応援「田辺が大将」に乗って5連続長短打など6安打を集中して6点を奪い、主導権を握った。
大量援護を受け、エースの熊野輝也(3年)が粘り強い投球を続けた。4回まで毎回安打を浴びるなどピンチはあったが、「バックの守りを信頼して投げた」と踏ん張った。
「特にあれが大きかった」というのが、2回表、1死満塁での左翼線寄りのライナー性飛球を左翼手・輪玉渉馬(2年)が飛び込んで好捕した美技だった。

熊野は1年の冬に捕手から投手に転向した。マウンドにいても「捕手の考えていることが分かるし、守っている選手の気持ちも考えられる」と、周囲を考えながら投球する。「リズムやテンポをよくするように心がけています」

今年は100回大会。1896(明治29)年創立の伝統校、田辺にとっては、あらためて歴史の重みを感じながらの大会となる。野球部もOBに元巨人外野手、近鉄監督の岩本尭(たかし)氏らがおり、春2回、夏1回の甲子園出場がある。
田中監督によると、中山浩樹校長が野球部の歴史を調べると、1916(大正5)年の第2回大会の予選から参加していた。全国に15校ある“皆勤校”にあと一歩の“99回目の夏”に快勝の第一歩を刻んだ。

炎【和歌山】「打倒・智弁和歌山」へ、市和歌山コールド快勝 安永主将「智弁倒して、甲子園に行く」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000116-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2回戦 市和歌山11―3神島(7回コールド)(2018年7月15日 紀三井寺)

「打倒・智弁和歌山」を掲げる市和歌山がコールド勝ちで初戦を突破した。

2―2同点の3回表、9番打者・池田亘佑(3年)の一塁線突破の二塁打で勝ち越し。敵失で加点し、2死から4番・中村竜(3年)、安永樹生(3年)、米田航輝(2年)の3連打で大量5点をあげた。
7回表には中村の中越え二塁打を足場に、池田のスクイズ、柑本高宏(3年)の適時打で4点。3投手の継投で7回コールドで試合を決めた。

2年ぶりの夏の甲子園出場を狙う半田真一監督(37)は「強引にならず、センター返ししていこうと話していた。1、2番が機能せずしんどかったが、他の打者はよく相手投手に対応してくれていた」と話した。
主将の安永は「初戦をコールドという形で勝てたというのが一番」とまずは勝利を喜んだ。「この日のために準備してきたが本番で出せた。日ごろの練習で自信があるので、同点に追いつかれても心に余裕があった」

市和歌山は和歌山大会で優勝候補の大本命、智弁和歌山の対抗馬とされている。
目標について安永は「甲子園に出て、そして勝つことです」と話し、「もちろん、智弁和歌山に勝って、甲子園に行きます」とはっきり話した。

今春の和歌山大会決勝で対戦し4―5と接戦で敗れた。「確かに智弁和歌山の打者のスイングは速く、どんどん振ってくる。気後れと言うか、勝手にプレッシャーを感じてしまうと負ける。僕たちは一度互角に戦えたので、もうプレッシャーなく試合ができると思う」
一昨年、安永は1年生当時、先輩たちが智弁和歌山を破り、甲子園に出場する姿を見ていた。今年は、組み合わせの関係で智弁和歌山との対戦は早くて準決勝。もちろん、勝つイメージはできあがっている。

チョキ【和歌山】“皆勤校”の古豪・桐蔭、シード校をコールド撃破 トリック走塁の三重盗も決まった!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000130-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会 2回戦 桐蔭10―1初芝橋本=7回コールド(2018年7月15日 紀三井寺)

三塁走者の蔵道樹生(3年)は「あるな」と予感していた。4―0とリードしていた6回表、2死満塁。もう1点、追加点がほしい場面だった。

「二塁走者の動きを見ていたら“やるな”と思った」
二塁走者・水谷優太(2年)が油断したかのように大きなリードを取っていた。マウンドの初芝橋本の左腕・北山諒明(3年)が二塁方向を振り向いてけん制を放る瞬間、蔵道は猛然と本塁に突入、ボールは投手―遊撃手―捕手と渡ったが、楽々生還できた。だめ押しとなる5点目をもぎ取ったのは、見事なトリック走塁だった。

記録は本盗。残る2人の走者もそれぞれ進塁しており、三重盗となった。
「サインはサインなんですけど……。あの時“あるな”と思ったんです」。チームの機密事項だけに蔵道も詳しくは話せない。「いやあ、練習はしていたんですけど、こんなにきれいに決まったこと、あまりありません」。大舞台での成功に照れ笑いを浮かべた。

「うまく決めてくれました」と伊藤将監督(38)も選手たちをたたえた。昨年春の選抜で、高崎健康福祉大高崎が1点を追う9回裏、2死二、三塁で、このトリック走塁(本盗)を成功させ同点に追いついた。この動画をもとに「オレたちもやってみるか」と選手たちとともに練習を積んできたそうだ。
「毎年、甲子園に行く可能性を高めるために、チームの個性に応じて指導している。今年は打撃のチーム」と伊藤監督は言う。

ただし、単に打つだけではない。たとえば1回表1死一、三塁では4番・池谷涼(3年)の詰まった二ゴロの間に三塁走者が還ったもの。伊藤監督は「追い込まれたら逆方向、という意識を徹底していたからあのゴロになった」と評価する。阪神・金本監督が現役時代に心がけた「追い込まれたらボテボテ」である。強引に引っ張って内野ゴロ併殺という最悪の結果を回避し、先取点を奪ったのだ。
4回表は連続四球から蔵道が適時打、5回表は再び内野ゴロの間に加点した。7回表には集中打で5点を奪い、7回コールドを決めた。

相手の初芝橋本は春の和歌山大会4強のシード校。強力打線との前評判だった。
「長打力のある打者が並んでいる」と警戒していたエースの右腕・坂上昴汰(3年)は「とにかく低め低めを突くように心がけた」と大きめのスライダーや鋭いカットボールを低めに集めた。
昨年夏までは捕手。新チームから投手に転向した坂上は「たった1年でもの凄い投手になれるはずがない。僕は打たせて取る投球でいこうと思っていました」と力みもなく、スイスイと1失点で完投した。

桐蔭は旧制・和歌山中時代の第1回大会(1915年)から一度も休まず予選に出場し続ける“皆勤校”。春夏通算36度の全国大会出場を誇る。

100回大会という大きな節目に、古豪としての戦いぶりは注目が集まっている。伊藤監督はそんな伝統を踏まえたうえで、試合前、選手たちに語りかけた。「今年もまた皆のおかげでこうして夏の大会に出られる。先輩たちから100回もつないできてくれたんだ。ありがとう」
そして、この伝統を重圧ではなく喜びに変えようと訴えた。
「周囲の期待や思い入れを感じることもあるだろう。自分たちはそれを喜びに変えてやっていこうじゃないか」

なるほど、重圧ではなく喜び。これも伝統校の力かもしれない。

ブーイング熱中症対策、呼びかけた主将が足つる 思わぬ落とし穴が
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000060-asahi-spo

(15日、高校野球東兵庫大会 星陵4―1尼崎工)
東兵庫大会2回戦。尼崎工と戦う第1シードの星陵をアクシデントが襲った。

三回の攻撃、主将の茂山峻矢(3年)が三飛を打ち上げた直後に倒れ込んだ。左足がつった。1番遊撃を担うチームの要。ベンチで治療を受け、その裏、遊撃の定位置に走った。捕球練習。一塁に送球した瞬間、今度は右足がつった。「なんで?」。顔をゆがめながら、仲間に背負われてベンチに戻った。

熱中症の前兆でもある「こむら返り」。対策は万全にしたはずだった。試合前は日差しをさけ、入念にストレッチをした。試合中は、ベンチで控え選手がうちわであおいでくれた。碓永敏監督からは何度も「水分補給はこまめに」と言われたし、茂山自身も仲間にそう声をかけた。
午前8時55分に始まった第1試合。まだ午前中とはいえ、確かに暑かった。五回終了時点で球場の気温は34度だった。

4―1で勝った後、冷静になった茂山は、足をつった原因に気づいた。「みんなには注意していたのに、試合にのめり込んでしまって、僕自身があまり水を飲んでいなかったんです」。初戦の緊張感もあり、思わぬ落とし穴にはまってしまった。
3回戦は18日に北須磨と戦う。また暑い日になりそうだ。対策は? 「やっぱり準備が全て。(水を飲むことを)忘れそうになることも、事前に想定する。今回で反省しましたから」。次こそ、ベストコンディションで――。同じ過ちは繰り返さない。

球場で医務スタッフを務める養護教諭の菅原厚子さんは、「初戦のチームの方が足をつる子が多いかも」と感じていた。緊張感や不慣れなグラウンドの暑さも、一因だろう。

ともに医務スタッフとして試合を見守る整形外科医の久保仁志さんは、「選手もそうだが、応援団の生徒も心配」と語る。野球部員よりも暑さに不慣れな生徒が多く、日差しを遮るものが少ないスタンドでの応援は熱中症を発症するリスクが高まるからだ。
いずれも、対策として「水分補給はもちろん、前日の睡眠確保や当日の朝食を欠かさないこと。事前の体調管理が大事」と訴えている。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(14日)の和歌山大会試合結果(2回戦)
4日目第1試合 星林-和歌山東 8:31~10:13 レジェンド始球式 高野山高校OB 植 幸彦さん

          一二三四五六七八九計HE
      星  林000000000022
      和歌山東00100200X360

4日目第2試合 近大新宮-和歌山商 10:56~13:37 子ども始球式 和歌山市立山口小学校6年 室ひかりさん
          一二三四五六七八九計HE
      和歌山商000103000482
      近大新宮01001103X6120

4日目第3試合 向陽-和歌山高専 14:15~16:24 子ども始球式 橋本市立応其小5年 福本莉央さん
          一二三四五六七八九計HE
      向  陽0001201015120
      和 高 専000000000021

4日目第4試合 智弁和歌山-高野山 17:00~18:18 子ども始球式 御坊市名田小学校6年 出口飛龍くん
          一二三四五六七八九計HE
      和 智 弁050007   12111
      高 野 山000000   004

野球明日(15日)の和歌山大会組み合わせ(5日目 2回戦)
    08:30~  日 高 -紀北 農芸
  ☆ 11:00~  南 部 - 田 辺
    13:30~ 市和 歌山- 神 島
 ☆☆ 16:00~  桐 蔭 -初芝 橋本

メガホン智弁和歌山・平田 6回ノーノーの快投!高嶋監督「大阪桐蔭と甲子園でやりたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000144-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2回戦 智弁和歌山12―0高野山(6回コールド)

今春の選抜準優勝の智弁和歌山が夏の初戦を快勝で発進した。
高野山相手に先発の平田龍輝(3年)は6回参考記録ながらノーヒットノーランの快投を演じた。許した走者は四死球の2人と三振振り逃げ(捕手悪送球)の3人だった。
「よく、智弁和歌山は“打って勝った”ばかり言われて悔しい思いもしてきました。それを糧(かて)に積んできた練習がいま、いい形となって出ていると思っています」

打線は2回表、2四球と安打の無死満塁から東妻純平(2年)が死球を得て、押し出しで先取点。平田の中前2点打、西川晋太郎(2年)の右前打、林晃汰(3年)の中越え二塁打と畳みかけた。
6回表には再びビッグイニング。根来塁(2年)の中越え三塁打を足場に、敵失が相次ぎ、林の適時打など、7点を加えて試合を決めた。

高校通算50号本塁打に「あと1」と迫っている林はすべて中堅方向に長短打3本を放った。「力んではいけないと自分に言い聞かせています。センターへ強い打球を打つというのがチームの打撃姿勢ですので、それができて良かったなと思っています」

高嶋仁監督(72)は試合前、現状のチームの仕上がり具合を「4分かなあ」と話した。「どん底は脱したが、まだまだ。甲子園の決勝に行くようになれば、調子も出てくる」
常に全国制覇を目標に置き、甲子園大会決勝戦にピークが来るように調整するというベテラン監督らしい分析を示した。
「ただ初戦は難しい。三重も負けたんだろう。智弁和歌山も負けたぞ、とならんようにせんといかんね」。この日、選抜4強の三重が三重大会初戦で敗れたニュースを受け、慎重な姿勢を示した。

大勝後は「相手投手は緩い球(スローカーブなど)がある、と言っているのに待ち切れない。まだまだ甘い」と手綱を締めた。
一方、試合前には、昨年春の近畿大会から公式戦で5度対戦し全敗している大阪桐蔭について、高嶋監督は「大阪桐蔭に勝たないと終わられへん。早いこと勝たんと(監督を)辞められん」とも話した。「生徒たちはどう思っているか知らんが、僕は意識しているよ」。あらためて打倒・大阪桐蔭を誓っていた。

GOOD!近大新宮 エース清岡“浜風”ついて逆転決勝3ラン スタンドには元阪神フロントマンの姿も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000122-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2回戦 近大新宮6―4和歌山商

近大新宮のエース、主将で3番を打つ清岡龍太郎(3年)が8回裏に逆転3ランを放ち、競り勝った。
甲子園球場と同様に紀三井寺球場も右翼から左翼へ、和歌浦からの浜風が吹く。左打者の清岡が放った一撃はその逆風をついて、右翼芝生席に舞った。

「1点を追う展開だったので、何とか次につなげようという気持ちでした。角度が良かったので入ってくれました」。謙虚に振り返った。
昨年秋は準々決勝で箕島に9―12、今年春は市和歌山に9回裏逆転サヨナラの4―5と逆転負けが続いていた。この日も和歌山商相手に、自身が救援登板した6回表に連続押し出し(死球、四球)を与えるなど一時逆転を許していた。「秋も春も悔しい思いをしてきたので、最後の夏に取り返したかった」

また、一塁側スタンドには、元阪神外野手で引退後は長年フロント幹部を務めた峯本達雄さん(65)の姿があった。「恩師のお孫さんがいてね。1年生の時から応援でよく見に来ているんだよ」という。
近大新宮の二塁手、中井丈紀(3年)の祖父、和田托雄さん(83)は峯本さんが和歌山・古座中時代の野球部監督(英語科教諭)。この日もファンだという阪神タイガースの帽子をかぶり、バックネット裏で見守っていた。峯本さんは「厳しい方でした。私にとっては何かとお世話になった、まさに恩師でした」と言う。

中井は祖父も峯本さんもスタンドで応援していたことを知っていたそうだ。「おじいちゃんは幼稚園のころから野球を教えてくれました。僕の野球の原点」と話す。
この日は6回裏、8回裏の走者三塁の好機でともに外野への浅いフライに倒れるなど無安打に終わった。「低くて速い打球で走者を還そうと思っていたのですが……。次はいいところを見せます」。1年夏から試合に出場している中井にとっても最後の夏。完全燃焼を誓った。

GOOD!「伝説の左腕」の伝統校・向陽 監督も「緊張する」100回大会初戦突破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000137-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会2回戦 向陽5―0和歌山高専

春15回、夏7回の甲子園出場を誇る古豪、向陽が5―0の快勝で初戦を突破した。

堀内孝貢監督(67)は伝統を引き継ぐ一員としての責任感から「やはり100回となると重圧がかかる」と監督自身にも緊張感があったという。
これまで松野椋太(3年)―小林亮太(3年)の継投できたが、「初戦は大事にいきたい。四球を与えて乱れることもある松野より、安定感で小林を先にいかせようと数日前に変更を決めた」と、小林を先発に起用。8回零封の好投で「打線も活気づいた」。

打線では5番の島本崇希(3年)が3回裏にライナー性飛球を好捕。直後の4回表先頭で初球を左翼席に先制本塁打して、流れをつくった。「練習試合でもファインプレーした後に長打が出ることが多かった。守りからリズムをつくるというのがチームとして目指すところなので良かった」

大先輩に「伝説の左腕」と呼ばれた嶋清一(戦死=野球殿堂入り)がいる。旧制海草中時代の1939(昭和14)年夏の甲子園大会で全5試合を完封(うち準決勝、決勝連続ノーヒットノーラン)の快投を演じた。学徒出陣で召集され、45年3月、仏印沖で戦死している。
向陽では10年前から新入部員全員に評伝『嶋清一 戦火に散った伝説の左腕』(山本暢俊著・彩流社)を渡して、その先人の偉業や母校の歴史を学ぶように勧めている。2010年の選抜に21世紀枠で選出された際も「戦争と野球の歴史を勉強している」と、その姿勢が評価されていた。

島本も当然、同書を読んでおり「嶋さんは甲子園でも大活躍した方だった。自分たちも先輩に恥じない活躍をしないといけない」と話した。
自身が向陽3年夏は50回大会だったという堀内監督は「こうした歴史の大きな節目に立ち会えるのは幸せなこと。重圧もあるが、プラスにとらえて戦っていきたい」と前を向いた。

チョキ【東兵庫】教師に転身の元ABCアナ・清水次郎氏、夏1勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000307-sph-base

◆第100回全国高校野球選手権記念東兵庫大会 ▽1回戦 西宮今津10―3仁川学院=7回コールド=(13日・尼崎ベイコム)

大阪・朝日放送の元アナウンサーが、教師に転身して2年目で夏初勝利を挙げた。西宮今津は仁川学院に13安打10得点で7回コールド勝ちし、2年ぶりに初戦を突破。応援席から見守った清水次郎顧問(46)は「チャンスで積極的に初球やファーストストライクを打ちにいっていたのがよかった」と、選手をたたえた。

朝日放送では看板アナとして高校野球や阪神戦を実況した。「高校生は真剣に向き合える最後の世代。自分の輝き方を見つけて、巣立っていってくれる手伝いができれば」と2016年6月に同局を退社し、教員採用試験に合格した。現在は公民の教師として教壇に立つ。早実野球部OBで、4人いる顧問の1人として練習ではノックも打つ。林秀樹監督(51)は「いい兄貴分。選手にも熱く語りかけてくれる」と感謝。選手は無失策で清水氏に恩返しした。

第100回記念大会に、指導者として夏初勝利を飾ったのも何かの縁だ。「不思議な感じですね。まさか自分が戦う側の立場になるとは思っていなかった」と感慨深げに漏らした。

GOOD!三田松聖が初戦突破 太田幸司氏次男、三塁ベースコーチで勝利貢献!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000024-dal-base

「高校野球西兵庫大会・2回戦、三田松聖8-1高砂南」(13日、城山公園野球場)

優勝候補の三田松聖が初戦を突破。69年夏の甲子園準優勝右腕、三沢の太田幸司氏(66)=元近鉄など=の次男・幸助投手(3年)が三塁ベースコーチ兼ムードメーカーとしてチームを盛り上げた。

試合開始直前。太田は円陣の中心で声を張り上げた。「楽しんで行こう!!」。試合中はベンチ最前列で声を出し、三塁ベースコーチでは全身を使って指示。父が活躍した聖地を目指す夏の初戦は、裏方で勝利に貢献した。
小6から野球を始め、主に投手としてプレー。今夏の背番号は、父が近鉄入団後に背負った背番号18だ。明るい性格で、ムードメーカーとしても欠かせない。昨秋から試合前の円陣で声を出す役割を担ってきた。
聖地に立ちたい理由がある。

1969年夏の甲子園決勝で延長18回引き分け再試合を戦い、野球史に大きな足跡を残した父は今夏、甲子園レジェンド始球式に登場する。「一緒に甲子園に立ちたいし、超えたい」。自宅やグラウンドで助言してくれる父への、恩返しの意味もある。
スタンドから声援を送った幸司氏は「僕が2年生で初めて甲子園に出たのが第50回大会。50年後にねえ…。頑張ってもらいたいですね」。福知山成美で13年夏の甲子園に出場した長男・幸樹さんに続く活躍を願った。

今年の三田松聖はプロ注目の高垣露稀投手、直井亨太内野手(ともに3年)を擁する。この日、先発の高垣は6回1失点で、直井は決勝の高校通算31号2ランを放った。「みんなで1番を目指してやっている」と太田。頼もしい仲間と、父が果たせなかった全国制覇を目指す。

ブーイング暑すぎて?球場の電光掲示板が真っ黒に 換気したら復旧
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000107-asahi-spo

第100回全国高校野球選手権記念西愛知大会で14日、小牧市民球場の第3試合、杏和(きょうわ)―名古屋大谷の試合中に電光掲示板が表示されなくなるトラブルがあった。球場関係者によると、「暑さ」が原因とみられるという。

異変が起きたのは五回裏。突然、センター後方の電光掲示板が真っ黒になった。五回終了時の整備の時間を挟んでも、チームや選手の名前、イニングや得点が表示されない。かろうじて、S(ストライク)、B(ボール)、O(アウト)、H(ヒット)、E(エラー)、FC(フィルダースチョイス)はついたが、度々消えた。

バックネット裏にも、SBOと球速を表示する電光掲示板があり、プレーに大きな支障は出なかった。

気象庁によると、この日は球場のある愛知県小牧市に近い名古屋市で最高気温37・5度を観測。電光掲示板の中は「サウナのようだった」(球場関係者)。掲示板を管理する装置に高温によるエラー表示が出ていたため、換気をするなどしたところ、延長十回表から表示が復活した。球場関係者は「暑さが原因ではないか。こんな故障は初めて」と話していた。

足跡最高齢82歳監督、最後の夏終わる ノックバット離さず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000088-asahi-spo

(14日、高校野球群馬大会 高崎東5―2利根商)

82歳の老将はノックバットを握ってベンチから引き揚げてきた。「ぼくの高校野球は終わりました。お世話になりました」バットを手にしたまま、利根商の豊田義夫監督は報道陣に頭を下げた。

日本高校野球連盟と朝日新聞社の調査に回答した全国3939校の監督で最高齢。母校の近大付(大阪)を率いて春の甲子園に3回出場し、3年前に単身で関東に乗り込んだ。最初は外野ノックも打ったが、ほどなく内野だけに。「思うように打てなくなった」と引き際を決めたそうだ。

箕島の尾藤公監督が「イメージ通りのノックができなくなった」と勇退したのは52歳。星稜の山下智茂監督は60歳のときだった。済美(愛媛)の上甲正典監督、横浜の渡辺元智監督(73)も最後まで自分で打ったが、82歳でのシートノックは異例と言っていい。

この日の豊田監督の内野ノックはテンポ良く、一人一人の状態を確かめるように行われた。選手は一、二回と内野ゴロ併殺でピンチを切り抜け、監督の期待にこたえた。しかし、六回に逆転を許した。
「もう少したくましいチームに育てたかったが、いたらない監督でごめんなさい。あとは次の人にお任せします」球場を去るまで、ノックバットを離さなかった。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(13日)の和歌山大会試合結果(1回戦)
3日目第1試合 海南-日高中津 9:00~10:41
          一二三四五六七八九計HE
      海  南1000001013102
      日高中津20000050X782

3日目第2試合 耐久-和歌山工 11:27~13:31
          一二三四五六七八九計HE
      和歌山工1101010048
      耐  久0000000000

3日目第3試合 紀央館-那賀 14:15~16:18
          一二三四五六七八九計HE
      紀 央 館100000100272
      那  賀05001100X7120

野球明日(14日)の和歌山大会組み合わせ(4日目 2回戦)
  ☆ 08:30~  星 林 -和歌 山東
 ☆☆ 11:00~ 近大 新宮-和歌 山商
    13:30~ 和歌山高専- 向 陽
☆☆☆ 16:00~ 智弁和歌山-高 野 山

メモ皇太子さま、100回大会の開会式に出席へ 高校野球
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000062-asahi-soci

宮内庁は13日、皇太子さまが8月5日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第100回全国高校野球選手権記念大会の開会式に出席すると発表した。雅子さまも体調に支障がなければ同行する。皇太子さまの開会式出席は1988年の第70回記念大会、2009年の第91回大会に続き3回目となる。

宮内庁によると、皇太子さまは8月4日に兵庫県に入り、5日に開会式に出席しておことばを述べ、第1試合を観戦する。その後、開会式の運営に携わった高校生と交流する。

皇太子になる前に出席した第70回記念大会では開会式であいさつし、始球式でマウンドにもあがった。09年の開会式では「数多くのドラマが生まれ、選手の皆さんのひたむきではつらつとしたプレーが、多くの国民に夢と感動を与えてきました」とあいさつした。

GOOD!鳥取)球場準備も着々 阪神園芸がグラウンド整備
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7D3QXWL7DPUUB004.html

第100回全国高校野球選手権記念鳥取大会は14日、開幕する。会場のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場(鳥取市布勢)では12日、グラウンド整備などの準備が進んだ。

記念大会の今年は阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)を整備し、その技術の高さから「匠(たくみ)の技」とも評される阪神園芸(同)がグラウンド整備を担う。阪神園芸によると、これまで兵庫大会や宮城大会で使うグラウンドを整備したことがあるが、鳥取大会は初めて。

12日は出場校の事前練習が終わった午後4時半ごろから整備に取りかかり、特殊な定規で高さを計ってマウンドを作り直すなどした。13日も朝から作業する。阪神園芸が整備を担当するのは大会2日目の15日第1試合前まで。阪神園芸スポーツ施設部の栗田高志係長(39)は「選手がけがなくプレーできるように入念に整えたい」と話した。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(12日)の和歌山大会試合結果(1回戦)
2日目第1試合 粉河-県和歌山 9:00~10:45 レジェンド始球式:向陽高校OB 正岡伊久夫さん(61)
          一二三四五六七八九計HE
      粉  河0103100005 2
      和 歌 山0000020013 1

2日目第2試合 有田中央-和歌山北 11:32~13:49 アスリート始球式:藤谷柊さん(ウェイトリフティング)
          一二三四五六七八九計HE
      有田中央0000000011 4
      和歌山北00013011X6 2

2日目第3試合 南部龍神-田辺工 14:30~16:31
          一二三四五六七八九計HE
      田 辺 工0000012003 2
      南部龍神102000001x4 3

野球明日(13日)の和歌山大会組み合わせ(3日目 1回戦)
  ☆ 09:00~ 日高 中津- 海 南
    11:30~ 和歌 山工- 耐 久
  ☆ 14:00~  那 賀 -紀 央 館

ブーイング審判員困惑よそに珍事、革靴スカート女子部員が伝令
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00265421-nksports-base

<高校野球福島大会:大沼・西会津・坂下・猪苗代・湖南10-0長沼>◇11日◇2回戦◇あいづ球場

福島大会で女子記録員が、マウンドに上がる珍事が起きた。長沼が0-5と大沼・西会津・坂下・猪苗代・湖南の「会津西連合」に点差を広げられ、佐藤大樹投手(2年)が四球を出した直後。4回表、2死一、三塁で影山高見監督(48)が伝令を送った。白線をまたいで選手の輪に走って加わったのは、革靴にスカートの制服姿の女子だった。

福島県高野連の担当者も「あれっ? いいの? って感じでまずいなと思った。本部に問い合わせようとしたら、終わってしまった」と困惑していた。本来は部員15人だが、都合によりベンチ入りは男子9人と女子記録員1人のみ。苦肉の策だった。高野連側は試合中に佐川英太部長(31)を通じ「次からは特例として捕手をベンチ前に呼んで伝えてください」と“注意”。5回裏は伝令を送ることなく、5点を追加されコールド負けした。

普段は一緒に練習し、女子部員登録もされている。明るく優しい笑顔で声をかけた効果? か、伝令後は後続を断った。試合中でも、タイムがかかっている場面なら「危険防止のためグラウンドに立つのは男子のみ」の規則はクリアされるか。髪をなびかせながら女子記録員(3年)が軽快にベンチに戻ると、スタンドから長沼への拍手と激励の声が飛んだ。

ブーイング【南北埼玉】35度の猛暑 各球場で脱水症状による治療中断相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000080-spnannex-base

11日の埼玉県内は気温が35度まで上がり、高校野球のプレーにも影響が出た。市営大宮球場での県川口―山村国際では、両校で4人の選手が脱水症状を起こし、うち1人は病院へ向かった。大宮公園球場第2試合・山村学園―浦和実戦では両校で計3人が脱水症状になり、治療で試合が中断した。

山村学園のエース和田朋也投手(2年)は試合前から左足がつっていたといい、さらに試合終盤にも右太腿がつったまま完投。野手も2人、足がつっていた。一方、浦和実もエース左腕・英(はなふさ)真太郎投手(3年)が8回の投球中に、2度足がつってベンチで治療した。なんとかその回を無失点で抑え、捕手・佐藤舜に肩を貸してもらいながらベンチへ退いたが9回先頭でそのまま打席へ。フラフラになりながらバットを振り、空振り三振。球場に待機していた看護師からは「もう1度治療で退くようなことがあったら交代を出すべき」と意見も出されたが、意地で乗り切った。

壮絶な試合後、山村学園の岡野泰崇監督は「お互い、相手というより天気と戦っている感じだった。暑さ対策でサプリとかは飲んでいたが、まったく効かなかった」と複雑な表情。浦和実の土居健太監督は「英はエースで4番。あいつのチームなので。状態も聞いたが本人もいくというので行かせた」と説明。英も「最後は全身つっていたが、エースなのでそういう姿は後輩に絶対見せたくなかった」と振り返った。

埼玉県高野連の小山友清専務理事によると通常5回終了時に行うグラウンド整備を3回ごとに行うなど給水の時間をこまめに設け、治療で試合が中断した場合は一旦グラウンド上の全員をベンチに引き上げさせるなど対策を講じている。また大会期間中全球場に看護師や医師が待機しているという。

最後の夏に悔いなく終わりたい選手の心情がある一方で、健康上万が一のことが起きてからでは遅い。真夏の大会開催で越えるべき課題が出たと言える埼玉のケースだった。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日の和歌山大会試合結果(1回戦)
初日開幕試合 笠田-新翔  14:00?~16:20? レジェンド始球式:桐蔭高校 OB 森川勝年さん(74)

          一二三四五六七八九計HE
      笠  田112100000582
      新  翔10101030X6113

野球明日の和歌山大会組み合わせ(2日目 1回戦)
    09:00~  粉 河 -県和 歌山
    11:30~ 有田 中央-和歌 山北
    14:00~ 南部 龍神-田 辺 工

チョキ野球王国和歌山の歴史  ダイジェスト第100回和歌山大会  動画放送
https://www.youtube.com/watch?v=ICBdexe2cjo

紀州Rの木村 竹志監督(旧姓・石井 毅)や井上 紘一コーチも出演されてます!!

GOOD!【和歌山】怪童と投げ合った桐蔭伝説の左腕が始球式「甲子園は夢の場所」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000132-spnannex-base

和歌山大会が11日、県営紀三井寺球場で開幕し、開幕試合で桐蔭が1961(昭和36)年夏、甲子園大会で準優勝した当時のエースで主将だった森川勝年さん(74=奈良県生駒市)が始球式の投手を務めた。

桐蔭は今夏からアンダーシャツの色を白からかつてのエンジ色に変更。当時と同じユニホーム姿でマウンドに上った森川さんは左腕からワンバウンドで真ん中外角寄りに“ストライク”を投じた。
「こんなに緊張したことはない」と登板後は笑顔で汗をぬぐった。「投球は狙い通り。捕手まで届かせようとすれば高めの暴投になるし、低めに投げようとすると引っかける。真ん中にワンバウンドで投げようと思っていたんだ」。

実は1カ月前に始球式の話を受け、後輩に連れられ、社会人・松下電器(現パナソニック)時代に親しんだ大阪・枚方市のパナソニック・ベースボール・スタジアム(旧松下球場)で練習していた。「もう50年も投げていない。今の自分にはワンバウンドで十分」と思い立った。控え室に戻り、甲子園出場当時の後輩に「何点だ?」と聞くと「100点満点です」と採点され「肩の荷が下りた」。

森川さんは61年夏、桐蔭の主将、エース、4番打者として第43回全国高校野球選手権大会(甲子園)で準優勝に輝いた。「甲子園の思い出より、和歌山県予選準決勝が印象に残っている」。相手は県和歌山商。1―0リードの9回裏、無死満塁の絶体絶命。三振とスクイズ失敗の併殺で切り抜けた。
同年夏は和歌山県予選、紀和大会、甲子園大会と全10試合完投、うち7完封と快投を続けた。
甲子園の決勝では「怪童」と呼ばれた浪商(現大体大浪商)の尾崎行雄と投げ合い、0―1で敗れた。当時、高校が編んだ記念誌に<閉会式で浪商がもらった大優勝旗に「和歌山中学校」と書かれているのが僕には見えた。その時、残念で残念でたまらなくなった>と書いていた。この日、「生涯見たなかで尾崎の球が一番速くて重く、前に飛ばなかった」と振り返った。

「僕たちはまさか甲子園まで行けると思っていなかった。しかし行けば人生が変わる。100回大会か。これまでも、これからも、やはり甲子園は夢のような場所であり続けるだろうね」
桐蔭から慶大に進み「田淵(幸一氏=当時法大。現本紙評論家)に1号ホームランを献上したのは僕だよ」と笑った。

大会本部から依頼された現役選手へのメッセージには<結果よりもプロセスを大切にするように><何ごともあきらめず、一歩一歩、基本を大切に、一日一日努力すること>としたためた。野球だけでなく、長く人事関係の仕事をしていた森川さんは、社会人としても生きる教えだと感じている。

メガホン高校球児No.1決めるSP、爆笑田中「楽しくて楽しくてほぼ視聴者」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180711-00000030-natalieo-ent

ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙2018」(テレビ朝日・ABC系)と題した特番が来月8月5日(日)に放送され、爆笑問題とウエンツ瑛士がMCを務めるほか、伊集院光、ピエール瀧、柳沢慎吾、磯山さやからがゲスト出演する。

今年2018年に夏の甲子園こと全国高等学校野球選手権大会が100回の節目を迎える。そこでこの特番は高校野球ファン10万人に取ったアンケートを元に、記憶に残る歴代のすごい高校球児トップ30をランキング形式で紹介する。スタジオ出演者たちもランキング1位の選手を予想し、そのすごさを語り尽くす4時間。さまざまな選手の中からNo.1に輝くのは誰なのか。

ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙2018
テレビ朝日・ABC系 2018年8月5日(日)18:57~23:05
<出演者>
MC:爆笑問題 / ウエンツ瑛士
ゲスト:伊集院光 / 磯山さやか / 太田幸司 / 岡副麻希 / 岡田結実 / 定岡正二 / 清水俊輔(テレビ朝日アナウンサー) / 野村克也 / ピエール瀧 / ヒロド歩美(朝日放送テレビアナウンサー) / 古田敦也 / 元木大介 / 柳沢慎吾

ブーイング電光掲示板の修理間に合わず…点数手貼りでスコアボード
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7C3WMXL7CUTNB00D.html

埼玉県の所沢航空球場では8日の第1試合途中で電光掲示板が故障し、点数表示ができない状態になった。球場主任の浅見哲也・所沢北監督によると、翌日修理に取り組んだが、部品の調達が間に合わず、手作業で対応することにしたという。所沢市から、イベントに使う高さ2・5メートル、幅約1メートルの看板を借りて紙を貼り、スコアを知らせるボードを手作りした。

11日は所沢北野球部1年の球場補助員4人が、試合のイニングごとに点数が書かれた紙を貼って掲げた。補助員の一人、菅野滉平さん(16)は、「間違えないようにみんなで真剣に球を追いました」と仲間とともに汗をぬぐっていた。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月11日(水)01時05分25秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  8/11 4日目第3試合 智弁和歌山(和歌山)-興南(沖縄) 14:06~16:37

第3話 6年ぶりの甲子園校歌斉唱

          一二三四五六七八九計HE
      和 智 弁0002410119130 北、平田-蔵野
      興  南006000000672 宮城、上原、川満、藤木-渡辺、諸見

       第一試合  第二試合  第四試合
       広  陵10 秀 岳 館6 大阪桐蔭
       中  京6 横  浜4 米子松蔭

 これは運命のいたずらなのか・・・・・。僕は8/10に有給申請を出し、抽選前に3日目・4日目と金券ショップで前売り券を購入し気長に待っていたら大会4日目は上記のような黄金カード続出!!しかも雨で開幕が1日延びてこれが祝日と重なってしまい、甲子園は8/10夜から大行列ができて2016年8月14日をしのぐような徹夜組の続出だった・・・・・。

おそらく史上初となる6時15分外野席開門で6時30分その他開門だった。開門数分後にネット裏に着席した時はもうすでに外野は満員だった・・・・・。
真夏の太陽の下、第1試合は2時間44分 第2試合は2時間14分のロングゲームで陽射しのある場所で徹夜組は体力が大丈夫だろうか???

もちろんこの日の目当ては2010年春のリベンジをかけた和智弁VS興南。2011年夏を最後に甲子園の勝利から遠ざかり、2015年夏は津商にまさかの7エラーで惨敗し、2016年夏の和歌山大会では21回目にして初めて決勝戦で敗退し、もう高嶋先生の雄姿は見れないのではと心配していた。。。
それでもまだ情熱は衰えず、2年ぶりに甲子園に帰ってきたが、初戦の相手は2010年春夏連覇した興南・・・・・。できたら大阪桐蔭と対戦カードを入れ替えてほしかった。。。。。
興南には島袋投手を彷彿とさせる1年生・宮城投手がいるようでかなり手強い、、、なかなか勝つイメージがつかないが、とにかく自滅せず最少失点で喰らいついて終盤ワンチャンスを活かせたらと。

和智弁は先発が12番の北投手だった。当然、継投でくるだろうが軸は2年生の10番・平田だろうと考えていた。相手は1年生サウスポーなんで立ち上がりを攻めたかったが・・・・・。
14時06分プレーボール。47000の大観衆と和智弁のネームバリューにも負けず1回表わずか11球で三者凡退。スロースターターの智弁らしいといえばそれまでだが、苦戦を予感させた。
その裏、いきなり先頭打者を四球で歩かせバントで1死2塁とここも想定内。何とか後続を抑えたが、投球の半分がボール球で早目の継投はやむを得ないだろう・・・。

2回表和智弁は2死から四死球や内野安打で満塁とチャンスをつかむが、北投手そのまま打席に入りショートゴロ。打順のめぐりも悪かったが、先制したかった。。。その裏、三者凡退に抑えこれでなんとかと思ったが、、、、、
3回表1死1塁から期待の2年生3番・林が1-6-3のダブルプレーで歯車が狂った。
その裏、2死2塁からまさかの3者連続四球で押し出し・・・・・。さらに連打で0-4と差が広がりようやく高嶋先生は10番・平田を投入した。押し出し直後でも早くはないと思ったが、この辛抱の意図は???さらに平田も1点タイムリーを浴びて重すぎる6点を失い、また負けるのか・・・と暗澹たる気分に。

2011年夏に白樺学園に勝利してから、高嶋先生の甲子園勝利数が63で足踏みしている。。。
日大三・神村学園・明徳義塾とまだ相手が悪かったといえばそれまでだが、津商に7エラーで自滅したのは言い訳できないし、この日も押し出しから先取点を許し1イニング6失点でこのまま完敗すれば高嶋先生が本当に甲子園ラストゲームになってしまう・・・・・。

絶望的な気分の中、4回表ライトフライ。そしてショートゴロで簡単にツーアウト思いきや悪送球で1塁セーフ。ここからヒットと四球で満塁。バッター8番・西川 もうここで得点できなければ終わってしまうところだが、2球で追い込まれ3球勝負で挑む1年生相手にセンター前タイムリーで一矢報いて、9番・平田投手もレフト前ヒットでなおも1死満塁。ここでホームランが出れば同点だったが、1番・津田は6-4-3のダブルプレー。できれば3-6かそれ以上に詰めたかったが、、、、、
その裏、1死から1番・仲村に頭部デッドボール・・・。プロ野球なら危険球退場だが、もちろん平田投手続投。相手が盗塁を仕掛け、決まったかに見えたが守備妨害を取られバッターアウトなどの幸運もあり、流れは智弁に来た。

5回表無死1塁から3番・林がセンターへ豪快に2ランを放ち4-6ともう完全に射程圏内に入った。平田投手のピッチングを見る限り、大量失点は考えられないのでじっくり攻めれば逆転できると!
さらに4番・蔵野がヒットで続き1年生・宮城投手をKO。サードの上原がマウンドに上がった。一気に畳み掛けるべく、高嶋先生は打てのサインだったが、5番・大崎1-6-3のダブルプレー。これで3イニング連続ゲッツーと歯がゆいところだが、四球後に7番・冨田がレフトへ同点2ランをぶちこみ往年の和智弁野球が復活し6-6同点!!!!!!その裏の守りを4~6番三者凡退に抑え折り返した。

0-6になった時点でいやその前から諦めが入っていたが、こうなれば高嶋先生の継投の遅れの理由がわかった気がした。打線を目覚めさせるためにあえてハンディーを与えて、不利な状況から眠った打線を起こした格好だ。よほど相手投手の攻略に自信があったのだろうか?初戦で大逆転勝ちできれば一気に勢いに乗って優勝戦線に躍り出ることも可能だ。ハイリスクハイリターンで戦略を練っていたのだろうか?!

6回1死から連続四球で3番・林の初球ボールになったところで興南はエース・川満をここで投入。我喜屋監督も苦肉の継投策だ。1年生が先発しているということは裏を返せばその他の投手陣が弱いということだろうか?結局ストレートの四球で4番・蔵野がレフトへ逆転タイムリーを放ちついに7-6と大逆転に成功。本当はここで一気に突き放したかったが、またもや大崎が6-4-3のダブルプレーを喰らい4イニング連続ダブルプレーとまだ安心できなかった・・・。その裏、簡単に2死を取るが9番打者にデッドボールを与え、不安がよぎるがショートゴロで切り抜け、平田投手は代わりっぱなこそ痛打されたが、以降はノーヒットピッチングを続けている!!

突き離したい和智弁は7回四球とヒットで出塁した走者を送って1死2・3塁。なんとか2点奪って逃げ切り体制を・・・と思い描いていたが、9番・平田はライトフライ。当然3塁走者タッチアップでホームを狙うがまさかのタッチアウトでなんとなんと5イニング連続併殺を喰らい、先攻ゆえに1点差では予断を許さない。
その裏、またもや2死から四球を与え5番・川満にもヒットを許し、逆転の走者を背負う厳しい展開。それでも相手の初球打ちにも助けられセカンドゴロでピンチ脱出。

胃の痛くなる展開だったが、8回表1番・途中代打出場の大星がショート後方のフライ落球によるラッキーなツーベースで流れを呼んで、バントと犠飛で1点もぎとって少し勝利が見えてきた。しかし、興南もしぶとくその裏1死から8・9番の連打でチャンスを作り平田投手にあってきたようだ。1番・仲村を迎え緊張感が増したが、4-6-3のゲッツー返しで難を凌いだ。
そして9回表四球にバントそしてけん制悪送球でお膳立てしてもらい、7番・冨田がダメ押しのレフト前タイムリーで9-6と突き放した。
何点差開いても9回裏の守りは怖い。先頭打者が振り逃げ出塁でクリーンアップに回ればなおさら・・・。しかし平田投手は気力を振り絞り、センターフライと三振で3・4番を抑え最後は代打・玉城を三振にとり2時間31分の死闘は終わり、6年ぶりに勝って和智弁の校歌が甲子園に流れた!!

0-6となった時は、津商の時と同じような惨敗が脳裏をよぎったが、全盛期の和智弁のような試合運びで復活の1勝を挙げたのは大きかった。最初から平田投手が投げていれば、楽に勝てたかもしれないし5イニング連続併殺を喰らいながら勝つチームはそう多くない。これで波に乗って一気に優勝戦線に躍り出たかったが、2回戦で大阪桐蔭とぶつかったのが不運だった・・・。過去に08年夏の近畿で1度だけ顔を合わせただけだったが、2017年夏から5期連続公式戦で対戦し、1度も勝てない状況が続いている・・・。

しかしながらこの1勝が翌年センバツの準優勝につながったわけで大きなターニングポイントとなる試合だった。次回は鳥取代表・米子松蔭が大阪桐蔭の春夏連覇阻止に挑む・・・。それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 失点 自責
和 智 弁  北     2 2/3 15  63  3  0   2  0  3  0  0  6    6  6
和 智 弁 平 田   6 1/3 26  85  4  0   0  0  2  2  7  1  0   0

興  南 宮 城   4 0/3 22  89   8  1   0  0  2  1  2  0  4   4
興  南 上 原   1 1/3  7  30   1  1   0  0  3  0  1  1  3   3
興  南 川 満  3  13  44  2  0   3  1  3  0  1  0  2  2
興  南 藤 木     2/3 15  14  1  0   0  0  0  0  0  0  0   0

                           (完)

                          ☆次回予告☆
             8/11 4日目第4試合 大阪桐蔭(大阪)-米子松蔭(鳥取)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月11日(水)00時30分48秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  野球明日の和歌山大会組み合わせ(初日 1回戦)
    12:30~     開会式
    14:00~  笠 田 - 新 翔

メモWBS和歌山放送 和歌山大会シフト表
http://www.wbs.co.jp/PDF/2018koukou.pdf

ブーイング豪雨災害受け…夏の高校野球岡山大会の球場を変更 自衛隊の救援基地に使用
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010004-ksbv-l33

西日本を中心とした記録的な豪雨災害を受け、岡山県高校野球連盟は、夏の高校野球岡山大会の使用球場と日程を一部変更することを決めました。

59校が参加する夏の高校野球岡山大会は、倉敷市のマスカットスタジアム、倉敷市営球場、美咲町のエイコンスタジアムを使用する予定でした。しかし、今回の豪雨災害を受けて、倉敷市営球場を含む倉敷運動公園を自衛隊の救援基地として使用しています。

岡山県高野連などは、予定どおり13日に開幕することを決めた上で、14日から20日までに倉敷市営球場で予定されていた試合の会場を、マスカットスタジアムとエイコンスタジアムに振り分け、試合開始時間を変更しました。21日以降は、今後の状況を見ながら判断するということです。

改訂版トーナメント表  http://www.okayama-hbf.com/common/data/2018_07_09_summer_hard.pdf

なんと倉敷MSで14~18日と20日の6日間 1日4試合組まれてます!!

GOOD!「食べて勝つ」球児が愛す老舗カツ丼 部員は大盛り無料
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6X6S37L6XPXLB017.html

アツアツの白飯の上に、トロトロな卵に包まれたやわらかなカツ。シャキシャキなタマネギをカツに絡ませてほお張れば、思わず笑顔がこぼれる。ホッとする味わいのカツ丼が食べられる「あさひ食堂」(和歌山県田辺市龍神村)。南部龍神硬式野球部が立ち上がった15年前からずっと、球児たちに愛され続けている。

「がっつり食べるさかい、気持ちええ。『おなかすいてるやろ』と思ってつい大盛りにしてしまう。孫みたいなもんやもん」。そう話すのは食堂の寒川ふみゑさん(68)。2代目店主で夫の洋治さん(69)らとともに50年近く店に立つ。メニューはチキンカツやトンカツ、焼き肉定食など豊富にそろえる。料理には自家製の野菜を使い、梅干しや漬けものも手作り。「できる限り手をかけたい」という思いから「何でも手作りで」とこだわる。

選手たちにはカツ丼(税込み650円)やカツカレー(同)が人気。通常、大盛りは別料金だが、野球部は無料で大盛りが定番。「カツ丼だったら器からご飯がもっこりするくらい。700グラムくらいあるんちゃうかな。持ったら重い。でもあっという間に食べてる」とふみゑさん。「ガツガツ食べてるよ。必死に食べている姿が好き。『おなかいっぱいになった』っていい笑顔を見せてくれる」

野球部には、村外からも球児が集まり、寮生活を送る選手も多い。選手たちは寮の食事が休みの時などに訪れることが多いというが、ふみゑさんは「練習終わりに来たこともあった」と振り返る。
ある日の午後9時、店じまいをしようとしていたところ、店の扉をトントンとノックされた。開けると、野球部の選手たち。「おなかすいた」。ふみゑさんは炊飯器をのぞき、「どうにかなる」。ご飯を振る舞った。「一生懸命練習しておなかが減ってると思うと、かわいそうでね。わざわざここまで来てくれたから」

選手たちは卒業してからも食べにくるという。「坊主頭を見てたから、ヘアスタイル変えてかっこええやんてなる。たまにひょこっと来てくれて懐かしいし、かわいらしいよ」
店先からは球場の明かりが上の方に見える。遅くまで照明がついている様子を見て、がんばりを感じている。夏の大会を見に行くことはできないが、ふみゑさんは「けがしないようにがんばってよ。村の人たちみんなが応援している。とにかく一戦一戦がんばって」とエールを送る。

硬式野球部では先輩が後輩を連れて行くことで、あさひ食堂が引き継がれている。中嶋黎君(2年)は1年の時、主将の上原健斗君(3年)らと初めて食堂を訪れた。「食べた後は元気になる。愛情がこもっていて癒やされます」。上原君も先輩と一緒に行き、通うようになった。カツ丼がお気に入りだといい、「カツがやわらかくて一瞬でなくなります。食べたらパワーが出る。またがんばろうってなります」と話す。「大会で勝って戻ってきて、またあさひに行って勝利を報告したい」。おいしいご飯を力に変えて夏に挑む。

メモ和歌山)ツナ缶・魚肉ソーセージ…理論で体を作る紀央館
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7543CHL75PXLB00H.html

球音が響く紀央館のグラウンド。威勢のいいかけ声と砂が舞う横で、選手が手慣れた様子でツナ缶のフタを開け、箸でつついて食べ始めた。練習の合間のいつもの風景だ。「たんぱく質は1回の食事に40グラムとるのがいいと教えてもらった」と選手たち。一風変わった食事にはトレーナー直伝の理論があった。

「炭水化物は運動に必要なエネルギー。車で言うとガソリン。なるべくたくさん体の中に蓄えておきましょう」。今月2日、スクリーンの前に立ってこう呼びかけたのが、トレーナーの田中優樹さん(30)。選手たちは真剣な表情でメモを取りながら話を聞いた。

この日は、大会1週間前の食事についての講義。紀央館OBで昨年からチームの指導に加わる田中さんがどんな食材をどれくらいの量食べたらいいかについて、説明していく。「1週間、意識して食事をとって」「普段より多めなイメージで」。特に初戦を迎える13日については、朝食から試合中にとるべき栄養素まで細かく説明。講義は約1時間に及んだ。

田中さんは紀央館1期生で、投手だった。広島の大学に進学し、その後、専門学校へ通い、はり師の資格を取った。食事についての知識は独学で学び、広島でスポーツトレーナーとして活動していた。吉水智章監督に誘われて地元に帰ってきた。チームでは、体に関わることすべてを指導する。食事はもちろん、けがの予防や治療方法、ストレッチなど。田中さんが来てからは大きなけがをする選手はいなくなったといい、吉水監督は「すべて一任している」と信頼を置く。

チームのトレーナーになってすぐ、田中さんはあるシートを作った。選手それぞれの体重と身長から算出した適切な食事と目標体重が書かれた紙だ。選手たちは紙を基に食材を選び始めた。
より効率良く栄養を摂取するため食事の回数を1日6回とし、選手たちはサバ缶やツナ缶、魚肉ソーセージを練習の合間に食べる。「たんぱく質がとれるので、いいんですよ」と田中さん。おにぎりを食べている選手を見つけると、「それ、具は何?」と話しかけ、「昆布ってミネラルが豊富でいいよ」と教える。

中村翔太君(3年)は指導を受けてから商品の成分表を見るようになったという。「たんぱく質がどれくらい入っているかを見ます」。体重は10キロ増え、「今シーズンはホームランを量産してます。もう24本打ちました」と手応えを感じている。エースの為橋響君(同)はよく田中さんに食事やプレーの相談をするという。「下半身が太くなって安定がよくなりました。球速も速くなった。125キロから141キロです」と喜ぶ。

田中さんは「紙を配ったときは目標体重を見て『こんなに増やさなあかんのか』って言ってたんです。でもだんだんプレーが変わってくる。オフシーズンになれば毎月、走るタイムとかボールを投げる距離を測って数字で示して成長をわかりやすくしています。そうすれば、トレーニングや食事の意味を理解してくれると思う」。

食事やトレーニングを重視するが、それらが野球のすべてではないという。「野球での勝利を達成するための一つの手段。直接、勝ちにつながるわけではないけど、勝つ確率は上げられる。自分の体のことを適切に知って高校野球を悔いの残らないようにしてもらいたいです」

ブーイング【京都】元阪神・桧山進次郎氏、始球式16日に延期へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000036-sph-base

開会式で始球式を行う予定だった元阪神の桧山進次郎氏(49)が16日に“スライド登板”することになった。

豪雨の影響で開会式が2日間延期。8日の予定を空けていた桧山氏も9日は日程が合わなかった。京都府高野連の燧土(すいど)勝徳会長(55)は平安(現・龍谷大平安)時代の桧山氏が1年時、現代国語の先生。8日の中止が決定すると、すぐに直接電話で確認を取り、16日の予定を取り付けた。中止にならず燧土会長も「ありがたいこと」と、ひと安心した。

足跡聖地の“ラストサマー” 千葉県野球場 老朽化、8月から改修
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00010000-chibatopi-l12&p=1

千葉県高校野球の聖地の一つ、県総合スポーツセンター野球場が8月から大規模改修に入る。建設から50年が経過し老朽化が進展。耐震補強とともに、グラウンドを世界基準の公認野球規則を満たす広さに拡張する工事を行い、2020年に新球場へと生まれ変わる。半世紀にわたって数多くの名勝負の舞台となり、房総球児たちの歓喜と悲哀を見つめてきた県野球場にとって、あす11日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念東千葉・西千葉大会が現在の姿で行われる最後の大会。100回目の夏、県野球場の“ラストサマー”が始まる。

県野球場(両翼92メートル、中堅120メートル、収容2万7千人)は1968年7月に完成した。こけら落としが50回の記念大会の開会式。県高野連の記念誌「熱闘千葉」によると、工期は遅れ気味だったようで昼夜兼行の突貫工事で開会式に間に合わせたという。

当時の県高校野球界は千葉商、習志野、銚子商の「ビッグスリー」が覇を競い、人気、実力とも全盛期。前年全国優勝を果たした習志野と春夏連続甲子園を狙う銚子商が顔を合わせた同大会準々決勝は「観衆がスタンドにあふれ異様な雰囲気で始まった」(同誌)。決勝は千葉商が銚子商を破り、県野球場で初めて優勝旗を掲げた。

74年の第56回大会決勝は銚子商が市銚子を破り、その勢いのまま全国の頂点へ。優勝メンバーでプロ野球巨人で活躍した篠塚和典さん(60)は「僕たちの時代、県野球場で試合をするのが憧れだった。うれしいことも悔しいことも味わった場所」と感慨深げに振り返る。翌75年の第57回大会は習志野が準決勝で篠塚さん擁する銚子商を破り優勝。全国も制し県勢連覇の偉業を成し遂げた。

その後、私学勢が台頭する中、メイン球場が千葉マリンスタジアム(現ZOZOマリンスタジアム、千葉市美浜区)に移る前年の89年、県野球場最後の決勝で校歌を歌ったのが伝統校の成東。絶対的エース、押尾健一さん(47)=元プロ野球ヤクルト=が拓大紅陵を完封し、決勝・代表決定戦計9度目の挑戦でついに悲願を達成した。

主将だった行木泰弘さん(46)=東金市職員=は「スタンドの8割は成東ファン。『あと1人で甲子園』と観客から声が掛かった瞬間、鳥肌が立った。押尾が三振を奪った瞬間に一瞬球場が静まりかえり、その後に大歓声が上がった。閉会式で(当時高野連会長で元成東監督の)松戸健先生から受け取った優勝旗はすごく重かった」と懐かしむ。
球児たちの汗と涙が染みこんだ県野球場も老朽化が進む。耐震強度に問題を抱えることから、県は8月から初めての大規模改修を実施。工事中は使用できず、今夏の大会が現在の姿の見納めになる。

県教委体育課によると、新球場は耐震補強を行うとともに、現在はベンチシートの内野席を個席シートに変更する。スコアボードはLED化され、エレベーターを新設。車いす対応の障害者用観覧席を設置するほか、トイレなどの内装も一新する。
グラウンドも公認野球規則に合致するよう両翼を98メートルに、センターを122メートルにそれぞれ拡張。水はけも良くなるが、ナイター照明設備の設置は見送られた。県は総事業費として約30億円を見込み、工期は2020年1月末まで。外野の芝の養生を経て、新球場はこの年の高校野球春季県大会でお目見えする予定だ。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 9日(月)23時28分20秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  ムカッ【窃盗逮捕】元巨人・柿沢容疑者は「球界のルパン」楽天時代から囁かれていた悪評
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000034-tospoweb-base

神奈川県警多摩署は8日、窃盗の容疑で元巨人外野手の柿沢貴裕容疑者(23)を逮捕した。ジャイアンツ球場の選手ロッカーから、阿部や菅野ら主力選手の道具など約110点を盗み出しては売却し、約100万円を手にしていたという。消費者金融からの借金を繰り返し「生活に困窮していた」そうだが、理由はそれだけではなかった。関係者の話を総合して浮かび上がった柿沢容疑者の“異名”と“本性”とは――。

チームメートが大事にしている野球道具を転売し、生活費に充てるという蛮行は球界に大きな衝撃を与えたが、球界関係者から聞こえてきたのは「やっぱりやってしまったか」「いずれこうなると思っていた」という反応だった。
巨人側の説明では、移籍前からの借金苦に加え、今年結婚したことで生活環境の変化も影響した、としている。「苦しさに耐えかねてつい…」の印象を抱かせるが、ある球界関係者はこう語るのだ。
「性格上の問題なのか、彼は『人の物を盗む』ということへの罪の意識がほとんどないそうなんです。高校(神村学園)時代から何かと問題を起こしていて、スカウトの間でもそういった話は出ていた。楽天は獲得に踏み切りましたが、あまりの根深さに困惑していました。なんとか更生させようと教育者を呼んで講話を聞かせるなどしたそうですがね。結局、直らなかったということでしょう」

一体どういうことなのか。某球団の選手が柿沢容疑者の信じられないエピソードを明かす。
「楽天の選手から聞いた話ですが、キャンプから寮に帰ってきた、ある選手が『部屋に自分の服がない』と言い出して。当然、誰が盗んだんだ、という話になるわけですが、なんと柿沢が堂々とその服を着ていたというんです。さっそく本人を捕まえて話を聞いたら『ちょっと借りてた』って平然と言ったそうですよ。ヤバくないですか?」

借りたといっても、他の選手の部屋に勝手に忍び込む行為は明らかに不法侵入。しかし、最後まで柿沢容疑者に悪びれた様子はなかったという。こうした行為があったからなのか、楽天ナインが柿沢につけたニックネームは「ルパン」。今となっては笑えない話だ。
「とにかく平気でウソをつく、という評判は前からありました」とは別の球団関係者。「例えば、前からしていた食事の約束を『急用が』とか言ってキャンセルしたのに、当日遊んでいるところを見つかったりとか…。とにかくすぐウソをつくから、楽天でも巨人でも信用する人はいなかったんじゃないかな」

ちなみに柿沢容疑者の両親はエリートで、かなり厳しく育てられたという。ある球団のスカウトは「そういった環境が、彼の性格をゆがませてしまったのかもしれない」と語ると、こう続けた。「たぶん単なる契約解除だけだったらまったく反省しなかったと思う。でも逮捕されたことで、少しでも罪の意識を感じるようになってくれれば…」

いずれにせよ“球界のルパン”ならプレーでファンの心を盗むべきで、仲間の野球道具を盗む行為は「ルパンに失礼」と言わざるを得ない。

GOOD!元審判の99歳、衰えぬ高校野球への情熱 甲子園を前に入院から回復
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00010002-fukui-l18

かつて高校野球の審判員を務め、来年3月に100歳となる福井県永平寺町の男性が第100回大会を迎える今夏の甲子園と50年ぶりの福井国体を心待ちにしている。腰のけがで今年5月まで3カ月余り入院していたが、「野球は生きがい。試合が楽しみ」と節目の大会を前に元気を取り戻している。

この男性は北野里志さん(99)。福井商業高を春夏の甲子園に通算36度導いた名将、北野尚文さん(72)の叔父に当たる。里志さんの三男、幸作さん(67)は北陸高時代にプロ野球中日からドラフト4位指名を受けた。プロ入りはしなかったが、法政大、社会人で活躍するなど野球との関わりは深い。

里志さん自身も小学時代から野球に親しみ、満州や福井で働きながら草野球を続けた。中学の指導者、審判を務めたほか、1968年の福井国体を挟み、7年ほど高校野球の審判員を担当した。
1巡目福井国体の高校野球もジャッジした。「沖縄・興南高の試合で塁審をしたときに、スタンドから聞こえた応援団の指笛が今も耳に残っている」と述懐。「優勝した若狭高の乗替寿好投手は左腕から投げ込むインコースの直球が良かった」と振り返った。

尚文さんが監督として福井商業高で甲子園に出場するたびに応援に行ったといい、「やっぱり(78年の)選抜高校野球大会準優勝が印象深い」とうれしそうに話した。
腰の圧迫骨折で今年1月末から100日ほど、福井市内の病院に入院した。長男の常夫さん(73)ら家族は心配していたが、本人は「自宅で過ごしたい」と希望。第100回全国高校野球選手権と福井国体が重なる特別な年でもあり、「心待ち」にする気持ちも回復の原動力となった。

自宅では食欲旺盛で元気そのもの。歩行器を使ってトイレにも行く。普段はもの静かだが、野球の話題になると、生き生きと目を輝かせて話が止まらない。甲子園のラジオ中継を聞きながら試合のイニングスコアをつけるのが楽しみの一つだ。「国体で始球式をするのが夢。足腰が悪いけど、やってみたい」と言って周囲を驚かせた。

ブーイング高校野球広島大会、17日開幕 豪雨災害うけて延期
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180709-00000074-asahi-spo

広島県高校野球連盟は9日、西日本を襲った豪雨災害を受け、第100回全国高校野球選手権記念広島大会の開幕を17日に延期する、と発表した。

広島大会は当初は7日に開幕予定だった。豪雨を受け、8日、11日と順延したが、被災状況を調べるなかで依然として開催は困難と判断。17日まで延ばすことにした。決勝は28日になり、会場はマツダスタジアムから、しまなみ球場に変更になる。

野球平安OBさんへ
先週の数日来の豪雨は凄まじかったですね・・・。金曜日は電車が遅延したり、かなり混乱しつつの通勤でしたが、何とか遅刻せずに済んだし、帰りは阪急電車神戸線・宝塚線がストップしていたようで、あわや帰宅難民の可能性もありましたが、もう開き直って予定通りに大阪港の喫茶店へ寄り道して、雨も小康状態になったので梅田に着いた19時頃には徐行運転で何とか帰宅できました・・・・・。

土曜日・福岡はヤフオクドームが中止になりましたが、大阪は無事開催され、日曜日は皇子山で開会式と2試合観戦でき本当に自分の強運に驚きつつも神様に感謝ですね!!

僕は今までの人生で避難指示の経験はありませんが、5年間で4度ですか・・・・・。地球温暖化が囁かれ、ゲリラ豪雨もあちこちで毎年発生しており、予断を許さないですね。昨日帰りしな烏丸から阪急電車で帰りましたが、桂川はめちゃくちゃ水位が高く濁流と化してましたね。あとは茨木付近で地震の影響か?のきなみ屋根にブルーシートが目立ちました・・・・・。

今日はようやく京都大会開幕ですが、どうやら途中で雨が降って開幕戦は25分中断したとか・・・。
僕は14日紀三井寺 16日佐藤薬品S でそれぞれ4試合観戦してきます。昨日はサウナに入ったような蒸し暑さでしたが、今日以降は真夏の熱さなんで気を付けます。

野球ジャガー丈二さんへ
高野連会長はそれぞれ個性がありますね。僕は牧野会長から知ってますが、印象深いのは「見逃しの三振を憎み、眉毛の反りこみを禁止した」脇村さまかな。なかなかいい味を出してました。
奥島会長は相撲にも造詣深いようでしたが、けいこ総見で堂々と居眠りしたりその体格などからどことなく憎めないキャラでしたね!現会長は英語かぶれなのか要所で横文字を並べるのがたまにキズですが・・・。

プロアマ協定に関しては、柳川事件以来大きな壁となってましたが、今は本当に規制緩和されましたね。
高校生の教育は難しいと思いますが、教員監督VS元プロ監督の意地の対決も今後注目されます。
タイブレークは今でも猛反対ですね!!過去に2度しか観戦しておりませんが、やっぱり自然な形で決着をつけてほしいと。延長自体なかなか見れませんから・・・・・。

中卒投手がアメリカに行く話は夢がありますが、万が一故障した場合の保障を考えると難しいですね。
大谷のように高校~NPBで実績を積んで渡米するなら分かりますが、いきなりアメリカとは・・・・・。
最近は、ベースボールファーストリーグという独立リーグがあり、そこでは高野連に加盟しない高校野球部でオトナと一緒にプレーしてNPBを目指し、元プロ野球選手から直接指導を受けることもできます!!
高下代表が紀州レンジャーズ一期生という縁があり面識あるので、試合は去年1度だけ田辺にいったきり見てませんが、陰ながら応援し続けているので・・・・・。

結城海斗くんがBFLにでも来てくれたら、吉田 えりや井川 慶に並ぶくらいの話題性があったかもしれません。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 7月 9日(月)11時10分47秒 i58-95-173-223.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日も、昨日の続きを少し。

C 昨日、日本高野連の改革について厳しいことを言ったが、

ただ、前会長の時に、それまでのプロとアマの壁を無くし、

交流しやすい状況にした。これは評価出来る!

指導者資格にしても、それまでは元プロが

高校の指導者になるには条件が厳しく、

指導者になるためのハードルが高かったが、

それを「元プロは、研修を受ければ指導者資格を得られる!」

というようにハードルを下げた。これも評価できる。

そういうのは「是非やって欲しい!」と前から思っていたから。

(昨日の投稿した時点では、高野連がこういう改革を

やっていたことを忘れていて、今朝起きた直後に、これを思い出した)

ただ、これ以外には、評価に値する改革が、

あまり出来てないように感じるし、

他にはタイブレーク制を導入したりしたが、

これは十分な評価に値しないと思うし、

「あまり評価しない」という声が、どうやら多そうだ!

まだまだ他に、良い意味で改革して欲しいことがある。

E 次に、昨日「大阪の16歳の投手が、甲子園よりアメリカで野球をしたいと

アメリカ行きを決断した!」という話をしたが、

この投手は、確か中学時代「スーパー中学生」と言われていた記憶があるし、

桐蔭が熱心に誘っていた。それで進路も

「桐蔭に行くか!それともアメリカに行くか!」と注目されていた。

それで結局、桐蔭の誘いを断り「甲子園出場!甲子園優勝!」より、

彼にとってはどうやら「アメリカで野球をすること!」

「将来、メジャーで活躍すること!」のほうが価値があったようで、

アメリカ行きを決断し、まずはメジャー球団とマイナー契約をした。

A そういう選手は面白いな。

B えっ?それはどうして?

A だって、彼はいい意味で常識の枠に納まらず、

その枠をはみ出して常識外だから。

これまでは「甲子園よりアメリカを優先させる!」というケースは、

見た記憶がない。中学生の野球少年は、中学卒業したら

まず日本の高校に入り、野球部に入って甲子園を目指し、

高校卒業したら、能力の高い選手は日本のプロ野球に入り、

そこで十分な実績を残したら「メジャー挑戦!」というのが

ほとんどで、それが常識的なパターンだった(一部、例外選手もいたが)

ところが彼は、その常識を覆し、甲子園を目指さず、

そして日本のプロ野球も目指さず、中学卒業後、

将来のメジャーを目指して、いきなりアメリカに行く!

いい意味で常識の枠に囚われず、常識外で面白い。

B 田沢は、それと似たケース?

A いや、田沢の場合は、日本の高校野球部には入ってたし、

日本の社会人チームにも所属していた。

ただ、日本のプロ野球には入らず、メジャーに行った。

B 野村や張本は、この報道を知ったら嘆くのではないか!

あの2人は、日本の逸材がアメリカに行くことに反対だから。

「何でいきなりアメリカに行くんだ!まず日本の高校で活躍して、

その後、日本のプロ野球に入って欲しかった!」

「日本の逸材が、アメリカにどんどん行ったり、

今後、もし日本の高校野球部や日本のプロ野球界に入らず、

いきなりアメリカに行く選手が増えたら、

日本の野球界にとって損失だ!」と嘆くのではないか!


 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 7月 9日(月)00時03分42秒 softbank219029091140.bbtec.net
  大変な雨でしたね。京都大会も9日に、開幕が延びました。拙宅のあたりも、避難指示(桂川の増水)が出て大変でした。平成25年9月に、40年以上もなかった避難指示が出て以来、今回で4回目の避難指示になりました。やっぱり、近年は異常気象なんでしょうね。
このあとは、暑くなりそうだとか。応援に来る皆さんも、十分に暑さ対策をして球場に行ってください。いよいよ、本番です。
 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 8日(日)23時25分24秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  GOOD!和歌山)感謝の気持ちが指導の軸 育成功労賞・溝端さん
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7361RQL73PXLB012.html

高校野球の発展や選手の育成に長年にわたって尽力した人に日本高野連と朝日新聞社が贈る「育成功労賞」。県内からは県立橋本高校監督の溝端浩一さん(56)が選ばれた。11日に紀三井寺公園野球場である第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会の開会式前に表彰される。

溝端さんは橋本高の現役時代は遊撃手で主将だった。「苦い思い出しかない」という3年間。夏の勝利に恵まれなかった。その悔しさをバネに大学で野球を続けた。
1985年に貴志川の監督に就任。創部1年目の部員20人弱を率いて臨む、監督として初の公式戦だったその年の春季県予選の初戦で、甲子園出場経験のある星林に2―1で勝利した。「野球はチームみんなで本気で戦ったら勝てるチャンスが与えられる種目」。そう感じた、今も忘れられない勝利の記憶だ。

指導では、入場行進の手を振る角度の練習など、礼儀やあいさつなどの基礎習得に心血を注いだ。「たとえうまく野球ができなくても、できることを抜かずにやる」。このモットーは貴志川時代が原点だ。
現在、監督を務める橋本では、部員への指導の軸に「感謝の気持ち」を据えている。チームバッグなどにある刺繡の文字は「Thankful for everything」。ノックの練習では、球児からノッカーへの「ありがとうございます」という感謝の言葉が飛び交う。「世の中でも人に大切にされる人に育ってほしい」との思いを込め、指導に当たる。

育成功労賞の受賞を「家族や野球関係者、球児ら、これまでたくさんの人に支えられた結果。大器晩成ですね」と照れたように笑い、「いつまでやるかわからないけど、自分も日々成長しながら、甲子園への夢を持ち続けたい」と話した。

カラオケ名実況の植草貞夫さん名言誕生秘話語る 29日のFM高校野球特番
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000003-kobenext-l28

今夏の全国高校野球選手権第100回大会の節目に合わせ、兵庫県西宮市と芦屋市のコミュニティー放送局「さくらFM(78・7メガヘルツ)」が29日、高校野球の歴史を振り返る特別番組を放送する。
甲子園球場のお膝元にある同局の開局20周年事業として企画。38年にわたり高校野球で実況中継を担当した、元朝日放送アナウンサーの植草貞夫さんや、日本高野連理事の田名部和裕さん、朝日新聞編集委員の安藤嘉浩さんらが出演する。

座談会やインタビューなど約1時間のプログラム。植草さんが実況で生み出した名言「甲子園は清原(和博選手)のためにあるのか!」(1985年)が誕生した秘話や、延長18回まで続いた箕島対星稜の激戦(79年)などを熱く語る。球場周辺の郷土史のほか、試合開始のサイレン音や応援のブラスバンド演奏を取り上げて球場の魅力に触れる内容もある。

番組は237局に無料配信し、全国で放送される予定。同局の北村英夫社長(69)は「地元の放送局として気持ちを込めて作り上げ、全国に100回記念の祝福ムードを広げたい」と意気込む。
放送は29日正午~午後1時。再放送は8月2日午後8時半~9時半、同4日午後1時~2時。番組制作費などに充てる協賛金(1口千円から)を22日まで受け付ける。さくらFMTEL0798・37・5512

GOOD!【南大阪】興国 古豪の夏が始まった 主将の意地だ!延長11回、荒木がV撃
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00000114-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念南大阪大会1回戦 興国9―5岸和田産(延長11回)(2018年7月8日 南港中央球場)

 第50回大会の優勝校・興国が苦しみながらも初戦を突破した。3点差を9回に追いつかれ、延長戦へと突入。5―5で迎えた延長11回1死二塁の好機に、主将の荒木翔太内野手が右翼線へ適時二塁打を放ち勝ち越した。

「3年間やってきたことを出すだけでした。自分がこのチームを引っ張ってきたし、何とかしたかった」

125人の部員をまとめてきた主将の一打で打線がつながり、この回、一挙4得点。粘る岸和田産を振り切った。滋賀・甲西中出身。「レベルの高い大阪で勝負して甲子園に出たい」と興国に進学した。30年ぶりに8強へ進出した昨夏の大阪大会も全6試合に出場し12打数5安打6打点の活躍。新チームからは主将に就任し、昨秋は4強進出に貢献した。

村野工(兵庫)を2度の甲子園に導き、法大助監督も歴任した田中英樹監督は「1回戦負けもあり得るという緊張を持って臨んだ試合でした。9回に逃げ切らないといけませんが、勝ちきることも大事。勝ちきってこそ、次に進める。100回を意識しない方が無理。周りの期待を正面から受け止めて戦っていきたい」と振り返った。1975年以来43年ぶりの甲子園を狙う今夏。2回戦は古豪・八尾と対戦する。

ブーイング電光掲示板が豪雨で故障、球児の名前表示できず 滋賀
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL784673L78UTQP01H.html

第100回全国高校野球選手権記念大会の滋賀大会で8日、西日本豪雨の影響で、開会式と開幕試合を含む2試合があった皇子山球場の電光掲示板に選手名が表示できなくなるトラブルがあった。

球場によると、想定外の雨量で掲示板の内部が水浸しになり、電気系統がショート。前日のリハーサルで不具合が発覚して業者が修理にあたり、スコアやカウントなどは通常通りに使用できるようになったが、選手の名前を表示する部分は元に戻らなかった。復旧にはしばらく時間がかかるという。

開会式の前から場内には、不具合を知らせる放送が繰り返し流れた。開幕戦を戦った安曇川の芝山恒太郎主将(3年)は、「放送で知ってはいましたけど、プレーでみせればいいと思っていました。試合中は全く気になりませんでした」と言い、「記念大会で開幕戦を戦えて、誇らしかった。この場所でできて楽しかった」と晴れ晴れとした表情で振り返った。

ブーイング記録的な大雨、九州各県で高校野球中止相次ぐ 球場内に土砂も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180708-00010008-nishispo-base

7日は南・北福岡、佐賀、大分、宮崎、鹿児島の6大会が開幕する予定だった。南・北福岡と佐賀は6日に開会式と試合の中止を決定していたが、大分も開会式、試合を8日に順延した。鹿児島と宮崎は開会式のみ実施した。佐賀は各地で大雨の被害が出たことから、10日に開会式と1試合(唐津商-唐津青翔)を行う。

南・北福岡はヤフオクドームで行う予定だった合同開会式を中止。福岡県高野連によると、過去に甲子園優勝を経験した往年の選手による始球式は取りやめとなったが、式中に流す予定だったプロ野球選手によるビデオレターは何らかの形で公開する予定だという。

使用予定の球場も大雨の影響を受けており北福岡大会の会場となる飯塚市の筑豊緑地野球場は付近の道路が崩落。球場内も土砂が流れ込み12日まで使えなくなったため、使用球場の変更を含む新しい日程を発表した。

野球ジャガー丈二さんへ
公立同士の夏の地方大会決勝は徳島ならしょっちゅうあるでしょうが、その他は難しいですね。
今年の鳥羽の力量は分かりませんが、乙訓も平安や東山といった私学のカベがあるので簡単にはたどり着けないかなと。。。

始球式のセレモニーですが、センバツは毎日第1試合前に小学生の始球式が定着してますが、夏は開幕試合だけ大人がやっていたので今回はいい試みかなと。悲しいかな昨日、京セラドームで黒田を見ることはできず、桧山も16日までお預けを喰らったようで・・・・・。
いずれにせよ20年前の夏の開会式前にジャニーズjrを呼んで、セレモニーしたことを考えればこっちの方がよいかと。

特待問題は11年前にずいぶん厳しくやって春季大会で相次ぐ出場辞退によるグダグダ感があり、最後は球審・桂の激辛ストライクゾーンで広陵が撃沈する事態もありましたが、最近は全く話題にも出てこないですね。

大阪の16歳の投手については全く知らないですが、いつだったか阪神に入団したツジモトという15歳で阪神にドラフト指名された投手のように話題先行で終わらないことを願いたいですね。
できれば高校野球で実績を作ってからでもメジャーは遅くないと思いますし、マック鈴木のような例もありますが、彼は滝川二中退なんで、、、中卒だと野球人生が終わってからどうするのか難しい面もありますが、健闘を祈りたいですね。

P・S ここ数日の豪雨で、どうなることなと思いましたが、結果的に当初の予定通り 京セラドーム~皇子山で無事開会式見物できました!! 黒田の始球式消滅に皇子山球場のスコアボード故障そして4試合中3試合がコールドゲームとストレスもありますが、ホッと一息ついてます。

次回は14日に紀三井寺で4試合観戦。和智弁が第4試合登場ゆえに帰りのバスが心配ですが・・・・。熱中症に気を付けて頑張ります。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 7月 8日(日)18時06分34秒 i58-95-173-124.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日も座談会の続き。

A ところで、俺は前に「平安は正直どうでもいい」と言ったが、

それ以外の立宇治や翔英、東山や成美、京都国際や外大西などの私学も、

正直どうでもいい。俺は、そういう私学より公立の方が好きだから、

今年は乙訓と鳥羽が決勝進出して、決勝で戦って欲しい。

これは「予想」ではなくて「個人的願望」だがな。

E しかし、その乙訓の投の二枚看板は「まだまだ物足りない」し、

春からの進化、成長が無ければ、

夏はあの二人は、打力のあるチームには打たれる気がする。

それに、大会直前の最後の練試では、川畑も富山もよく打たれて、

(一試合目に)ボコボコにされての大敗!

他府県のチーム相手ではあったが、

いくら「公式戦と練試は違う!」と言っても、

大会直前でこれでは不安じゃないか?俺は不安だと思う。

D ところで、話は変わるが「今年は100回記念大会だから!」と、

元甲子園球児を何人も甲子園に呼んで、

今年の甲子園の大会中の試合前に始球式をして貰おうとしているが、

あいつらを始球式で投げさせて、何の意味があるんだ?

大した意味ねえだろー!こんなの単なるセレモニーだ!

始球式とか、単なるセレモニーなんかどうでもいい!

そんな意味の無い小手先のことでお茶を濁すのではなく、

この際、高校野球、甲子園大会の色々指摘されている

問題点を大幅に改善し、大胆な改革をやって貰いたい!

C たとえば?

D たとえば、いろいろ言うと長くなるから、

とりあえず一つだけ言うなら、

スカウトや選手獲得を、やり過ぎているところがある。

有望選手を全国から集めまくり、しかも有望選手獲得のために

「接待」したり「金品を渡す」などの黒い噂まである!

もし、こういう汚い行為が事実なら大きな問題だし、

こういう「野球バカ学校」「野球バカ高校」の

行き過ぎた強化やスカウト行為には、

厳しい規制、規則を作って、守らなかったら厳罰にしていい!

それに、ロクに勉強もせずに野球ばかりやっている。

C ただ、高野連の奴らには、改革は無理だと思うし、

そもそも「改革をやろう!」という気は全く無いだろう。

あいつら古い保守的な考えの連中で、自分たちの利権を守ることや

金儲けばかりを考えている改革の嫌いな奴らだと思う。

これは、政治の世界と似ている。

「自分たちさえ美味しい思いをして、儲かればそれでいい!

改革なんか必要ない!今のままでいい!」と思っているからだ。

だから、どうせ改革なんてやらないし、

それに「こいつは改革しそうだな!」と感じる人物は、

(そういう奴に改革されたくないから)

絶対に高野連の役員の中に入れないと思う。

D ただ、役員がオッサンやジジイばかりでは、

「考えが古くて、保守的で改革しようとしてない!」

と批判されると思ったのか、オバハンも二人ほど入れたようだが、

これは「改革してるフリをする!改革しているように見せるための

単なるパフォーマンス!」だろう。

E ところで、既に報道されているが、大阪の16歳の投手が、

「甲子園よりアメリカで野球をしたい!」「甲子園出場より、

将来メジャーで活躍したい!」と思い、大阪桐蔭の熱心な誘いを断り、

アメリカに行く決断をした! こういう選手もいるんだな。
 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 7日(土)23時57分0秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  炎【和歌山】桐蔭が激励会、“皆勤”で夏開会式参加も坂本主将「甲子園勝ち取る」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000140-spnannex-base

第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会(11日開幕・紀三井寺球場)に出場する桐蔭(和歌山)のOB会主催の激励会が7日、和歌山市の紀三井寺ガーデンホテルはやしで開かれ、夏は1986年以来32年ぶり、春を含めれば21世紀枠で出場した2015年選抜以来3年ぶり、春夏通算37回目の全国大会出場を誓った。

壇上であいさつに立った主将の坂本雄冴(3年)は「今年のチームはどこからでも点が取れる切れ目のない打線が特徴です。勢いに乗って甲子園を勝ち取ります」と話した。
旧制和歌山中の桐蔭は1915(大正4)年の第1回大会から一度も休まず、予選に出場し続ける。全国に15校ある皆勤校の主将が今夏の開会式(8月5日・甲子園球場)に招待参加する。坂本主将は「もちろん、全員で行進したい」と意気込んだ。

10度目の夏に臨む伊藤将監督(38)は「毎年、甲子園に行く可能性を何パーセントかでも上げようと、選手の特徴を生かすチーム作りをしてきました。今年の売り物は打撃です」と話した。
新島壮OB会長は井口新次郎、小川正太郎、西本幸雄と野球殿堂入りしたOB3氏の功績を紹介したうえで「泥臭くても構いません。チーム一丸となって、戦う気持ちを忘れずに夏に向かってください」と励ました。

初戦は15日、シード校の初芝橋本と対戦する。来賓として出席した清水博行校長は「昨年も初戦でシード校(紀北工)を破って勝ち上がった。シード校との対戦も運がいい、ついていると思ってやってください。一緒に校歌を歌いましょう」と訓示した。
激励会の後は恒例のすき焼き鍋を囲み、OB、現役、保護者一体となり「熱い夏」へ向かう。

ブーイング【南北大阪】黒田博樹氏、悪天候のため移動できず始球式中止に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000142-sph-base

第100回全国高校野球選手権記念南・北大阪大会が7日、京セラDで開幕した。広島、米大リーグのヤンキースなどで活躍した上宮高OBの黒田博樹氏(43)が始球式を務める予定だったが、悪天候のため大阪に移動することができず、中止になった。

高槻北と大産大付の試合前には、黒田のメッセージが球場内に放送された。「この度は第100回全国高校野球選手権記念南大阪大会、北大阪大会開幕戦の始球式のマウンドに立つことを楽しみにしておりましたが、大雨の影響でそちらにお伺いできなくなり、とても残念に思います。球児の皆さん、そして残念ながらグラウンドに立つことができなかった球児の皆さんも、高校野球の3年間の経験を、今後の様々な人生の可能性を広げるものだと思います。それぞれの第100回記念南・北大阪大会を楽しみ、そして完全燃焼していただきたいと思います」

ブーイング高校野球の開幕、豪雨で再延期相次ぐ 広島・京都など
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL775CY3L77PTIL026.html

第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会は、8日に順延された東・西兵庫、京都、広島、徳島の各大会の開幕が、西日本豪雨の影響でさらに延期された。
都大会の開会式と開幕試合は9日へ、広島大会の開会式と開幕試合、開会式を中止した東・西兵庫大会の開幕試合は11日へとそれぞれ延期された。

徳島大会は8日の開会式を中止し、12日に開幕試合をする。京セラドーム大阪が会場だった南・北大阪大会は7日に予定通り開幕した。8日に開幕予定の滋賀大会は同日開会式をし、天候次第で開幕試合をする。
南・北福岡大会もヤフオクドームで合同開会式を開く予定だったが、取りやめとなった。大分大会の開会式は8日に延期。佐賀大会は6日に開会式の中止を一度決めたが、選手に開会式に出席させたいという強い要望があり、再検討して、10日に実施することを決めた。

GOOD!82歳の利根商・豊田監督が逆転勝ちに涙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00260726-nksports-base

<高校野球群馬大会:利根商6-3西邑楽>◇1回戦◇7日◇上毛新聞敷島球場

第100回全国高校野球選手権群馬大会の開幕カードは、82歳監督が率いる利根商が涙の勝利を飾った。
2点を追う7回。打線がつながり一挙5点を奪って逆転に成功。2番手の設楽直哉投手(3年)が踏ん張り、初戦突破を果たした。

今夏限りで退任する豊田義夫監督(82)は「子どもたちのおかげ。孫たちのおかげ」と涙ながらに喜んだ。
2回戦に駒を進めた利根商は、14日に前橋と高崎東の勝者と対決することになった。

GOOD!【北大阪】大産大付快勝 元ソフトB捕手・田上監督初陣飾る 鮮やか逆転「自信はあった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180707-00000116-spnannex-base

◇第100回全国高校野球選手権記念北大阪大会1回戦 大産大付10―3高槻北(2018年7月7日 京セラD)

ソフトバンクの強打の捕手だった大産大付の田上秀則監督(38)が夏の初陣星を挙げた。南北大阪大会の開幕戦となった京セラドーム大阪での高槻北戦に10―3(8回コールド)で勝利。学生野球資格の導入後、大阪府では元プロ監督の夏の勝利は初めて。初回に2点を先制されたが「3点まではあげていい。10点ぐらい取れる自信はあった」と力を入れている打線で挽回した。

2月に母校の監督に就任し、「その気になる子は一気に伸びる。日々の成長が分かる」という点にやりがいを感じている。同時に、高校生に教える難しさも感じ「(プロと違って)感覚を伝えても伝わらない。なぜ、と説明する指導を心がけている」と生徒一人一人と向きあう。

北大阪大会の初戦を突破し「負けたら終わり。相手はどこでもやることは同じ。油断をしないこと」と気を引き締めていた。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 6日(金)23時46分27秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  メモ各県大会決勝戦の試合時間(2011年)

9時30分  新潟・熊本・大分

10時    岩手・茨城・埼玉・千葉・山梨・長崎

11時    西東京

12時    栃木・愛媛

12時30分 群馬・長野・三重・滋賀・和歌山

13時    北北海道・南北海道・青森・秋田・山形・宮城・福島・東東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・富山・石川・京都・大阪・兵庫・奈良・岡山・広島・鳥取・島根・山口・香川・高知・福岡・佐賀・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時10分 福井

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2012年)

10時    岩手・栃木・茨城・群馬・埼玉・千葉・長野・大分・熊本

10時05分 福井

10時30分 山梨

11時    和歌山

12時    愛媛

12時30分 三重・京都・滋賀

13時    北北海道・南北海道・青森・秋田・山形・宮城・福島・東東京・西東京・神奈川・静岡・愛知・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・奈良・岡山・広島・鳥取・島根・山口・香川・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2013年)

10時    岩手・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・長野・福井・山口・大分・熊本

11時    滋賀・和歌山

12時30分 三重・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・秋田・山形・宮城・福島・東東京・西東京・神奈川・山梨・静岡・愛知・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・京都・奈良・岡山・広島・鳥取・島根・香川・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2014年)

10時    茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・長野・福井・山口・大分

10時30分 熊本

12時    和歌山

12時30分 三重・滋賀・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島・東東京・西東京・神奈川・山梨・静岡・愛知・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・京都・奈良・岡山・広島・鳥取・島根・香川・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2015年)

10時    茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・長野・福井・山口・大分

10時30分 熊本

12時    和歌山

12時30分 愛知・三重・滋賀・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・福島・東東京・西東京・神奈川・山梨・静岡・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・京都・奈良・岡山・広島・鳥取・島根・香川・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2016年)

10時    茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・長野・福井・山口・大分

10時30分 熊本

11時    福島

12時30分 愛知・三重・滋賀・香川・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・東東京・西東京・神奈川・山梨・静岡・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・岡山・広島・鳥取・島根・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

メモ各県大会決勝戦の試合時間(2017年)

10時    茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・山梨・長野・福井・山口・大分

10時30分 熊本

11時    福島・神奈川

12時30分 愛知・三重・滋賀・香川・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・岩手・秋田・山形・宮城・東東京・西東京・静岡・岐阜・新潟・富山・石川・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・岡山・広島・島根・高知・福岡・佐賀・長崎・宮崎・沖縄

13時05分 鹿児島

13時30分 徳島

14時    鳥取


メモ各県大会決勝戦の試合時間(2018年)

10時    茨城・栃木・群馬・北埼玉・南埼玉・東千葉・西千葉・東東京・西東京・長野・福井・大分

10時30分 熊本

11時    福島・北神奈川・南神奈川・山梨

12時30分 山形・東愛知・西愛知・三重・滋賀・香川・愛媛

13時    北北海道・南北海道・青森・岩手・秋田・宮城・静岡・岐阜・新潟・富山・石川・北大阪・南大阪・東兵庫・西兵庫・京都・奈良・和歌山・岡山・広島・島根・山口・高知・北福岡・南福岡・佐賀・宮崎・沖縄

13時05分 長崎・鹿児島

13時30分 徳島

14時    鳥取


メモ監督と受験生の二刀流 和歌山高専・中芝監督
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6Y3RS5L6YPXLB008.html

「雨が降るから道具はしっかり片付けるように」。全体練習の後、和歌山高専5年の中芝海渡監督(20)はそう言い残し、自主練をする選手たちを横目にグラウンドを後にした。6月下旬、夏の大会まで3週間を切っていた。だが、選手たちの自主練を見る余裕はない。帰りの電車の中で気持ちを切り替える。選手たちががんばってるんだから、自分も――。

5年制の和歌山高専には、野球部を「卒業」して1年経った4年生が、5年の夏まで監督を務める伝統がある。中芝監督は2年前の夏に主将としてチームを8強に導き、昨夏の大会が終わった後、監督に就任した。そして12月、進路を決めた。「教師になって、高校野球の監督になる」。編入での大学進学を決意した。
学生監督と受験生の二刀流の生活。学校では卒業研究にも取り組む。授業が終われば練習に行き、練習が終われば受験勉強にいそしむ。時間が惜しい。

グラウンドには受験生としての自分は持ち込まない。選手たちにも受験のことは伝えていない。「本当はもっと自主練を見てあげたいんですけど……」。そんな気持ちを抱えつつ、後ろ髪を引かれるように帰路につく。「正直、気持ちはごちゃごちゃです」。夏の大会開幕の3日前の今月8日には、大学の編入学試験を控えている。これまでの学生監督の進路はほとんどが就職。大学に進んだケースはあまりない。

■葛藤抱えながら

監督としても、葛藤を抱えながら選手に向き合ってきた。「他校の監督に比べて、自分は知識も技術も劣る。選手たちは皆いいものを持ってるんですけど、それを伸ばしてあげられるだけの指導力がない」。試合をすれば他校の監督と自らを比べ、指導者としての力の無さを感じた。憧れるのは、智弁和歌山の高嶋仁監督。動画サイトで高嶋監督の動画を見た。自分の指導は本当にこれでいいのか、自身に何度も問いかける高嶋監督の姿勢に感銘を受けた。

他校の監督に負けないものを問われれば、「若さしかないですね」と答える。ときには選手よりも早くグラウンドに来てノックの練習をした。礼儀と、道具を大切にしなさいと選手たちに言い続けてきた。自ら率先して道具を大切にする姿勢を示そうと、ボール拾いもした。教えが根付いてきたとき、喜びを感じた。マネジャーはほつれたボールを縫い、選手たちは練習後、熱心にボールを探す。

選手たちには厳しく接する。練習中、その顔に笑顔はない。主将の永井亮君(3年)はチームで一番怒られてきた。「監督と主将が一体にならんと勝てんって言われ続けてきて、自分にも監督の厳しさが乗り移ってきた」。マネジャーの吉野友以奈さん(3年)は「海が近くて冬はめっちゃ寒いのに、監督は絶対に部屋のなかに入らない。自分にも選手にも厳しくて、弱いところを見たことがない」と話す。

夏が終われば、監督としての生活も終わる。大会に向けてわくわくしているが、寂しさは感じていない。「でも、終わったら寂しくなるんでしょうね」。選手たちにとって良き指導者でいられたのか、今はまだわからない。

ブーイング高校野球の地方大会、大雨で開幕延期相次ぐ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000128-asahi-spo

第100回全国高校野球選手権記念大会の地方大会は、7日に予定されていた東・西兵庫、京都、広島、徳島の各大会の開幕が、大雨の影響で延期されることになった。南・北大阪大会は同日午前11時から、京セラドーム大阪(大阪市西区)で開会式を予定通り実施する。始球式は広島や米・大リーグで活躍した、上宮OBの黒田博樹さん(43)が務める。

東・西兵庫大会は明石トーカロ球場(兵庫県明石市)で7日に予定していた開会式を中止し、開幕試合は8日以降に延期。京都大会は日程をすべて1日順延し、わかさスタジアム京都(京都市右京区)の開会式は8日、決勝は26日予定となった。広島大会はマツダスタジアム(広島市南区)で予定していた開会式と開幕試合を8日に順延する。

徳島大会は開会式を8日、開幕試合は12日に延期する。徳島商OBで元中日の川上憲伸さん(43)が始球式をする予定だったが、日程変更で都合がつかず、中止に。川上さんは「100回記念の始球式で登板できることを光栄に思い、楽しみにしていた。天候に恵まれず本当に残念」と話した。

岐阜大会は7日に予定していた開会式が14日に延期になった。佐賀大会は7日に予定していた開会式が中止になった。

ブーイング南北福岡大会の開会式と開幕試合中止 大雨の影響で
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00260199-nksports-base

福岡県高校野球連盟は6日、大雨の影響で、7日に福岡市のヤフオクドームで行われる第100回全国高校野球選手権記念大会の南北福岡大会の開会式と開幕試合の中止を発表した。

昨夏に続き開会式は行わず、7日に試合日程が組み直される。この日、同連盟は昼前に開会式を午後1時に変更すると発表。開幕試合は南福岡の福岡農-八女(午後3時開始予定)の1試合のみ行う予定だったが、午後8時に開催困難との判断で中止順延が決まった。

ブーイング雨にたたられ、連日の順延 頭痛い高野連、選手、保護者 夏の甲子園県大会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000008-ryu-oki

第100回全国高校野球選手権記念沖縄大会の2回戦が、台風7号以降に続く降雨の影響で連日、順延の憂き目に遭っている。5日は那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇など3球場5試合が6日に持ち越し。中でも首里東―浦添商は当初予定から1週間順延となった。7日から開始予定の3回戦を前に、ぎりぎりまで2回戦を行う事態に、県高野連関係者は「雨でこんなに順延したのは記憶にない」とはらはら。「よい環境で試合をさせたい」と選手本位を第一としながらも、試合の迅速消化も図る必要があり、日程設定に苦慮する。一方、連日仕事などをやりくりして駆けつける選手の保護者らも順延続きに「(会社を)首にならないか心配」と苦笑しながら6日の好天を願った。

首里東―浦添商の2回戦は当初、6月30日に予定していた。そこから待つこと6日目のこの日も順延となり、そろいの紫のシャツを着た浦添商の20人ほどの親たちに落胆と苦笑が重なった。保護者の一人、前原麗子さんは「(浦添商は)2年前にコールド負けした。絶対に応援で後押ししたい」と空を見上げた。

「親が一番大変」と浦添商の宮城隼人監督は話す。生徒らも連日、学校とその日の会場を行ったり来たりの日々だ。「選手らは多少の待ち疲れもあるが、早く試合がしたい。大雨でも雷でも『なし』と決まるまではやるつもりでいるよう伝えている」と引き締めた。約15年の野球部監督歴でもこんなに長く待つのは「初めて」と言う首里東の川満亨監督。「しょうがない。選手にもいい経験になる」と前向きに捉えた。

コザしんきんでの第1試合が流れた中部商業。比嘉照人主将は「1日からほぼ毎日朝6時に学校に集合し、球場に来ている。チームのモチベーションを保つのは大変だが、いつでも試合に臨める準備をしていきたい」と意気込んだ。

県高野連の前川等副理事長によると仕事を休みながら出場する球審もいて、やりくりにも四苦八苦しているそう。平日の日程についても「選手を一番に考え、グラウンドのよい状態で試合をさせたいが、試合も消化しないといけない」と悩ましい胸の内を語り、天候の回復を願った。

野球ジャガー丈二さんへ
早々に京都大会開会式と2試合が1日順延と決まりましたね。僕にとっては、行く予定がなかったところでわかさS京都で開会式観戦できる恩恵にあずかり個人的にはラッキーかも!?と。

しかし、今日は阪急電車が一時ストップして朝はかなりの遅延でドタバタしながら宝塚~本町まで通勤し、かろうじて遅刻回避してタイムカード押して、阪急電車の運休を知らずにあえて大阪港に寄り道して喫茶店で時間をつぶし、梅田についたころには運転再開で徐行運転でボチボチ帰ってきました。。。
明日も電車が動くか心配ですが、京セラドームで21年連続開会式見物したいと。

さて、平安の今季についてはあまり見ていないので分からないですが、小寺投手がいるので強いかなと思ってます。数年前から100回大会で甲子園で勝つことを目標にチームを作ってきただろうから簡単には負けないかなと。
原田監督が精神面を鍛えていると思うのであまり崩れないかなと思いますが、昨夏は決勝で音を立てて崩れたので、、、、、

立命宇治は甲子園で勝てるイメージがわかないので、なんともですが卯瀧監督就任前からつかみどころのないチームといった感じで見てますね。思いっきり強打を看板にするわけでもなく、投手力を全面に押し出すわけでもなく・・・・・。なんとなく上の方に来ているなあという感じですね。

甲子園で一番勝つ可能性があるのは乙訓と思ってますが、「何でもかんでも走ればいい!」というきらいは感じますね(笑)。鳥羽や雅美監督がいた頃の育英とダブるイメージがありますが、健大高崎ほど洗練されてはいないようですが、投手力が高いのである程度冒険できるのかなと思います。

もしかしたら平安との死闘で燃え尽きて、準決勝で相性の悪い東山にサクっと負ける可能性も無きにしも非ずですが・・・・・。甲子園で勝つなら1に乙訓2に平安であとはちょっとしんどいかも?というのが本音ですが、1回戦で55校のどこかと対戦するのでくじ運に恵まれて1勝できる可能性もあるので近畿の代表として優勝校には期待します。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 7月 6日(金)17時22分13秒 i125-201-5-254.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日は、前回の座談会の続きを・・・

C ところで、平安の主砲松田は、春の東山戦ではマークされて

ノーヒットだった。大会前なので、今は詳しくは言わないが、

「ウイークポイントは、やはり〇〇なのかな」と思った。

A 平安はメンタルも課題。これは前にも言ったが、近年大人しい感じ。

それと、一旦崩れ出すと歯止めが利かなくなり、

ガタガタと崩れるモロさを露呈することが何度かあったし、

苦しい状況になった時に、それを跳ね返す逞しさが無かったから、

そういう課題を克服できたかどうか・・・

これも、夏の府大会を制するためには重要なポイント。

B 次に、これは去年夏も言ったが、立宇治の西成は、

身長が190センチ近くもあり「大器」と言われ、角度があるが、

まだ体が細いし、特に下半身の細さが気になる。

下半身がもっと大きくなったら、

もっと素晴らしい球を、投げることが出来るのではないか・・・

C 彼は、府内の格下相手なら安定感があるが、

(去年秋以降の公式戦で)まだ府内の強豪相手には投げてないはず。

乙訓戦、翔英戦では、確かまだ投げてないはずだし、

平安、東山とは対戦が無いし、

こういう強豪相手に、どこまで投げられるかは未知数だ。

D 次に乙訓は、機動力を使って点を取ろうとしているようだが、

それ以上に、まず打力を上げるべきだ。

安易に「機動力を多用して点を取ろう!」と考えるべきではない。

確かに機動力も必要だが、あまりそれに頼り過ぎるべきではない。

それより、更に打力を上げることの方が大事だ!

もちろん機動力を使うべきケース、そういう攻撃が成功する

確率が高そうなケースではやるべきだが、

ただ闇雲に「何でもかんでも走ればいい!」というものではないし、

やり過ぎて暴走になってしまう危険もある。

相手バッテリーの力量や相手の守備力、試合状況を判断してやるべき。

B それに、そもそも走者が出なければ機動力も使えないし、

相手バッテリーがしっかりしている場合や

4、5点以上リードされてしまうと足も使い辛いし、

使ってもあまり相手にはダメージにならず、

そういう試合状況では、あまり効果的とは言えない。

練試では、ダブルスチールを決めて決勝点を取ったり、

あまり打てない場合を想定して、そういう攻撃を試しているようだが、

公式戦でそれをやるかどうかは分からないし、

もしやっても、上手く決まるかどうかは分からない。

接戦の試合の重要な場面で、もしそれが決まれば効果的ではあるが・・・

E それと、俺は前に「富山は、夏までに成長、進化が必要!」と言ったが、

それは富山だけではない。川畑も、もし春からの成長が無い場合は、

夏は打力のあるチームには打たれる気がする。

これまでのように、主に力で押す投球だけでは夏は通用しないから、

変化球もレベルアップが必要だし、直球、制球も更なるレベルアップが必要!

A ところで、平安は準々決勝で乙訓と激突する可能性が高いから、

とりあえずの目標を「打倒乙訓!」に絞って分析、研究をしてるかも知れない。

あの組み合わせなら、それをやり易い組み合わせにはなった。

逆に乙訓は、とりあえずの目標を「打倒平安!」に絞れるかと言うと、

あの抽選結果だと、必ずしもそうはいかないかも知れない。
 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 5日(木)23時14分4秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  メモ冬はラグビー助っ人フランカー 花園の先に甲子園見据え
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6Y3TR3L6YPXLB00H.html

「ラグビー部行くか?」

2年前の10月、星林高校(和歌山)の廊下。当時1年生だった野球部の法眼勇太郎君(3年)は、野球部の岩尾元監督(47)にそう声をかけられた。はじめは冗談かと思った。

ラグビー部は当時、部員数が10人余り。試合に出られる15人に満たず、新人戦に出場するために期間限定で助っ人を探していた。「体力があって、ガッツのあるやついませんか」。ラグビー部の庄田光一監督(35)が岩尾監督に相談し、白羽の矢が立ったのが校内のマラソン大会でトップクラスの法眼君だった。
「野球の技術はさっぱりだし、期待されてないのかもしれない」。声をかけられた法眼君は悩んだ。ラグビーの大会は、主に野球のオフシーズンにある。「筋トレもして体力つくし、経験を積んでこい」。ラグビー経験はないが、岩尾監督にそう送り出され、ラグビー部の門をたたいた。

大会までの約2カ月間、ラグビー部で練習をした。加入後すぐにあったミニゲームでは強烈なタックルを受けた。同じグラウンドで練習している野球部員たちを横目に、「こんなん野球やったら考えられん。早く野球部に戻してくれ」と思った。
しかし、きつい練習に耐えると、成長を感じた。筋力もついてきた。2年生になっても助っ人として呼ばれ、大会前に1カ月ほどラグビー部に行った。与えられたポジションは「フランカー」。体力と走力、そしてタックルをする勇気が必要なポジションだ。花園を目指す昨秋の県大会では1勝して8強、今年1月の新人戦でも1勝して4強に入った。ラグビー部の庄田監督は言う。「ラグビー選手としては抜群ですね。何よりハートの強さには部員たちも刺激を受けています」

大会には野球部の仲間たちが応援に来てくれた。今年1月の大会後、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で「応援ありがとう。明日から戻ってホームラン連発するからよろしく」とメッセージを送った。「おつかれ、よかったぞ」「またがんばろう」と返事が来た。それがうれしかった。
野球選手としては、1年の夏も2年の夏もベンチ入りを逃した。入学後の1年半は打てない時期が続いた。一時期は悩んで左打者に転向したときもあった。不安をかき消すように、ラグビーの練習後にも素振りやキャッチボールをした。

ラグビー部に行って変わったのは、トレーニングへの意識。「体作りの大切さが身に染みた」。この1年で5キロほど体重が増え、打球の飛距離が伸びた。昨秋に新チームになってからは、練習試合で本塁打を4本放っている。佐藤駿主将(3年)は「法眼はチームで一番打撃が伸びた。去年まではヒット打ったら『うわ、珍しい』って思うほどだったのに」と話す。

今夏は外野手と捕手の控えとして、好機での一打を期待されている。大会にはラグビー部の仲間が応援に来る。「野球が終わったらまたラグビー来いよ」。そう言われている。「花園に行けるチャンスに感謝しています。でも、今はとにかく甲子園を目指すことしか考えていない」。好投手を擁する和歌山東との初戦は14日。「どんないいピッチャーでも、チャンスをもらえたら一打席で仕留めたい」。ラグビー部で培ったパワーを自信に、夏の出番をうずうずして待っている。

メモ野球と「勧誘」の二刀流 紀北農芸
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6Y3TNNL6YPXLB00G.html

「ボール球は振らんでいいぞ」。マシン打撃をする体操服姿の生徒に、野球部員が声をかける。が、半分ほどはバットが空を切る。
6月下旬、紀北農芸高校のグラウンド。練習に参加しているのは「体験入部」の生徒たち。この日は3人が参加していた。ボールが外野に飛ぶと、「おっけー! ナイスバッティング!」と部員たちから声が飛んだ。

今年4月、野球部に衝撃が走った。1年生が1人も入部しない――。部員たちは休み時間に1年生の教室に行って経験者を誘ったが、「野球よりバイトがしたい」「ぜんそく持ちだからできない」。そう言われて断られた。
選手は3年生7人、2年生5人の計12人。3年生が今夏で引退すれば、2年生5人のみになる。1年生が入部しなければ、夏の大会後の新人戦出場が難しくなる。「さすがに何人かは入ってくれると思っていた」。部員たちは危機感を強めた。

2年生部員を中心に勧誘を始めた。同じクラスの友人に手当たり次第に声をかけた。「人数足りないから来てくれやん?」「練習見に来て」。初心者でもよかった。「丸刈りになるのは嫌」「大会でテレビに映るから恥ずかしい」。断られても誘い続けた。

まずは練習に参加して野球の楽しさを少しでも知ってもらえたら、もしかしたら入部してくれるかもしれない。そんな思いから自然と体験入部を実施する成り行きになった。粘り強く勧誘を続けた結果、5人の2年生から体験入部の承諾を得た。マネジャーの中西愉良さん(2年)は4人を連れてくる活躍。「やっぱり連合チームじゃなくて、自分たちの学校で大会に出たいから」

5月下旬、体験入部が始まった。参加者は週2~4回ほど練習に訪れる。夏の大会を前にした練習でも、部員とほぼ同じメニューを割り当てる。マシン打撃では部員と同じだけ打席に立つ。打席に立てば、部員たちから励ましの声が飛ぶ。強い打球のノックは受けられないが、部員たちが別メニューをこなしているときに軽くノックを受けることもある。中坂隆行監督(63)は「部員と同じメニューじゃないと楽しくないでしょう。今は『全力疾走しろ』ってわけにもいかないけど、入部したら自覚も出る。とにかく新人戦に出られたら」と話す。

体験入部をしている奥田大智君(2年)は野球経験がほとんどないが、この1カ月で「硬球にも慣れてきた」。入部するかどうかは「微妙」と言うが、「練習は楽しい。新人戦に出るくらいならいいかな」。中学まで野球をやっていたという大村亮太君(2年)も「普通に楽しい。新人戦には出るつもり」と感触は悪くない。

部員たちも手応えを感じている。籔本拓大君(2年)は「体験入部の友達と休み時間に野球の話をするようになった」と笑顔を見せる。「あまりしつこくならないように誘いたい。やっぱり3年間、野球をやりきりたいです」
3年生も思いは同じだ。中野崚太主将(3年)は、「後輩が大会に出られないのは悲しい。夏に1勝すれば、野球部に入りたいと思ってもらえるかもしれない。僕たちでもやれるんだと示したい」。野球部存続への思いを今夏の大会へとつなぐ。

メモ沖縄の高校野球はスタンドの応援が熱い。ブラスバンドはいない場合が多く…
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/278208?yahoo=y&utm_source=yahoo&utm_medium=http&utm_campaign=link_back&utm_content=related

沖縄の高校野球はスタンドの応援が熱い。ブラスバンドはいない場合が多く、部員の掛け声とアカペラが中心だが、各校に芸達者がいて独創性が高い。数年後の結婚式の余興が目に浮かぶ

▼替え歌の応援ソングにもはやり廃りがある。定番の「サウスポー」や「狙いうち」は徐々に減り、昭和のヒット曲「タッチ」や「パラダイス銀河」は絶滅寸前。「あまちゃん」は短命に終わったが、「さくらんぼ」や「ウィーウィルロックユー」の人気は根強い

▼近年の新定番は県産ソング「ダイナミック琉球」と「全開の唄」。どちらも独唱で始まり、全体の合唱になだれ込む。ドラマチックな曲構成が攻撃に移るチームを盛り上げる

▼冒頭のソロパートは各校の歌自慢が競う「聞かせどころ」。伸びやかな美声の女子生徒や歌の才能にあふれた野球部員を発見できる

▼数年前の甲子園取材の際、相手強豪校の監督が沖縄代表の応援歌「ハイサイおじさん」を「球場全体の空気が変わる。のみ込まれる」と選手のプレー以上に警戒していた。応援には試合の流れを変える力がある

▼劣勢からの逆転劇を呼び込む「魔曲」を持つチームもある。単なる他者の応援でなく、その場を「祭り」として楽しむ能動的な高揚感が選手に伝わるのではないか。100回目の夏の大会、チームを勝たせる応援団の出現に期待したい。

野球平安OBさんへ
軟式球は京都が発祥だったんですね!!ボールについて何も考えたことがなかったですが、興味深く読ませていただきました。

高校野球といえば、やはり硬式の試合が圧倒的に観戦回数が多いですが、軟式もごくたまに観戦しております。最初、明石で全国大会を見たときはボールが飛ばないし、外野が土と芝生の境目から数メートルの場所にいたりと違和感が強かったですね。

育英が全国制覇した時の決勝を観戦しましたが、それが最初で最後になるはずでしたが、母校・大商学園が2000年夏に2度目の全国大会出場を決めて明石で観戦(4-5で県岐阜商に初戦敗退)
観戦無料ということもあり、その年の秋に豊中ローズで近畿大会観戦して、2007年春には久宝寺で僕の近畿大会観戦。2012年秋は太陽が丘にも行き、今春は富田林へ足を運びました。

パンフレットも無料でもらえたし、天理の控え部員が太鼓1つで口ラッパと硬式では見られない光景もあり勝敗度外視で観戦でき、コールドの危険性もきわめて少ないのでノビノビ観戦できました。
現状、軟式高校野球は全国大会が夏の選手権のみで寂しいところですね。NHKラジオで決勝だけ放送してますが、知名度UPにTV放送など頑張ってほしいものです。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 7月 5日(木)17時54分21秒 softbank219029091140.bbtec.net
  京都新聞に載っていた話です。軟式野球で使用するゴムボールは、京都で発明、作られました。明治時代に野球が伝わり、大学、中等学校(現・高校)に広がりました。ただ、硬式球は高価で危険なため、子供には手が届きませんでした。子供たちは、軟式テニスやスポンジのボールを使って三角ベースで遊びましたが、打っても遠くに飛ばず、空気が抜けたり、割れたりと耐久性にも難がありました。大正に入り、京都の小学校の先生らが「少年野球研究会」を結成して、ルール制定やボールの開発に取り組みました。それに、仕事で学校に出入りしていた文房具商の鈴鹿栄が研究会に加わります。そして、鈴鹿栄が軟式のゴムボールを1918年に完成させました。1個30銭で売りに出されました。硬球は、1円50銭、牛乳が1、8リットルで50銭程度の時代。注文が殺到したらしいです。少年用ボールを使った大会が、1919年に京都で行われ、翌年には第1回の全国大会が兵庫の鳴尾球場で開催されました。最盛期には旧満州や朝鮮、台湾を含め3千チーム以上が参加。「小学校の甲子園」は夏休みの一大イベントになりました。
戦前から、小学校の野球(軟式)がこれほど盛んだとは知りませんでした。
 

じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 5日(木)00時51分39秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  8/10 3日目第3試合 おかやま山陽(岡山)-聖光学院(福島) 10:51~12:46

第2話 燃やせ!山高魂 全裸ランニングからの捲土重来

          一二三四五六七八九計HE
      聖光学院0211100106131 斉藤-佐藤晃
      山  陽000000000051 大江、小松-松岡

       第一試合  第二試合  第四試合
       航空石川6 花咲徳栄9 早 佐 賀
       木更津総5 開  星0 聖  心

 第1試合は航空石川の大逆転劇に酔いしれ、第2試合は開星がコテンパンにやられて意気消沈と明暗分かれる展開で、迎えた第3試合。甲子園球場の弁当を食べてスタンバイ完了。ここからおかやま山陽・聖心ウルスラ学園注目のチームが登場してくる。

まずはおかやま山陽。僕はてっきり創志学園が上がってくるかと思ったが、まさかのノーマークのチームが・・・。数年前、池村元監督が全裸ランニングを部員に課して逮捕された事件で一躍有名になったが、甲子園からは縁遠かった。赤のアンダーシャツが鮮やかなチームだが、堤監督が就任してチーム再建に乗り出しここまでたどり着いた。相手は11年連続夏の代表となった聖光学院。たしかにネームバリューでは完敗だが、ひょっとしたら今年は谷間の世代かもしれないと。

昨夏、マスカットで山陽の試合観戦しあの時下級生ながら大江&小松投手は登板していたし経験豊富だからなんとかなるのでは?と期待していた。
試合は13時19分プレーボール。おそらくじゃんけんで勝って後攻を取ったと思われる。大事な立ち上がり背番号10の大江投手がわずか8球で三者凡退に抑え期待が持てた。さらにその裏、1番・川田が右中間ツーベースで機先を制し、送りバントで1死3塁とここで先制できれば主導権を握れるが、さすがにピンチに強い試合巧者の聖光学院は3・4番を変化球攻めで連続三振に抑え流れをつかんだ。

2回表聖光は4番・柳沼が内野安打を放つとなんと強攻策で5番・仁平はレフトへ先制タイムリースリーベースを放ちこれで完全に山陽バッテリーは崩された。。。さらに6番・松本がライト前タイムリーを放ち一気に畳み掛けさらに2死1・2塁から1番・矢吹がライト前ヒットを放つも2塁走者をライト・森下の好返球でホーム寸前タッチアウト!まだ2点差なら何とかなるところでその裏、四死球などで1死1・2塁とするがここも斎藤投手が踏ん張りホームが遠い。

3回にはヒットとエラーで無死2塁のピンチを迎え、ここは手堅くバントで1死3塁。4番・柳沼が犠飛を放ち0-3と突き放され、さらに5番・仁平がツーベースで追い打ちをかけて息つく暇もなかった。
早く1点を返したいところだが、2死からヒットと死球でまたも塁上賑わすが、5番・安部が1-3からライトフライとピンチになれば強さを発揮する斉藤投手を攻略できない。

なんとなく開星よろしくこのままズルズル行きそうな気配漂う中盤。甲子園常連の聖光学院は4回2本の長打で1点を追加し、5回は3番・瀬川&5番・仁平の長短打でさらに1点を追加し、5-0とジワジワ差を広げる。甲子園初出場のおかやま山陽はたいがいの初出場校が雰囲気に飲まれて「あっという間に試合が終わってしまった・・・」という感覚に陥っているかもしれない。
4・5回と3三振を奪われエラーの走者1人が出塁しただけで5回終了で1時間21分を擁したが、21分で5回が終わった感覚ではないだろうか???

できれば1回裏の1死3塁のチャンスでクリーンアップに1本出ていればその後の展開が変わっていたと思われるが・・・・・。相手投手を落ち着かせてしまい、先取点を献上したことで完全に聖光サイドが勝機をつかんで自分たちの野球を展開し、スキのない野球で5-0と安全圏に入り、甲子園を満喫しているようだ。
ヒット数が10-2で山陽打線は2回以降外野にボールが飛ばないとなれば、この試合の興味は甲子園初得点できるかの1点に絞られる。。。あまりにも寂しい展開だ。

6回表2死1塁のピンチで4回途中からリリーフしている小松投手がけん制で走者を刺し、相手に油断が垣間見えた。ここで1点でも返せば流れが変わるかな?と感じた。その裏、1死から四球そしてようやく外野に打球が飛びライト前ヒットで1死1・2塁。打順が下位に向かうがもう打つしかない。なんとかしたかったが、斉藤投手のスライダー攻めにバットが大きく回りまさかの連続三振でなすすべがなかった・・・・・。

終盤一矢報いたい山陽は7回表初回以来、相手打線を3人で抑えラッキー7は9番・片岡がセンター前ヒットで2回以来先頭打者が出塁。普通に考えれば0-5でバッター1番。打たせるしかないところがまさかの送りバントで1死2塁。堤監督はもう勝負度外視で甲子園初得点を狙いに来たのだろうか?????しかし後続が三振とセカンドゴロに倒れてはこのバントは相手に1つアウトを献上しただけとなってしまい、虚しさだけが残った・・・。

8回表聖光は最後まで気を緩めず、1死から松本がヒットを放ちすかさず盗塁して、2死から8番・大平が6点目のタイムリーを奪い理想的な試合運びでダメ押し成功。
完全に戦意喪失した山陽はアウトを積み重ね気が付けば9回裏2死ランナーなし。9番・片岡が意地の右中間ツーベースを放ち2死2塁でなんとか完封は避けたいところ。
しかし、1番・川田の1-1からの3球目なぜかしら2塁走者がスタート。バッター空振りでまさかの3塁盗塁失敗であっけなく試合終了・・・・・。

11年連続夏の甲子園出場と甲子園初出場の差がに如実に出た試合だった。1回裏の1死3塁で先制しておけば、、、、、それにしても5安打完封で12三振と全くいいところがなかった。開星よろしく『ただ来た球を振るだけ』といった感じで工夫がなかった。
7回に5点ビハインドでなぜ無死1塁から送りバント???9回2死2塁6点差で単独スチールかランエンドヒットか?!わけのわからない作戦が飛びだし、怠慢プレーと言われても仕方のない不可解な場面がいくつかあった。

ちょっと前までは岡山のチームはどこが出てきても甲子園で2つくらい勝てる安定感があったが、今はどこが出てきても運が良ければ1つ勝てるが、そうでなければ初戦敗退が目立って寂しい。。。
こののちに、秋季中国大会を優勝してセンバツにも出場したが、乙訓に2-7で完敗。甲子園初得点できたはいいが、やはり初勝利は遠かった。
ちなみに第4試合は聖心ウルスラが早稲田佐賀を5-2で下し、甲子園初勝利で感動して1日を終えた。

次回は、球史に残る伝説の8月11日。徹夜組が殺到し、なんと6時15分異例の外野席だけ先に開門してその他は6時30分開門と変則開門し、大混雑したあの1日。もちろんハイライトは和智弁VS興南。2010年春のリベンジなるか?それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 失点 自責
聖光学院 斎 藤  9  37 135  5  3  0  2  2 12  0  0

山  陽 大 江  3 2/3 19  72  8  1  1  1  0  0  4  3
山  陽 小 松  5 1/3 12  92  5  0  0  1  0  2  2  2

                           (完)

                          ☆次回予告☆
             8/11 4日目第3試合 智弁和歌山(和歌山)-興南(沖縄)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 3日(火)23時31分50秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  ブーイング来春の選抜出場校数は例年通り32校に 一般選考28校と特別枠4校
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000078-dal-base

選抜高校野球大会の運営委員会が4日、大阪市内で開かれ、来春開催される第91回選抜高校野球大会の出場校を、例年通りの一般選考28校と、特別枠4校を合わせた32校とすることを決めた。大会日程などは9月の運営委員会で決定する。

地区別の出場校数の内訳などは、北海道1、東北2、関東・東京6、東海2、北信越2、近畿6、中国・四国5、九州4。特別枠は21世紀枠3、神宮大会枠1。

今春の第90回記念選抜高校野球大会は、記念大会として例年よりも4校増の36校が出場していた。

GOOD!新球団設立のお知らせ
http://bf-league.com/news/2018/0705.php

いつもベースボール・ファースト・リーグを応援いただき、ありがとうございます。
この度、6月15日に行われましたリーグ代表者会議にて、2019年シーズンよりリーグ加入する新球団の参入承認がございましたので、以下の通りお知らせ致します。

球団名 未定(市民とスポンサーの皆様で決定する予定)
運営法人 株式会社つくろう堺市民球団
球団代表 夏凪 一仁
監督 大西 宏明
フランチャイズ 大阪府堺市
使用球場 初年度は大阪府下にて開催し、2020年より堺市の新球場を利用予定

新球団へのご支援ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

メガホン第100回記念大会、近畿地区はここに注目!かみじょうたけし大予想
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000029-dal-base&pos=3

6月30日に奈良大会の抽選会が行われ、これで近畿地区すべての組み合わせが出そろった。という事で非常に簡単ではあるが、僕なりに各地の大会をうらなってみる。

まず滋賀大会。過去に類をみない大激戦が予想される。選抜には近江、彦根東、膳所の3校が出場したが、春の県大会は比叡山が優勝。他にも滋賀学園、近江兄弟社、春に彦根東を破った綾羽など力のある学校が多数。どこが出て来るか全く予想がつかない。
注目投手は彦根東の左腕・増居翔太投手。選抜の花巻東戦で敗れはしたものの、9回までノーヒットノーランはだてではない。後は夏の大会を乗り切るスタミナが鍵になる。バッターでは近江の北村恵吾選手に注目。選抜の甲子園練習で見た2本のホームランは圧巻だった。背筋力ならぬ、ボーリングのベストスコアが200をゆうに超えるんだとか。

京都大会は秋季大会からここまで府内無敗の乙訓が一歩リードか。しかし、100回記念大会で甲子園通算100勝をもぎ取りたい龍谷大平安も黙ってない。実際、乙訓を率いる市川監督からは「京都で優勝?平安を倒してないので偽りです」との言葉を聞いた。
そして不気味な存在が鳥羽だ。第1回大会優勝校の流れをくむ学校であり、2000年に初出場した時は京都2中創立から100年目だった。高校野球100年目の15年にもノーシードから甲子園出場、選手宣誓も行っている。100という数字が何か大きな力を生むかもしれない。

北大阪の本命は間違いなく、春連覇を達成した大阪桐蔭。特に藤原恭大、根尾昂両選手のすべてのプレーに注目だ。そして、ここ数年ライバル関係にある履正社も黙っていない。春季大会では興国に敗れはしたものの2年生左腕・清水大成投手が素晴らしい。万全なら左に好打者が多い大阪桐蔭と面白い戦いになるか。同大会で大阪桐蔭を最も苦しめた寝屋川も面白い存在だ。

南大阪は混戦必至だろう。大体大浪商は春季大会で4強進出。近大付は同大会の初戦で初芝立命館に敗れたが「夏は投手1人では勝てない」との考えからエース・大石晨慈投手が登板しなかった。秋季近畿大会、広い舞洲でホームランを放った高倉龍侑選手など好打者も多く、この2校がややリードか。興国、大商大堺、東大阪大柏原なども面白い。

東兵庫は、順当にいけば優勝候補の滝川第二と報徳学園が4回戦で激突する。報徳学園は春季大会で滝二に惜敗しており、同じ相手に2度も負けられない。注目選手は報徳学園の小園海斗選手。ショートの守備に関しては、日本一の呼び声も高い。陸上部の父と元女子サッカー選手を母に持つスーパーDNAが大会を盛り上げる。他に市尼崎、市西宮、神戸国際大付などの実力校にも十分チャンスはある。

西兵庫は公立の実力校がそろう。秋春と県大会を制している明石商が少しずぬけているが、続く西脇工、津名、社、姫路工なども大差はない。明石商さえ倒せば、どこにだってチャンスはある。さぁ100回記念大会で初出場校の誕生なるか。姫路工vs東洋大姫路の初戦屈指の好カードも楽しみだ。

奈良大会は智弁学園が抜けている。春季県大会は準決勝まで全てコールド勝ち。決勝も高田商を16-1で圧倒した。塚本大夢、藤村健太、岡野龍太のクリーンアップは破壊力抜群。エース・伊原陵人、2番手の川釣聖矢の評価も非常に高い。
追う天理はプロ注目の大型ショート・太田椋を中心に同大会でのコールド負けのリベンジを狙う。西和清陵vs奈良は初戦屈指の好カードだ。

最後は和歌山。智弁和歌山の「絶対的王者感」は過去のチームと比べてもナンバーワンと言っても過言ではない。林晃汰、文元洸成、冨田泰生、黒川史陽の日本を代表する中軸に、1年生の細川凌平選手という新戦力も加わり盤石。市和歌山や日高中津、和歌山東なども面白いが、王者の牙城は堅そうだ。

さぁ記念すべき100回記念大会よ、全ての高校球児に幸あれ!

チョキ連日降雨ノーゲーム、3度目で決着「勝ててほっとした」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000098-asahi-spo

(4日、高校野球 札幌山の手5―1札幌東陵)

南北海道大会札幌地区の代表決定戦、札幌山の手―札幌東陵戦は、前日まで2日続けて降雨ノーゲーム。4日は曇り空のもと、ようやく決着がついた。

水びたしになったグラウンド整備などで定刻より1時間半遅れで試合開始。札幌山の手は2本塁打などで優位に立ち、主戦柳沢が被安打5に抑えて5―1で逃げ切った。2日は五回途中で、3日は二回途中で雨に阻まれた。3日連続の登板となった柳沢は「試合が続いて疲れもあったけど、勝ててほっとしています」。=札幌麻生

---------------------------------------------------------------------------------

炎明徳義塾と智弁和歌山監督、大阪桐蔭攻略に秘策アリ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180703-00000012-pseven-spo&p=1

最強世代──。彼らが入学する直前、中学時代の日本代表歴やそれぞれの地元に残した逸話から、2018年に大阪桐蔭史上、最強のチームが完成し、甲子園を席巻すると私(ノンフィクションライター・柳川悠二)は予見した。


あれだけの選手たちを預けてくれたなら、僕でも勝てますよ。しかし、ええ選手がおって勝つのは、ひとつも面白くない。力の落ちる選手たちを、練習と作戦と根性で、いかに勝たせるかが監督の仕事。甲子園で大阪桐蔭との対戦があるのなら、そりゃあ蹴手繰りをかましたろ、と思っています」

鼻息を荒くしてそう語るのは、高知・明徳義塾の監督・馬淵史郎だ。昨秋の明治神宮大会で初優勝した明徳は毎年、夏の大会前に智弁和歌山と定期戦を行っている。取材当日の明徳の監督室には、甲子園最多の通算68勝を誇る智弁和歌山監督・高嶋仁の姿もあった。智弁和歌山は今春のセンバツ決勝を含め、大阪桐蔭に5連敗中と、苦杯をなめ続けている。しかし、高嶋は夏に向けて「秘策がある」とも打ち明けていた。

「秘策を対戦する前に話す監督がどこにおるか(笑)。センバツに続き、近畿大会も負けてしまいましたが、夏に勝てばいい。だって、近畿大会の優勝旗は安いもん。夏の甲子園の(100回大会で新調される)深紅の優勝旗は、1200万円ですから」

打倒・大阪桐蔭に燃える全国の強豪校による包囲網は、両校を中心に敷かれている。高校野球界に名だたるふたりの名将が、大阪桐蔭対策を語った。

──智弁和歌山はセンバツ決勝、近畿大会決勝と、投手・根尾に抑えられた。

高嶋:追い込んだあとの高めのボール球の使い方がうまい。力がある選手であればあるほど、「飛ばしてやろう」と思ってそのコースに手を出してしまうんですよ。根尾君の140kmを超えるボールだと、高校生の技術では打てません。ただ、見極めさえできれば、苦しめることは可能でしょう。

馬淵:柿木君や横川君など、大阪桐蔭の投手陣は揃っていますが、現時点では根尾君が主戦でしょう。西谷君もそう考えている節がある。

──大阪桐蔭の打線は、左の変則投手を苦にする印象がある。

馬淵:左の変則や、右の下手投げで球持ちの長い投手を打ちあぐねていますね。振ってくる選手が多いだけに、序盤に得点が取れないと、焦りが生まれる。すると落ちるボール球に手を出し、空振りしてしまう。あの打線を抑えるなら、スピードボールじゃない。コントロールですよ。公式戦は神宮大会以降、無敗の大阪桐蔭ですが、意外と練習試合では負けている。穴はあります。

高嶋:大阪桐蔭とは、うちのエースの平田(龍輝)が疲れのない状態で当たりたい。しかし、平田ひとりでは桐蔭打線は抑えられないでしょう。2番手、3番手を探しておるんですが……。

──高嶋監督は昨秋の近畿大会で敗れた直後、春夏連覇を達成した1987年のPL学園に匹敵するチームと評した。

高嶋:それはリップサービス。うちも欲しかった選手がたくさん大阪桐蔭に入っている。それが腹立たしい。

馬淵:いつまでも大阪桐蔭の時代が続くとは思いません。チーム状況にはバイオリズムがあり、勝てない時期も必ず訪れる。僕は西谷君の太りすぎた身体のことを心配していますよ。いや、大阪桐蔭対策を考えるぐらいなら、西谷君が体調を崩すことを待った方が早いかも分からん。お菓子でも段ボールにどっさり入れて送りますかね(笑)。

メガホン膳所さらに進化 今春センバツ沸かせた198分割データシフト!将来独自アプリも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000284-sph-base

今春センバツで、膳所(滋賀)がデータに基づく極端なシフトを披露。名門・早実(西東京)が研修に赴くなど、高校野球に一石を投じる形となった。大リーグでもエンゼルス・大谷の打席で二塁手、遊撃手が守備位置を右寄りにするなど、こうしたシフトは主流になっている。11日に滋賀大会初戦(対湖南農)に臨む同校の取り組みを取材した。

グラウンドを198分割した「魔法のシート」が、滋賀県内随一の進学校の野球を支えている。今春、21世紀枠で、59年ぶりにセンバツに出場した膳所は、データ班がライバル校のデータを収集。各打者の打球方向、傾向を球種を交えながら記していく。自前でシートを作成した高見遥香さん(2年)は「引っ張りとか傾向は出てきます。多い選手は5~6試合分のデータがある」と説明した。

きっかけは、20年以上も高校野球を指導してきた上品充朗監督(49)の発想の転換だった。「普通にやっていたら力量の低いチームは勝てない。打球の飛んでくるところに立とう」と大胆な守備シフトの採用を決断した。膳所ナインは練習で守備範囲を広げようとしない。データ通りに飛んでくる正面のゴロを確実に捕球することを優先する。

センバツ初戦(2回戦)の日本航空石川戦。0―10と大敗したが、5回まで2失点の善戦だった。定位置を離れた野手の正面に打球が飛び、甲子園をどよめかせた。プロ注目の左打者・上田優弥(3年)に対しては、一、二塁間に一塁手、二塁手、遊撃手の3人が並んだ。4、6回に二塁打を許したものの、2本の内野ゴロを含め、4本の打球はいずれも守備範囲内に飛んだ。二塁手の有川耀翔(3年)は「(6回は)打球が速すぎて(一、二塁間を)抜かれたけど、もらったデータとしてはその通りだった」と信頼を深めた。上品監督は「野手のいないところに打とうとしても、高校生の技術では難しい」とシフトの有効性を説く。

このデータ野球は強豪校も驚かせた。センバツ後、春夏通算2度の全国優勝を誇る早実の野球部員が同校を訪問。データの取得・活用法を研修した。膳所データ班の野津風太君(2年)は「関東圏ではビデオ撮影などがタブー視されている部分もあるようです。自分たちのデータを取って、チームを高めていくことも大切だなということを話し合いました」と明かした。

膳所のデータ班部員は今春までの2人から8人に増えた。春夏連続出場に向け、精鋭部隊が県内の球場に足を運んだ。また、滋賀大の協力を得て、投手のボールの回転数の測定やフォームのデータ解析を進める構想もある。将来的には独自アプリの開発も視野に入れている。東大、京大に卒業生を多く輩出する頭脳派集団の“革命”が、高校野球を変えていくかもしれない。

ブーイング札幌東陵-札幌山の手が2日連続雨で順延/南北海道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00257058-nksports-base

札幌東陵-札幌山の手戦は、1-1の2回裏1死一塁の時点で降雨が激しくなり、降雨ノーゲームとなった。

2日は札幌山の手が7-0とリードした5回途中で降雨ノーゲーム。2日連続の順延に札幌山の手の原昇平監督(34)は「天気予報を見ていたし、予想はしていた。しっかり切り替えるだけです」と話した。

札幌東陵の鈴木晴登主将(3年)は「昨日は雨に助けられた。今日は自分たちにいい流れだったときに中止になった。次こそ本当の勝負です」と意気込んだ。

メモ堺に新球団 初代監督は元オリックス、横浜の大西氏
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000087-dal-base

野球の独立リーグ「ベースボール・ファースト・リーグ」(BFL)に加盟した大阪・堺市を拠点とする新球団の設立会見が3日、堺市内で行われた。堺市出身で初代監督を務める元オリックス、横浜などの大西宏明氏(38)らが出席して抱負を語った。

PL学園の外野手として1998年夏の甲子園で松坂大輔(現中日)を擁する横浜と延長十七回の激闘を戦った大西氏は「松坂や(当時、PL学園主将の)平石(現楽天監督代行)がユニホームを着ている。自分も着られる喜びが大きい」と同級生の名を挙げた。その上で「松坂から本塁打を打てる選手を育てたい。平石を楽にさせられる選手を送り込みたい」とNPBのドラフト指名を受ける選手を育てる夢を語った。

2011年に引退し、現在は大阪市内で焼き肉店を経営している。指導者経験はないが、PL学園、近大からプロ4球団を渡り歩いた経験を生かした監督像を掲げる。「決めていることは泥臭いチームづくり。そして、選手を絶対に裏切らない監督」と宣言した。

新球団の運営は「株式会社 つくろう堺市民球団」が行い、球団名は8月をメドに公募で決める。選手、コーチ陣は未定で、今年11月にトライアウトを実施して選手を募集する。BFLは現在、大阪、兵庫、和歌山の3球団で、来季から堺を含めた4球団でリーグ戦を行う。

野球ジャガー丈二さんへ
お久しぶりです。京都大会は7日開幕予定ですね。僕は京セラドームで毎年恒例の大阪大会開会式を21年連続で見学してきます。8日は皇子山の予定ですが、雨で日程変更されたらわかさS京都も視野に入れてます。

さて、立命宇治ですが今春の決勝で久しぶりに観戦しました。部長は変わってなかったですが、監督が卯瀧監督からかなり若返りどうなるか見てましたが、アンダースローの投手などマシンガン継投実らず、後手に回って乙訓に力負けしてました。エースが代打のみの登場で手の内を隠してましたが・・・・・。
仮に甲子園出場しても、過去の実績を考えると初戦突破できるかどうか・・・という不安はあります。

逆に乙訓だと、センバツ1勝して三重にも1-2で善戦したので旋風起こす可能性はあるかなと期待してます。春季近畿で滝川二に痛恨の逆転負けを喰らいましたが、これをいいクスリに頑張ってくれたらと。
順当に行けば準々決勝で平安との大一番があり楽しみです。
平安は2年前のセンバツ4強してから甲子園100勝に王手をかけながら大舞台に立ってませんが、小寺投手がいるだけに可能性はあるかと。ここを逃せば原田監督がどう決断されるか注目されますが、、、

僕がイチオシの東山は準決勝が大きな山場と思います。昨夏は平安に完敗したのでなんとか・・・。いつも期待はしてますが、どうなるか?
あとは翔英にも注目が集まりますね。2年生が多いだけに勢いが点けば面白いかなと。
成章は昨夏ノーマークでしたが、まさか平安に勝つとは・・・というのが驚きでした!!

メジャーにいった平野投手の活躍は全く知りませんでしたが、大谷が故障するなどしてますが、慣れない異国で活躍しているのですごいことですね。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 7月 3日(火)18時01分40秒 i58-95-173-110.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日も座談会を・・・

C まず、立宇治は優勝する実力はあるし、森井が復帰すれば投手力、

投手層は乙訓に負けないだろうし、打線も京都の中では上位だが、

勝ち切れない勝負弱さ、取りこぼすモロさがあるので、今一つ信用出来ない。

A 次に、これは前からここで言ってるが、平安の島田は春から不調。

石川遠征で打たれ、長野遠征でも球速が「140キロに届かず」だったらしいし、

制球も相変わらずのようだし「伸び悩み」「劣化」してるな。

今は小寺の方が安定感がある。直球のMAXも143にまで上がった。

E 次に、乙訓の川畑、富山は、選抜時の投球だと、

打線の弱いチームや格下相手なら抑えるだろうが、

夏は、打線のいいチームには打たれるような気がする。

大会までに進化、成長しないと・・・

A 富山は、変化球が曲がるのが早いような気がする。

先日、平安にいた服部のあの東北戦の投球を

久々にあらためて見たが、元々服部は変化球の切れは良かったが、

この日は特に切れていた。特にスライダーはブレーキ鋭く曲がっていた。

途中までは直球の軌道で球が行き、打者近くまで行ってから鋭く曲がる。

だから、打者は直球かスライダーか見極めにくいし、対処しにくい。

「直球が来た!」と思って打ちに行ったら、

「急に球が曲がった!」という感覚だろう。

だから、ストライクからボールになる低めのスライダーを振ってしまう。

しかし、選抜時の富山の変化球は曲がるのが早いので、

打者には早い段階で「変化球だ!」と分かってしまい、

見極めやすいし、対処しやすいと思う。

もっと打者の近くに来てから曲がるほうが、打者は打ちにくいのだが…

(直球の切れはあったが)変化球のブレーキの鋭さ、切れが無かった。

富山にも、あの時の服部か、成章にいた古岡のような

変化球の切れがあるといいのだが・・・

選抜時の富山は不調で、あの時の直球では全国では通用しないし、

あの時の変化球では、空振りが奪えない。

D それに、乙訓打線は並みの投手、

二流以下の投手相手なら大量点を奪えるが、

少しいい投手と対戦すると、点が取れなくなる傾向がある。

そういう試合は「1-0でもいいから、しぶとく勝つ!」

「安打が少なくても、巧く点を取る試合巧者の野球」が、まだ出来ない。

C ただ、今の京都で乙訓の打線を最少失点に抑える可能性があるとしたら、

現時点では小寺と立宇治の西成、好調時の森井ぐらいしか思い浮かばないが・・・

B ところで、ノーシードで侮れないのはどこか?

E やはり鳥羽、京都国際、西城陽の3校。

いずれも投手力が課題だと思うが、鳥羽は春はエースが投げなかった。

それと練試の話だが、鳥羽は東海大相模に(相手のエースから

主砲の小林がホームランを打って、6-5で)勝ったらしい。

3年前も春はダメだったが、夏は府大会で優勝して甲子園に行った。

今年も夏に向けて状態が上がっているのか?

C 成章は、打力には自信があるようだが、北山の抜けた投手力が課題。

A それと、春に成美に延長13回タイブレークで惜敗した

守本監督率いる宮津も気になる。

D 組み合わせを見ると、準々決勝で乙訓と平安が戦う可能性が極めて高いが、

これについて「乙訓は厳しい!」と思ってる奴がいるかも知れないが、

厳しいのは平安も同じだ!

それと、準決勝で乙訓と東山が対戦する可能性があるが、

(もし、この対戦が実現したら)

これも「乙訓は厳しい!」と思ってる奴がいるかも知れないが、

厳しいのは東山も同じだ!

B ところで、メジャーに行った平野(鳥羽出身)は、頑張っているようだな。

現在25試合連続無失点中。現時点で40試合に(全てリリーフ)登板し、

36回2/3投げて34奪三振。2勝、18ホールドで防御率が1.23
 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 3日(火)00時35分53秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  炎開幕前の「一番大事な練習試合」 大阪桐蔭と東海大相模
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000067-asahi-spo

大阪桐蔭と東海大相模(神奈川)。高校野球の全国トップクラスの2校は毎年、夏の大会を直前に練習試合を行う。今年も7月1日に大阪市のシティ信金スタで2試合を戦い、1試合目は大阪桐蔭が5―3で、2試合目は東海大相模が8―3で勝利し、1勝1敗。公式戦さながらの緊張感に包まれ、選手たちも両監督も、夏へ向けて気持ちを高ぶらせた。

「一番大切にしている、夏前の練習試合。そこで先発と言われて、うれしさがありました」。大阪桐蔭のエース柿木蓮が言う。すでに今夏の北大阪大会で背番号「1」を背負うことは決まっている。それでも、東海大相模との1試合目に先発させてもらえることが、「エース」の自覚をさらに高めるのだという。
立ち上がりから直球が走る。五回に三者連続三振を奪うなど、13奪三振で3失点完投。勝利の立役者となった。

東海大相模で光ったのは2番に座った主砲の森下翔太。1戦目は柿木から3安打を放つと、2戦目は中越えに特大の本塁打も放った。
選抜では3番に座った右打者だが、門馬敬治監督は2週間ほど前から「2番森下」を試している。「1番の小松と3番の山田で森下を挟む」ことで、森下の負担を減らし、よりつながりもよくするのが狙いだ。
そして、4番には1年生の西川僚祐を起用。「思い切りがあるし、雰囲気もある」と期待するルーキーに「大阪桐蔭」を経験させることで、秋以降につなげようという狙いが見えた。

以前から時々練習試合をしていた両校が、この時期に「定期戦」のように戦うようになったのは2014年から。その夏は大阪桐蔭が全国制覇し、翌年は東海大相模が優勝するなど、縁起のいい練習試合でもある。
東海大相模は前日に大阪入りし、甲子園に出場した時と同じホテルに宿泊してこの一戦に臨む。門馬監督は「実際の甲子園で戦う空気に近づけて試合をしたいので。本当は甲子園でやりたいくらいですよ」。
大阪桐蔭の西谷浩一監督も狙いは同じ。「全国トップのチームとやって、今のうちの状況も分かる。1年で一番大事な練習試合です」。2試合目には、やはり1年生で長距離打者として期待する西野力矢を起用。3三振を喫したが、彼にとって得がたい経験となったのは間違いない。

今春の選抜王者の大阪桐蔭と4強の東海大相模。それぞれが収穫と課題と手にし、いずれも「激戦区」と言われる、北大阪大会、北神奈川大会へと向かう。

ブーイング北照猛攻15点奪取、でも雨でノーゲーム 本塁打も幻に
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL7263Y8L72IIPE05D.html

南北海道大会の小樽地区代表決定戦は、北照が小樽潮陵から15点を奪ったが、三回表で降雨ノーゲームになった。北照は一回から4番・岡崎の3点本塁打など10安打を集めて13得点と猛攻。二回にも2点を加えた。だが、小樽潮陵が本塁打で2点をかえした三回表終了時に雨で中断、決着は3日に持ち越された。

初戦で3本塁打を放った岡崎は「幻の本塁打」に「記録にならず悔しいが、次の試合でもまた打ちたい」。主将の三浦は「気持ちを切り替えて、また初回から飛ばしていきたい」と語っていた。=小樽桜ケ丘

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 7月 1日(日)01時14分50秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  8/10 3日目第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉) 10:51~12:46

第1話 山陰球児の底力① 積極一貫 野々村イズムの継承者たち

          一二三四五六七八九計HE
      花咲徳栄1210005009150 綱脇、清水-須永
      開  星000000000073 中村、片原、加納-湯浅

       第一試合  第三試合  第四試合
       航空石川6 聖光学院  早 佐 賀
       木更津総5 山  陽  聖  心

 今年も暑い夏がやってきた。7月は紀三井寺ガーデンホテルはやしに宿泊遠征や倉敷MSの日帰り遠征などを経て8月戦線に突入。
大会初日・2日目ともに会社帰りに甲子園の左中間スタンドで夕刻ナイター観戦していたが、2018年から外野有料化に伴いあるいはそれも2017年が最後かもしれない・・・・・。

すでに金券ショップで3日目・4日目のチケットを購入していたので助かった!特に大会4日目は好カード目白押しで徹夜組などが殺到する可能性が高まったので、、、、、
さてまずは大会3日目。第1試合で航空石川が9回怒涛の猛反撃で木更津総合を大逆転で下し、その興奮冷めやらぬまま第2試合を迎えた。

運よく山陰勢を2年連続で観戦できる運びとなった。去年は(2016年は出雲が智弁学園に1-6で境が明徳義塾に2-7で敗退)だったので今年こそ1つでも勝ちたいところ。しかし、米子松蔭は明日、大阪桐蔭との試合が組まれているので非常に厳しい状況。となれば、開星が花咲徳栄に勝ちたいところ。あの野々村監督の教え子である山内監督の采配に注目が集まる。
アルプスの華やかさではとてもかなわない・・・。徳栄にはあのサスケ https://www.youtube.com/watch?v=wriYwAVfDtU 他、華やかな演奏があるが、開星は・・・・・。

さて、試合は狙い通り開星が後攻で定刻よりも21分遅れで開始。なんとか2年生エース・中村が最少失点に抑えて勝機を探りたかったが、、、、、
1回表いきなり1番・太刀岡にセンターへツーベースを喰らい、バントそして3番・西川のタイムリーで先取点を献上・・・。さらに4番・野村がヒットを放ち大きなピンチを招くが何とか1点で凌いだ。
その裏、開星も1死1・2塁のチャンスをつかんだが、4番・上田が0-2から1-6-3のゲッツーで無得点となり最後までこれが響いた・・・・・。

2回表に4安打集中され2点を失い、さらに3回には2本のヒットやエラーも絡んで0-4と差は広がるばかりで序盤から力の差が如実に出てきた。9年前の夏には同じ埼玉の本庄一と序盤にリードを許したものの中盤以降打線が機能して4-4に追いつき最後はバックスクリーンに放り込まれてサヨナラ負けを喰らったものの善戦してくれただけに期待したが、綱脇投手が2回以降安定して打球が外野に飛ばなくなった・・・・・。
いわゆる『島根にはいない好投手』ということだろうか。。。

試合は中盤に入りようやく開星の選手たちも落ち着いてきたのか?ライト葉田のダイビングキャッチなどもあり4回初めて三者凡退に打ち取り0のイニングを作った。そして5回には1死1・2塁のピンチを4-6-3のダブルプレーで凌ぎ形になってきた。まだ回は浅いので1点でも返して反撃のノロシを挙げたかったが、4回1死から4番・上田がヒットを放つが5-4-3のダブルプレーで瞬殺されまさかの3球でスリーアウト・・・。5回は1死1塁から8番・湯浅がレフトへ大飛球を放つが、スタンドまであと一歩届かない、、、ラッキーゾーンがあればあるいは2-4だったかもしれないが、なすすべもなく整備に入った。

花咲徳栄は3年連続甲子園出場し、8強進出しているだけに戦力は想像以上に高かった。電光石火の攻撃で主導権を握り、開星に自分たちの野球をさせずに折り返した。野々村監督勇退後、どのようなチームカラーに変わったのかわからないが、山内監督の野球を甲子園で見る限りでは正々堂々と真正面からぶつかって強打で相手をねじ伏せる野球を理想としている感じを受けるが、小細工は一切なく全国の強豪校からすればくみし易しなのかもしれない・・・・・。

中村投手は味方のエラーにもめげずに5回に続き6回も併殺で打ちとり辛抱強く投げていた。そして6回裏2番・杉本がチーム5本目のヒットを放ち、クリーンアップに期待したが、点差もあるのでただ打つしかなく、センターフライとショートゴロで無得点。何の見せ場もなく終盤に突入した・・・。

中盤こう着状態に陥っていた試合だが、花咲徳栄打線が7回牙をむいた!!先頭打者のサードゴロエラーを契機に、1死から4番・野村のタイムリーツーベースで5点目を奪い開星は戦意喪失。5番・須永が6点目のタイムリーを放ち中村投手KO。2番手・片原がいきなり四死球でドタバタして、セカンドゴロと右中間スリーベースで続々と点を失い、結局打者10人攻撃で5点を失い0-9。
力の差が如実に現れ、恥ずかしい試合となってしまったが何とか一矢報いたい。山内監督が甲子園采配した試合では大阪桐蔭に6-7・仙台育英に5-6の死闘や八学光星に2-6と勝てないまでも善戦した試合が目立っていたが、、、、、

7・8回とともに2死からヒットを放つがホームは遠い。点差があるので仕方がないのかもしれないが、甲子園に出るたびに攻撃面での単調さは否めない。山陰野球=積極一貫なのかもしれないが、細かいことはしてこない。7安打放ちながら無得点というのはあまりにも寂しすぎる。
そして9回は満を持してエース・清水を投入され死球で1人走者が出たものの2三振などで試合終了。

今大会終わってみれば、花咲徳栄が優勝したのでくじ運が悪すぎたといえばそれまでなんだが、、、、、
いつか山陰同士の甲子園決勝戦を夢見る僕にとっては屈辱的な試合だった。。。これで開星は甲子園3勝13敗で山内監督は0勝4敗となってしまった。また近いうちに甲子園で見れると思うが、今度こそ旋風を巻き起こしてほしいと。

切り替えて第3試合のおかやま山陽そして第4試合の聖心ウルスラ学園の試合に思いを馳せた。あの全裸ランニングで一躍有名になった山陽が甲子園出場するとは夢にも思わなかったが、夢の舞台で初得点なるか?それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 犠打 四球 死球 三振 失点 自責
花咲徳栄 綱 脇  8  30  92  7  0  0  1  2  0  0
花咲徳栄 清 水  1   4  15  0  0  0  1  2  0  0

開  星 中 村  6 1/3 32 105 12  2  1  0  1  7  6
開  星 片 原  1 2/3  9  33  1  0  1  3  0  2  2
開  星 加 納  1   4  11  2  0  0  0  0  0  0

                           (完)

                          ☆次回予告☆
             8/10 3日目第3試合 おかやま山陽(岡山)-聖光学院(福島)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月27日(水)00時20分44秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  メモ和歌山)高校野球100回記念和歌山大会のパンフ完成
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6L5DK7L6LPXLB014.html

第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会(県高野連、朝日新聞社主催)のパンフレット(有料)が出来上がりました。参加39校の集合写真のほか、全部員の名簿(学年、名前、出身中学)やチームスローガンなどを掲載しています。表紙は、昨夏の第99回大会決勝で智弁和歌山が優勝を決めた瞬間の写真です。

A4判、32ページ。1部200円。お求めは最寄りの朝日新聞販売所(ASA)か、和歌山朝日会(073・422・3545)へ。7月11~26日の大会期間中、紀三井寺公園野球場の朝日新聞ブースでも販売します。

好評だった昨夏の和歌山大会記録集「熱闘紀三井寺2017」(1200円)も少し在庫があるため、朝日新聞和歌山総局で販売しています。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月24日(日)02時02分18秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  6/4 春季近畿大会最終日決勝戦 舞洲ベースボールスタジアム 大阪桐蔭(大阪①)-東海大仰星(大阪③) 13:00~15:32

第3話 次にここに戻るときは・・・大阪シティ信用金庫スタジアム またいつかこの場所へ

          一二三四五六七八九計HE
      大阪桐蔭11162141118223 徳山、吉峰、柿木-福井、岩本
      東海仰星000000000080 笹沼、河内、玉谷、宮崎-津澤

 春の最終決戦は晴天だった!!夏の予選まで約1か月球場に通えない寂しさと、舞洲ベースボールスタジアムがもうすぐ『大阪シティ信用金庫スタジアム』と名称変更されることもあり、最後の舞洲BSと感慨があった。

13時開始だが、早めに到着してセンター後方の海岸線の休憩所で弁当を食べようと考えていた。それにしてもこの日も桜島からはたくさんのお客さんであふれかえっていた。サブ球場でオリックスVS広島の2軍戦もあり他会場でもイベントがありそうで、、、、、秋になったら一体どうなってしまうのか???という不安もあったが、このとき秋の近畿大会は2週連続台風襲来で大打撃を受けるなんて知る由もなかった。。。。。

最後は大阪同士の対戦となり、なんだかセンバツの大阪桐蔭VS履正社のような感じだった。仰星が報徳&浪商を下した勢いがどこまで続くか?アルプスには珍しくブラスバンドが駆けつけていた!!
1回戦でも来ていたようだが、昨日の準決勝は来なかったので寂しかったが今日は後攻なんで順当に行けば9回裏まで演奏を聴けるかなと。
お互い満を持してエース投入して白熱の好ゲームを期待したが力の差は歴然としていた。。。

1回表桐蔭は1番・藤原が2球目をライトへツーベース。四球後に3番・中川がライト前タイムリーであっさり先制した。なおも続く無死1・2塁のピンチを仰星のエース・笹沼がしのいでここからと思ったが、、、、、
2回は根尾と藤原の2年生コンビの長短打で3回は四球後に連打でそれぞれ加点しコツコツと点差を広げてきた。仰星も反撃したいが、毎回走者を出しながらも2回は無死1塁から強攻してゲッツー。3回はエース・笹沼に早くも代打を起用してエラーで出塁すると手堅く送って上位に回したが、後続が断たれ桐蔭が主導権を握って序盤を終えた。

代打の関係で2番手に前日122球完封した河内投手がマウンドへ。しかし3点ビハインドの劣勢に連投の疲れもあってか完全に精彩を欠いていた。
4回表8番・根尾にストレートの四球で歩かせバントで1死2塁として、1番・藤原が左中間タイムリーであっさり1点を追加すると意表を突いたバントヒットでつないで、3番・中川の打席で暴投があり1点を追加し、5-0と差を広げ、2死からタイムリーや押し出しなどもあり一気に6点を奪い9-0とワンサイドゲームになってしまった・・・・・。
5回にも3本の長短打を絡めて2点を奪い11-0と差は広がるばかり。仰星打線はこうなればただ打つだけと淡白になり、走者を毎回出せどもホームは遠く整備に入った。。。

準決勝までなら5回コールドゲームで終わっているのだが、決勝戦は終わらない。遠路はるばるそして混雑したバスに揺られて大阪湾まで来たのだから好ゲームを期待していたが、、、、、これが力の差と言ってしまえばそれまでだが、桐蔭は点差が広がっても手綱を緩めなかった。こうなれば試合の興味として仰星が完封阻止できるかの1点のみとなった。

6回から3番手玉谷投手を送った上林監督だが、なんと四死球に捕逸とノーヒットで1点を献上し火に油を注いでしまった。。。そして打つ方は2死から6番・宮島がヒットを放ち依然毎回走者を出し続けているがホームは遠かった。

毎回得点の大阪桐蔭は終盤になっても勢いは止まらなかった。7回は無死1・2塁から12点差あるにもかかわらず送りバントで進塁させて、四球後に8番・根尾がなんと・・・あの広い舞洲BSのライト場外に放つ満塁ホームランが飛び出し16-0と差を広げ、2死からヒットで出塁した藤原が盗塁を決めやりたい放題だった。
8回には4番手・宮崎投手から3安打で1点もぎとり9回にも2死2塁から3番・中川が左中間タイムリーツーベースで毎回得点の18点目・・・。過去の春季近畿大会決勝で17得点は近大付と智弁和歌山が記録したが大会新記録を樹立した。
そして守っては8回2死1塁から6番・宮崎がライトへツーベースを放ちようやく仰星に1点入るかと思いきや、9-3-2と鮮やかな中継プレーでホーム寸前タッチアウト!!
9回にも無死1・3塁とチャンスを作ったが、三振後に1塁けん制タッチアウト!最後はキャッチャーフライで試合終了。2時間32分の長い試合で仰星も毎回走者を出しながら最後までホームを踏めなかった。

桐蔭の強さだけが目立った決勝戦だった。前日の彦根東戦で8回までリードを奪われギリギリいっぱいの状況で逆転勝ちしたことでふっきれたのだろうか?それにしても・・・コールドがないので気楽に見れたはいいが、18-0という試合はめったに観戦する機会もなくどこに試合の興味を置けばいいのかモチベーションの維持に悩む試合だった。
閉会式をのんびり眺めて、舞洲散策して本土上陸してから上方温泉一休でくつろぎ春の終わりをかみしめた。

ここから1か月ほど空白の期間を経て、熱い熱い夏がやってきた。2017年夏の予選は和歌山宿泊観戦を軸に京都で準々決勝4試合観戦や倉敷MS日帰り観戦などで堪能した。
次回から じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記 シリーズスタートです。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 暴投 失点 自責
大阪桐蔭 徳 山  7  29 109  4  0   1  0  2  0  7  0  0  0
大阪桐蔭 青 峰  1   4  15  2  0   0  0  0  0  0  0  0  0
大阪桐蔭 柿 木  1   4  20  2  0   0  0  0  0  1  0  0  0

東海仰星 笹 沼  3  17  57  6  0   0  1  2  0  1  0  3  3
東海仰星 河 内  2  18  58  8  0   0  1  3  1  1  1  8  8
東海仰星 玉 谷  2  13  46  3  1   1  0  3  1  2  0  5  5
東海仰星 宮 崎  2  11  36  5  0   0  0  0  0  0  1  2  2

                             (完)

                         ☆新シリーズのお知らせ☆
                     じぶん史上、最高の夏 99回選手権大会観戦記
                   8/10 3日目第2試合 開星(島根)-花咲徳栄(埼玉)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月22日(金)00時32分55秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  第100回 全国高校野球選手権記念和歌山大会組み合わせ
https://www.facebook.com/telewaka.baseball/photos/a.1500551653490924.1073741828.1497192360493520/2065253667020717/?type=3&theater

炎智弁和歌山・文元主将が2年前の雪辱誓った
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00247506-nksports-base

<高校野球和歌山大会:組み合わせ抽選会>◇23日◇県民文化会館大ホール

第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会の組み合わせ抽選会が23日、和歌山市内で行われ、今春のセンバツで準優勝した智弁和歌山は7月14日、高野山と初戦(2回戦)を戦うことが決まった。第4試合で午後4時開始予定。

智弁和歌山と高野山は2年前の秋季近畿地区大会県予選準決勝で対戦し、智弁和歌山は2-11で敗れた。準決勝でコールドが適用されなかったが悔しい完敗に、当時も「4番・右翼」で先発していた文元洸成主将(3年)は「同じ相手に2度負けるわけにはいかない」と雪辱を誓った。

一方「3番・遊撃」で先発し、3安打3打点の大当たりだった高野山の服部大輔主将(3年)は、その後の智弁和歌山の全国での活躍に「自分たちも負けてられないと思います」と語った。
大会は7月11日に開幕し、39校が参加。試合はすべて紀三井寺で行われる。

チョキ帯広北「狙っていた」日本一早い勝利/北北海道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00247357-nksports-base

<高校野球北北海道大会:帯広北8-2上士幌・更別農・士幌・新得・大樹>◇23日◇1回戦◇帯広の森球場

1989年(平元)夏以来3度目の甲子園を目指す帯広北が、100回大会で日本一早い勝ち星を手にした。

試合は全国の先頭を切って午前10時5分にプレーボール。初回1死二塁で3番・福永敦也三塁手(2年)が中越えに適時三塁打を放ち先制。3回には5安打で4安打を奪い、試合を優位に進めた。
帯広北の先発左腕・黒島隆海(3年)は、粘り強い投球で5回を無安打無失点。6回から登板した右腕・村田峻基(2年)は伸びのある直球を武器に4回を4安打2失点と好投、試合を締めた。5校の連合チームは7回と8回に1点ずつをかえしたが及ばなかった。

試合終了は午後12時11分で、試合時間は2時間6分だった。帯広北樽見豊監督(50)は「(100回大会の1番勝利を)前日に気がついて狙っていました」とうれしそうに話した。

---------------------------------------------------------------------------------

野球平安OBさんへ
お久しぶりです。明石トーカロの近畿大会も無事終了し、9日に軟式野球近畿大会で初めて富田林バッファロースタジアムに足を運んできました。
富田林駅付近からPLの大平和記念塔が見えました!! http://www.perfect-liberty.or.jp/html/seichi-pl/heiwato.html

7月7日まで野球観戦もなくノンビリとした週末を過ごしてましたが、18日朝、会社へ行く道中の自転車で大きな揺れを感じ、不穏な空気を感じつつ小林駅に到着したら電車が駅でストップしており、阪急電車全線ストップという電光掲示板を見て即自宅へUターンしました・・・・・。

あと30分地震が遅かったら帰宅難民になってましたね!阪神大震災以来の戦慄が走り、まだ今後も予断を許しませんが、、、、、、明日は大阪そして土曜日には京都や和歌山など抽選が控えており7月のスケジュールを組み立てていこうと。

桧山がわかさS京都で始球式ですか・・・朝はABCラジオにレギュラー出演しているので10時になったらすぐに大阪から京都に移動ですね!!

メモ三重)球児支え30年 まちの定食屋
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6H6J5TL6HONFB00X.html

高校野球の県内強豪、菰野のそばにある定食屋「おかずや」には、野球部が甲子園に春夏3度出場した時のユニホームや応援Tシャツが掲げられている。奥山良次郎さん(71)、磯子さん(64)夫妻と娘の嶋康代さん(41)が、今も毎週末に部員の弁当をこしらえる。
野球部との付き合いは約30年前から。当時はグラウンドの隅で練習していた姿が記憶に残る。体作りのため、夏合宿中に朝昼晩の食事を作った。磯子さんは「炊いても炊いても、ご飯が足りませんでした」。

戸田直光監督に率いられた菰野は、2005年夏に甲子園初出場。夫妻はアルプス席で応援した。良次郎さんは「ものすごい応援の中、頑張っている姿がうれしかった」。付き合いは家族ぐるみで、監督や部員は康代さんの息子の遊び相手にもなってくれた。
08年、同校の西勇輝投手は、この店でプロ野球ドラフト会議の結果を待った。康代さんは「ガチガチでした」と西投手の様子を振り返る。オリックスから指名され、店の外を囲んだ野球部員の保護者が沸いた。

週末は朝にコロッケ弁当やカツ丼などの注文を聞き、昼に届ける。菰野に来た他校の監督や審判も店で食事を取り、関係者の「社交場」となっている。
磯子さんは「昔から知っているので、愛着がわく。菰野の甲子園初勝利が、私の夢です」。

ムカッ伊豆総合が静岡大会辞退 部員の衣服脱がした動画
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201806220000427.html?utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_medium=referral&utm_campaign=20180622-00245767-nksports-base

静岡の伊豆総合野球部が、7月7日に開幕する、第100回全国高校野球選手権静岡大会への出場を辞退することが22日、分かった。21日に同校校長から県高野連に出場辞退の申し入れがあり、高野連側が受理。22日午前にファクスで発表した。

同校では4月、野球部の2、3年部員6人が、2年部員1人の衣服や下着を脱がした動画を撮影し、SNSに公開。保護者からの報告で事態が発覚した。6人は一時自宅謹慎処分となり、野球部も同26日から活動を自粛していた。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 6月22日(金)00時02分59秒 softbank219029091140.bbtec.net
  早いもので、京都も今週の土曜日に抽選会があります。来月の7日に開幕です。乙訓が強そうですが、どうなりますか・・・。始球式には、平安OBで元阪神の桧山進次郎氏が来られます。  

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月21日(木)00時29分59秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  メモ大阪桐蔭から根尾昂、藤原恭大ら6人 高校日本代表の第1次候補選手30人発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000133-sph-base

日本高野連は20日、「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」(9月3~9日・宮崎)に参加する高校日本代表の第1次候補選手30人を以下の通り発表した。
今春センバツで2連覇した大阪桐蔭からは、今秋ドラフト1位候補の根尾昂内野手、藤原恭大外野手(ともに3年)ら最多の6人が選ばれた。投手は14人中6人を2年生が占めた。

第100回全国高校野球選手権記念大会に出場する選手や春、夏の全国大会に出場していない選手を含めて選考対象とし、最終的には夏の甲子園の決勝当日に18人を決定する。8月25日から東京で合宿を開始し、同29日に宮崎入りする予定。

U18日本代表・永田裕治監督「投打にバランスが取れ、将来性も加味した上で、現時点でベストな選考をしていただきました。短期決戦となる国際試合に臨む上で重要なポイントは、いかにチームが一つにまとまれるかだと思います。日の丸を背負って戦う以上は、全員がチームの勝利に貢献するという気概を持った選手とともに戦いたいと思っています。今後は、野球の技術もさることながら、チームの勝利に徹することができる選手という観点も大事にして、最終的には高校日本代表としてふさわしい18名の選考ができるよう努めたいと思います。今大会は日本での開催ということもあり、周囲の皆様からの期待も感じています。スタッフ、選手全員がチームJAPANとして結束し、2大会連続6度目のアジア王者を目指して頑張ります」

◇投手(14人)
吉田 輝星(金足農、3年)
佐々木朗希(大船渡、2年)
門馬  亮(藤岡中央、3年)
井上 広輝(日大三、2年)
板川 佳矢(横浜、3年)
及川 雅貴(横浜、2年)
直江 大輔(松商学園、3年)
奥川 恭伸(星稜、2年)
岡林 勇希(菰野、2年)
増居 翔太(彦根東、3年)
柿木  蓮(大阪桐蔭・3年)
西  純矢(創志学園、2年)
市川 悠太(明徳義塾、3年)
川原  陸(創成館、3年)

◇捕手(2人)
東  亮汰(三重、3年)
小泉 航平(大阪桐蔭、3年)

◇内野手(11人)
野村 佑希(花咲徳栄、3年)
日置 航 (日大三・3年)
小松 勇輝(東海大相模、3年)
林  晃汰(智弁和歌山・3年)
太田 椋 (天理、3年)
中川 卓也(大阪桐蔭・3年)
根尾  昂(大阪桐蔭・3年)
山田 健太(大阪桐蔭・3年)
小園 海斗(報徳学園、3年)
浜田 太貴(明豊、3年)
小幡 竜平(延岡学園、3年)

◇外野手(3人)
蛭間 拓哉(浦和学院、3年)
梶田  蓮(三重・3年)
藤原 恭大(大阪桐蔭・3年)

メモ強豪・大阪桐蔭の甲子園を制するチーム育成法
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180620-00056174-gendaibiz-bus_all&p=1


今年で第100回の節目を迎える夏の甲子園大会。その地方予選が、6月23日に全国のトップを切って北海道と沖縄で始まる。
甲子園球場で日本一が決まる8月21日(予定)までの2ヵ月間、全国各地で数々のドラマが繰り広げられるが、最大の注目は何といっても春の選抜大会で優勝した大阪桐蔭が夏の甲子園も制することができるのか、だろう。
藤浪世代の’12年に続いて二度目の春夏連覇を成し遂げれば、もちろん史上初の快挙である。また、同校の西谷浩一監督は春夏合わせて七回目の優勝となり、元PL学園の中村順司監督を抜いて歴代最多優勝監督となる。

大阪桐蔭は、この5年間に限っても春夏合わせて9大会のうち6回も甲子園に出場。優勝が2度で、戦績も22勝4敗(勝率8割4分2厘)と圧倒的な強さを誇っている。
そんな大阪桐蔭の強さの秘密は? と聞けば、優秀な選手をスカウトしているからと思う人が多いだろう。しかし、高校野球は選手を集めるだけで勝てるほど甘くない。高校野球で強くなれるかどうかは、監督の力が8割以上といわれている。

「高校野球は監督しだい」という声もよく聞く。東海大相模の門馬敬治監督もこう話している。
「大阪桐蔭にはいい選手が来ていますが、いい選手が来るだけでは勝てません。本気で日本一を、プロ野球選手をめざす選手たちがいて、西谷が彼らを鍛えています。だから勝てるんです。
(元横浜高校の)小倉(清一郎)さんも、『いい選手が来てもいい練習をしないと勝てないからな。いい選手が来て、それをしっかり鍛えた後に勝利があるんだから』とおっしゃってました」

では、大阪桐蔭の西谷は、いかにしてこれほど強いチームを育てているのだろうか。西谷自身は「特別なことは何もしてません」というが、じっくり話を聞いてみると、10のポイントが浮かび上がってきた。と同時に、西谷の指導を貫く骨太の方針が「凡事徹底」と「徹底した個別指導」にあることも見えてきた。

たとえば、「全力疾走」や「大きな声を出す」、「低く、鋭い打球を飛ばす」なんてことは、そのあたりの公立高校でも取り組んでいるテーマだろう。
大阪桐蔭では、全国のトップクラスの選手たちが「日本一の全力疾走」、「日本一の声」を常に意識して実践している。西谷は誰にでもできる凡事だからこそ、徹底してやり切ることが大切だという。
「高校野球は2年半で約1000日です。その約1000日で、その後の人生が決まる。それぐらい大事な時間なんだということを考えて、やはり己に勝つ、自分に妥協しないということが大切です。自分に甘えているうちは成長しないですよ」

打撃練習でもお互いに声をかけ合って低く、鋭い打球を意識する。打ち上げてしまったら、それがどんなフライであっても全力疾走で二塁まで走る。
走攻守すべてにおいて意識が高く、かつ細部にまで意識の行き届いた練習は、見ているだけで「そりゃあ、強いはずや」と感動する。大阪桐蔭は強豪私学でありながら、公立高校にも見事なお手本となっている。

西谷に連絡を取ろうと、夜の10時半頃に電話をしても応答がないことは珍しくない。しばらくすると「ミーテング中です。申し訳ありません」というメッセージが返ってくる。この時間帯は寮で個人面談をしていることが多いそうだ。
「いま打撃が低調なら、『どうする? 思い切ってフォーム変えてみるか』、パワー不足が課題なら、もっと走り込んだ方がいいとか、筋トレした方がいいとか。打ち込みが足りないなら『朝早く起きて練習しようか。付き合うよ』と。選手と直接話し合うことで、今の瞬間から具体的に何をするか明確にしていきます」

毎日、少しでも選手が成長するために、西谷はコーチたちと一人一人の部員にきめ細かく対応している。近年の高校野球界では自主練習が流行しているが、西谷は自主練習といえども全てを選手任せにはしないという。

「高校生に全て任せるのは難しいと思っています。守備の自主練習を30分やらせても、『お前、今、それか? 』ということがあります。バッティングでも下手な打ち方100回やったら、100回下手になる。『あかん、あかん、それでは下手になるぞ』と止めることもあります。それに比べて『こいつ、いい練習しているな』と思うやつは伸びていきます。だから、練習内容はしっかり話して確認しますし、練習中も見ています。『今日なんであの練習やったん? 』て尋ねて、そこで話し合いをして修正していきますね。
練習した分だけ確実に上達しようと思えば、やっぱり正しい努力を継続することです。子どもたちの自主性を求めながらも、大人が誘導することが大切だと思います。練習は常にコーチと手分けして個別にも見ていきます。部員一人一人にかける手間や時間は、全国のどこの学校よりも多いと思います」

西谷によれば、このようなチーム作りができるようになったのは’07年頃からという。中田翔(北海道日本ハム)がちょうど高校3年生の頃である。野球部員を一学年20人に絞り、全員が寮で一緒に生活するようになった。それまでは一学年約30人で、一般クラスの子も受け入れていたし、通学の部員もいた。人数を絞って全寮制にしたことで高い目標に向かって思う存分野球に集中できるようになり、凡事徹底と徹底した個別指導が貫けるようになったのである。

そして、練習の成果を試す場として対外試合を繰り返す。平日の夜でも近隣の強豪校と試合を組むこともあれば、週末に部員を3チームに分け、3ヵ所でそれぞれが試合をこなすこともある。
「今の子たちは試合に出ないと、『あいつは監督に好かれているから試合で使ってもらえる』とか、ベクトルを他人に向けるでしょう。それでは伸びません。『オレ、今日も打てんかった。あかんな』と。『じゃあ、どうすればいいのか』とベクトルを自分に向けてほしいんですね。そういう態度を身に着けて初めて上達できると思います」

実戦での課題を次の練習に結びつけると同時に、全部員にチャンスを与え、競い合わせることで公式戦に出場するメンバーを選んでいく。こうしたチーム作りを始めると、’08年の夏に初めて全国制覇を達成した。そして、’12年には史上七校目の春夏連覇成し遂げ、’14の夏と’17年の春、そして今年の春にも甲子園で優勝した。

西谷の取組みを聞いていると、教え子との会話から相手を深く理解しようとする姿勢、十分に話し合ったうえで教え子を正しい方向へ導こうとする態度、同類を会わせることで切磋琢磨させようとする発想は、西郷隆盛や小松帯刀らを育てた薩摩藩主・島津斉彬の人材育成術に通じるところがある。
どうりで西谷の下では「歴史を動かすような選手」が育つわけである。

最近発売した『強豪校の監督術』では、他にも「問いかけ型」と「自己検証型」の指導により甲子園での優勝3回を数える東海大相模の門馬敬治や、家庭や学校で甘やかされて育った部員たちにあふれる「平安愛」から昭和の父親のように厳しく接し、一人の社会人として自立させることを指導の柱にする龍谷大平安の原田英彦、グアテマラへ野球コーチとして赴任した経験から「野球は、いくつになってもガキの頃のような無邪気さで楽しむもの」と考えるようになった元福知山成美の田所孝二(現在は岐阜第一監督)など、実績のある監督が登場する。

最近の若者の特徴としては、「我が強いくせに任せると自信がない」、「行動力に乏しいくせに理屈は一人前」、「頑張りたくないくせに幸せ願望が強い」などといわれる。
そんな若者を部下にもつ人々には対応に苦慮する人も少なくないようだが、高校野球の名将を見ていると、いずれも自分の持ち味を存分に発揮して独自のスタイルを確立させている。

自分の人生はもちろん、若者への指導法や接し方に一本の筋が通っているから、どんな若者が目の前に現れても右往左往することがない。と同時に、常に自分を成長させるための「自分磨き」をしている。
そのうえで、高校野球の名将たちのように若者と接するためのコツさえつかめば、あとはカラダがオートマチックに反応していくものである。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月20日(水)00時42分56秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  6/3 春季近畿大会準決勝第2試合 舞洲ベースボールスタジアム 大阪桐蔭(大阪①)-彦根東(滋賀) 12:30~14:40

第2話 2年前の再現なるか???

          一二三四五六七八九計HE
      大阪桐蔭100000102490 横川、吉峰、柿木-岩本
      彦 根 東000030000371 原功、松井、増居-條野

              第一試合
              東海仰星3
              浪  商0

 先に東海大仰星が決勝進出を決めての第2試合。大阪桐蔭VS彦根東の対戦。組み合わせ抽選が決まった時点では、平安が上がってくるものと考えていたが、、、、、なんと2-3で惜敗したらしい。

楽しみを奪われた気がしてならなかったが、実は2015年春の近畿大会彦根球場で同じカードが実現し、なんと彦根東が大阪桐蔭を3-2で下した試合を観戦していた。今度はところ変わって舞洲BSでの対戦となり、地元の桐蔭が有利に思えるが、、、、、センバツ優勝しただけに今大会もダントツの優勝候補と思われる。どこまで彦根東が食い下がれるか???

先発は桐蔭が2年生サウスポー横川で彦根東は左サイド2年生の背番号11原功だった。横川はセンバツでの静岡戦で初回に6点もらいながらすぐさま6点を掃出し早々にKOされたシーンが強く印象に残っている。
彦根東がなぜエース温存したのか不思議だったが、試合を見てその答えがわかった。

おそらくじゃんけんで勝って後攻を取ったでであろう彦根東。1回表の守りを無難に切り抜ければ2年前の再現もあり得ると考えていた。スタンドには遠路はるばる彦根からブラスバンドの応援団も来た!
1回表サイレント同時にまずデッドボールで試合は幕開けだ・・・。以前は手堅く犠打で走者を進めて得点圏に走者を置いて打者のバットに期待するスタイルだった西谷監督だが、甲子園で優勝して何かが変わったのか?近年は無死1塁で積極的にエンドランを多用し、無死1・3塁の形を作り序盤から相手を圧倒する攻撃的なスタイルに変貌してきた。

この試合でも2番・中川にバントのそぶりはなく、2-2からランエンドヒットで三振と盗塁で1死2塁の形を作り、四球で1・2塁となるとまたもや盗塁で藤原は俊足を活かし3塁へ進み4番・山田のタイムリーであっさり先制。なおも続く1死1・3塁のピンチを何とか凌いで原功投手が先発の役割を果たしていく。
横川投手は制球難のイメージが強かったが、1点リードをもらい舞洲のマウンドが合うのか?3回まで四球1つだけで5奪三振を奪い完璧なピッチングだった!!
桐蔭打線も2回7番・坂之下がセンター前ヒットを放つとやはり西谷監督はエンドランを仕掛けたが、ファーストライナーゲッツー。
3回は2死から3番・山本がツーベースを放ち毎回ヒットで相手を追い詰めるが、軟投派サウスポーが強力打線をかわしてなんとか初回に1失点のみに抑え試合を作っていた。

早く反撃したい彦根東は4回2死から3番・高村がツーベースを放ち期待されたが、4番・岩本2打席連続三振でホームが遠い。
しかしながら、原功投手が5回まで毎回ヒットを浴びながらスミ1で抑え守りからリズムをつかんで、5回先頭の5番・辻山がレフトへツーベース。さらにバントヒットと死球で無死満塁と願ってもないチャンス!!
8番・吉本が1-2からライトへ逆転タイムリーツーベースを放ちワンチャンスをものにすると、原功投手に代打・山崎を起用。その初球まさかのパスボールで3-1と差を広げ、さらに村中監督は2球目スクイズのサインを出したが、ファーストフライダブルプレー・・・・・。3-1で折り返した。

やはり大阪桐蔭のような強力打線には左サイドといった軟投派がはまるのか?原功投手が毎回ヒットを浴びながら初回の1点のみに抑え辛抱強いピッチングでノラリクラリとかわしてワンチャンスで3点をもぎ取り逆転に成功した。スクイズが決まっていればもっと良かったが、代打の関係で投手交代するのでエース投入で逃げ切り体制に入りたいところ。なんとなく2年前とムードが似てきた。
しかし、彦根東もときどき近畿大会に顔を出しており21世紀枠でセンバツに選出されメキメキと力をつけているようだが、進学校で練習環境に恵まれない中、健闘している。どこまで旋風が続くのか楽しみだ!

6回表エース・松井が桐蔭の4~6番打者を牛耳り三者凡退。2点あれば充分といったナイスピッチングで頼もしかった。横川投手も5回は乱れたが、また立て直し6回死球1つに抑え先発投手の役割を果たし味方の反撃を待っていた。

そして終盤やはりセンバツ王者は黙っていなかった!まず7回表1死から8番・泉口がライト前ヒットを放つと横川投手の代打・福井が右中間ツーベースを放ち2・3塁として1番・藤原のファーストゴロの間に1点差。さらにストレートの四球で2死1・3塁でバッター3番・山本と絶体絶命のピンチだったが、エース・松井が渾身の7球目外ストレートで見逃しの三振にとり首の皮一枚残った!!

なんとか追加点を奪い逃げ切りたい彦根東だが、7回は2死から8番・吉本がセンターへツーベース。そして9番・松井投手がセンター前ヒットを放つも藤原から好返球で2塁走者ホーム寸前タッチアウト!!
さらに8回は1死2塁で3・4番を迎えたが三振とセカンドゴロに抑えられエース・徳山を温存する桐蔭投手陣から1点が奪えない・・・。

ついに迎えた最終回8番からの攻撃でマウンドには8回から3番手としてリリーフした2年生増居投手。
先頭さえ抑えれば、、、と思ったが8番・泉口がレフトへツーベースさらに中継が乱れる間に3塁到達。そして途中出場の福井にまさかのデッドボールで逆転の走者を許し、1点ビハインドの、無死1・3塁であえて内野を深く守らせる村中監督。1番・藤原に3球勝負を挑みセンター犠飛で3-3同点。守備陣形を考えるとこれでOKのようだ。何とか後続を断ち切ってサヨナラに持ってきたかったが、2番・中川にレフトへツーベースを許し3番・山本もきっちりセンター犠飛を放ち逆転。

土壇場でひっくり返された彦根東にはまだ9回裏の攻撃が残されている。しかし、5・6番が3番手の2年生柿木に抑えられ7番・條野がレフト前ヒットを放ち意地を見せたが、最後はライトフライでゲームセット。
2年前の再現を目指した彦根東だが、惜しくも1点差で舞洲をあとにした・・・・・。

それにしてもナイスゲームだった!!初回に先制され防戦一方だった彦根東だがワンチャンスを活かし3-1と逆転に成功し継投で目先を交わして勝利目前まで行ったが、、、、、4点目を狙ったスクイズがゲッツーになったことと7・8回の1死2塁のチャンスに得点できなかったことが悔やまれる。
しかしながら、これで自信をつけたのか?夏の滋賀を制し、開幕戦で波佐見に逆転サヨナラ勝ちして大きな1勝をつかみ増居投手などが新チームも残り夏春連続高専出場を果たしここでも1勝と滋賀のレベルアップに貢献している。

結局、今大会は決勝戦が大阪勢同士の決勝となり舞洲では18年前の大産大付VS大商大堺以来となる。それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 失点 自責
大阪桐蔭 横 川  6  24  78  4  0  0  2  1  7  3  3
大阪桐蔭 青 峰  1   4  12  2  0  0  0  0  1  0  0
大阪桐蔭 柿 木  2   6  37  1  1  0  1  0  2  0  0

彦 根 東  原功  5  21  79  5  0  0  1  1  2  1  1
彦 根 東 松 井  2   9  32  2  0  0  1  0  2  1  1
彦 根 東 増 居  2  10  34  2  0  2  1  1  0  2  1

                    (完)

                   ☆次回予告☆
6/4 春季近畿大会最終日決勝戦 舞洲ベースボールスタジアム 大阪桐蔭(大阪①)-東海大仰星(大阪③)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月16日(土)23時58分50秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  メモ和歌山)紀三井寺で割り当て練習 大会前に感触確かめ
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6L3Q9RL6LPXLB007.html

7月11日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念和歌山大会を前に、試合会場となる紀三井寺公園野球場(和歌山市毛見)で18日、割り当て練習が始まった。1校あたり1時間半の時間が割り当てられ、希望した約30校の練習が26日まで予定されている。

一番乗りとなった神島は、1時間半の時間を目いっぱい使って汗を流した。ノックでは内外野の連係や外野のクッションボールの跳ね返り方を確認。シート打撃など実戦に近い練習も交え、球場の雰囲気を味わった。

早田りく主将(3年)は「紀三井寺に来るとちょっと緊張する」と言うが、「いつも通りの練習が出来た」と満足げな表情を見せた。大会まで約3週間。23日には抽選会が控える。早田主将は「チームの調子も雰囲気も上がってきている。早く試合がやりたい」と話し、球場を後にした。

メモ諫早に第1野球場とスケボー場 来月1日供用開始 高校野球の公式大会行える規模
https://this.kiji.is/381469412706174049

長崎県諫早市が久山港埋め立て地(久山町)に整備中のスポーツ拠点施設の中核となる第1野球場とスケートボード場が完成し、7月1日から供用を始める。両翼100メートル、中堅122メートルを誇る第1野球場は、高校野球の公式大会が開催できる規模で、観客約7200人を収容できる。

第1野球場は、フルカラーの発光ダイオード(LED)式スコアボードと一体となったバックスクリーンや人工芝の外野フィールドを備え、マウンドとバッターボックスには米大リーグで採用されている硬い土を使用した。事業費は17億3700万円。同野球場の供用開始に伴い、築67年の市営野球場(宇都町)は8月末で廃止される。

スケートボード場は約750平方メートルの敷地に、ジャンプ台など六つの構造物を配置。事業費は約2800万円。第1野球場とスケートボード場そばの駐車場(260台)も利用できる。
市は2016年度から、同埋め立て地の10・8ヘクタールに、二つの野球場などを備えた(仮称)久山港スポーツ施設整備事業に着手。第2野球場やサッカー場、芝生広場などは19年度の供用開始予定。総事業費見込みは約52億1800万円。

カラオケ現役引退も囁かれた中村紀洋、高校野球のコーチ就任から1年。“中村紀洋の指導法”とは?
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20180619-19639778-aspa

横浜DeNAベイスターズを退団後、現役引退も囁かれた中村紀洋が、高校野球のコーチに就任し世間を驚かせてから1年。今なお自身を“現役”と語り、球児の育成、プロゴルフテストなど、挑戦を続ける日々を送っている。中村紀洋はいったいどこへ行こうとしているのか? 生涯現役を貫く男が知られざるセカンドキャリアを語った!

――突然の高校野球のコーチ就任。その経緯を教えてください。

中村:浜松開誠館高校野球部の佐野心監督から「教えに来てくれないか」と連絡があったんです。

――佐野監督とは以前から親交があったのでしょうか。

中村:僕と佐野監督は’91年のドラフト組で同期なんですが、実は連絡があるまで僕は話したことなかったんですよ。だから、連絡があったときはビックリしましたね。

――気になるのは“中村紀洋の指導法”です。

中村:当てにいかない。とにかく振りなさい。大きなポイントはこの2つ。それと、打撃は人それぞれなので、同じことは言わないようにしてますね。基本はいじらない。教えるというよりも、無駄なものを省いていく感じですね。それと大事なのは接し方。彼らはプロじゃないから「できない」と思って接してます。でも、どんどん「できる」ようになる。そしたら、こんなんできるんや、すごいな、おまえ。じゃ、次これやってみようって。難しいのはここからで、できたことの継続なんです。

――継続……ですか?

中村:打てるフォームを早く固めて、元に戻さないようにする。これが難しい。ひと晩寝たら戻るんですよ。だから元のフォームに戻さないために練習する。打てなくなると結果を求めていろんなことを試すんです。欲が出るんですよね。大切なのは頑なに信じること、結果は求めないことと話しています。でも、プロでも難しいですからね、こればっかは。

――豪快なイメージの強い中村さんですが、野球選手時代は練習の虫だったと聞きます。

中村:練習はめっちゃしましたよ。嫁さんの兄貴に若い頃は可愛がってもらったんですが、遠征先でメシ食って酒飲んで帰ってきて、どんだけ酔っ払ってても「よっしゃ、エレベーター前集合!」で、そこから素振り(笑)。エレベーターのピカピカしたステンレスのとこあるじゃないですか。あの細いとこを鏡にしてフォームを確認しながらね。

――それはまたすごいですね。では、思い出に残る指導者の方はいらっしゃるのでしょうか。

中村:水谷実雄さん、仰木彬さん、落合博満さんですね。水谷さんは僕が入団3年目にヘッドコーチとして来られました。広島では前田智徳さんや江藤智さんを育てた方ですね。水谷さんの指導が僕の求めているもので「この人についていこう!」と思いました。

――水谷さんの指導は、具体的にどんな指導でしたか。

中村:強く振りなさい、3球振って帰ってきなさい、下半身で飛ばしなさい、という教えです。走るだけでなく、バットを振ることで力をつけていくやり方で、プロとしての土台ができました。でも、守備練習はなし(笑)。当時はバットばっかり持っていましたから。

――その水谷さんの教えが今、高校生たちに伝えられているわけですね。

中村:僕は選手時代、練習でやったことを“噛み砕く”ことを意識していたんです。オフに選手会が主催したりして野球教室があるじゃないですか。そこで子供からの質問に答えられなかったらカッコ悪い。練習しながら「これはこう教えたら子供たちはわかるかな」とか考えていました。相手に伝わらない限り、伝えたことにならないと思うんですよ。

メモ三重)高校野球の審判35年 経営コンサルの北村さん
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL697SQRL69ONFB00X.html

高校野球の審判を35年務め、甲子園でもジャッジを下した経験がある経営コンサルタント、北村慶一さん(61)=三重県伊賀市=が球審、塁審としてグラウンドに立った数は、練習試合などを含めて1997試合。今夏の100回大会までに2千試合に達する見込みだ。
常に迅速な試合展開を心がけてきた。捕手の防具着脱や攻守交代時のグラブの受け渡しなど「役割を事前に決め、気持ちよく早く送り出して楽しくプレーしよう」と指導する。だが、試合を決する場面の伝令には十分な時間を配慮する。

1歳の頃に小児まひを患って右上腕の筋肉がない。走る時には右腕が思うように振れないなど、「みんなと同じことができなかった」。だが、中学では「人に負けたくない」と、野球部に入った。箸や鉛筆は右手で持つが、野球は左投げ、左打ちで挑んだ。
上野高校でも野球を続けた。当時は部員が10人ほど。一塁手や外野手を務め、「辞めたい」と思うほど厳しい練習を乗り越えたが、夏の県大会は1、2回戦で終わった。

大学在学中の1978年秋、近鉄に勤める母校の監督が週の半分しか練習に来られず、学生コーチとして監督の代わりにノックバットを振った。赤いトレパンでグラウンドに立つ姿は後輩に「鬼」と恐れられた。その後輩たちが翌79年夏の県大会で決勝に進出。あと一歩のところで甲子園には届かず、悔しさの中、現役時代より甲子園への思いが強くなった。

上野商工会議所に就職後も後輩の指導を続けていると、審判不足に悩む県高野連理事長に「審判で甲子園を目指す方が早い」と誘われた。83年に県高野連審判部へ加わり、明野―名張桔梗丘の練習試合で審判デビュー。翌年から夏の県大会や春季、秋季大会などの公式戦にも立った。
苦い思い出もある。二塁の塁審を務めた時、守備の選手が落球しているのを見逃して「アウト」と判定。周囲から「落ちていた」と指摘され、先輩に促されて「セーフ」と訂正した。

様々な経験を積み、97年の第69回選抜大会に都道府県からの派遣審判員の一人に選出された。1、2回戦計3試合の塁審として、母校よりも早く甲子園出場を果たした。
最近の選手たちは、グラウンドで見せる感情表現が年々派手になっていると感じる。「本塁打などガッツポーズしたい気持ちはわかるが、相手をリスペクトしていたら、走塁中はできないはず。大リーグの方がマナーは厳しい」。野球は他のスポーツと比べものにならないほどルールが複雑だ。今も毎年のように変更が加わることに、違和感を抱く。「抜け穴を探すようなことをせずフェアプレーだけしていたら、ルールはもっと単純なはず」

「高校野球は結果よりも過程が大事。相手を尊敬し、堂々と戦うべきだ」。高校野球が200回、1千回と続いてほしいと願い、苦言を呈する。

メモ早実・大阪桐蔭…香川の招待試合、豪華な顔ぶれ「先約」
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL6D45K7L6DPLXB00C.html

8年前から毎年、開かれるようになった香川県の高校野球招待試合。昨年は清宮幸太郎選手がいた早稲田実業(東京)、今年は大阪桐蔭と招待校は豪華な顔ぶれだ。実は、県高校野球連盟が相手校に打診するのは開催の約2年前。なぜ毎回のように話題のチームを招けるのか。

招待試合は2010年度、県教育委員会の予算に盛り込まれた「高校野球強化事業」の一環で毎年、開けるようになった。県勢は当時、全国大会で苦戦が続き、レベルアップをめざす機運が高まっていた。
10年に招いたのは、同じ年の選抜大会で優勝した興南(沖縄)。その後も、13年の選抜で8強入りした聖光学院(福島)、14年の選抜優勝の龍谷大平安(京都)など、その年に活躍したチームが並ぶ。「香川に招待されたら良い結果が出る」との声もあるという。

14年に県高野連の理事長になった小野裕作さん(53)は「常に全国にアンテナをはり、次に来てもらいたい学校を考えている」と言う。各校の1年生の顔ぶれをチェックし、実際に練習を見に行くこともある。
昨年に招いた早実は、最後まで粘り強い姿勢にひかれ、15年夏に甲子園球場のスタンドで声をかけた。当時1年生だった清宮選手が、2年後は3年生になることも決め手になった。
大阪桐蔭は16年に招いた際、「2年後に再び来てほしい」と頼んだ。1年生だった根尾昂(あきら)投手や藤原恭大選手らの成長した姿を、県内の選手や野球ファンに見せたいと思った。

昨年の招待試合で早実に勝った三本松は、選手権大会で8強入り。試合で得た経験や自信を糧に、県勢も活躍するようになった。小野さんは「強豪校は技術だけでなく、試合前後の振る舞いもすばらしい。全国レベルの強さの理由を、ぜひ見てもらいたい」と話す。
これまで招待校の活躍を見事に「的中」させてきた小野さん。ずばり、7月の香川大会の優勝校を聞いてみた。「今年は混戦。本当にわかりません」

メモ『チーム宏鈴』結成14年8か月
この1ヶ月間月平均のべ約4300人の方々に閲覧していただき感謝申し上げます。
さて近畿大会も終了し高校野球観戦は7/7まで一服・・・・・。紀州レンジャーズがああいう状態なんで5年連続でヒマな6月の週末を過ごしてます。。。ただ、3年前の6月8日より本町に平日通える喜びを感じて、毎朝出勤前に北御堂に通ってますが・・・・・。

ちなみに今年の春は史上初同一大会で近畿2府4県すべて観戦を行いオマケに三重・岡山にも顔を出したので2府6県行脚することができました!!

さて11年連続近畿の2府4県8代表の甲子園出場校を予想しました!!皆さんの予想は分かりませんがセンバツ出場チーム4校&秋春の近畿大会出場校を多数推挙して今年もダイヤモンドクラスの手堅い予想ですが、基本的に毎年本気で当てに行っておりますので!!それではその根拠を簡単に説明します!

北大阪・・・大阪 桐蔭(2連連続10回目)
南大阪・・・ 興 国 (43年ぶり3回目)
東兵庫・・・滝 川 二(3年ぶり5回目)
西兵庫・・・明 石 商( 初 出 場 )
奈 良・・・智弁 学園(2年ぶり19回目)
京 都・・・ 東 山 (16年ぶり5回目)
滋 賀・・・ 近 江 (2年ぶり13回目)
和歌山・・・智弁和歌山(2年連続22回目)

北大阪・・・やはり2年連続センバツ王者で春季近畿大会も優勝した大阪桐蔭は外せない。エース・柿木以下投手陣が豊富でどの投手も剛速球を投げ失点が計算でき、連戦を耐え抜く力があるのが何よりの強みだ。

大阪大会はシード制がなく序盤から強豪同士のつぶし合いも考えられるが、昨夏の仙台育英戦での屈辱を味わいより慎重に石橋をたたいてトーナメントを1歩1歩駆け上がってくるので不覚を取ることは考えにくい。
記念大会で最大でも7試合勝てば甲子園と1つ負担が減ったのもアドバンテージだろうか?

あえて対抗を挙げれば、履正社か関大北陽あたりにだるだろうが力の差は大きいと思われる。

南大阪・・・大阪桐蔭と別ブロックに入り、全国屈指の記念大会の恩恵に恵まれた地方大会であることは間違いない。

なんとなく四田監督率いる、大体大浪商の守りの野球に強さを感じつつも、千載一遇のチャンスだけに、50年前 村井 保雄監督の手腕で全国制覇した興国が捲土重来を図るとみている。
村野工で甲子園出場経験のある田中監督に加えて、和智弁から異動した喜多部長など充実した首脳陣を擁するチームが混戦模様の南大阪を抜け出したい。

近大付や大阪偕星・上宮太子・初芝立命館・大商大堺などなどどこが勝ってもおかしくないので目が離せない。

東兵庫・・・秋の時点では全くのノーマークだったが、一冬越えて2年生投手の台頭に加えて、例年だと競り合いになればスマートに負ける印象が強かった同校だが、今年は粘り強く終盤に逆転するシーンを何度も見せつけて勝利への執念が加わった。

98年夏の甲子園8強入り直後に退任して長い間表舞台から姿を消した山本監督が復帰し、また復活してきた。2012年・2015年と3年周期で夏の兵庫を制しているだけに今年も最有力とみる。

本来ならば、報徳学園も推したいところだが、例年に比べて打力が弱そうだし監督交代の影響も少なからずありそう・・・・・。神港学園も北原監督が勇退し、息子さんが新監督に就任するも春はあっさり県大会敗退し優勝戦線に顔を出すのは厳しそう。

去年の優勝校・神戸国際大付も秋・春と近畿大会出場できず、例年よりも戦力は低いとみているし、滝川二を倒しそうなチームは思い当たらない。

西兵庫・・・3年連続夏の兵庫準優勝と涙をのみ続けている明石商が他の追随を許しそうにもない!!
投手陣の充実度は県内屈指だし、1年生が即戦力として2人ベンチ入りしており選手層は厚いし、秋・春と兵庫を制し狭間監督の采配も申し分ない。過去3年決勝でいずれも東兵庫のチームに苦杯を舐めてきただけに、今年は甲子園に出ても8強以上狙える力はあるとみている。

対抗の一番手は西脇工だろうか?3年前の夏に甲子園初出場を果たし、その後も県では上位進出しているだけに侮れない。バント・スクイズ多様のソツない野球でどこまで食い下がれるか?
悲しいかな東洋大姫路は現在、長期低迷中で不振からの脱出はまだ期待できない。逆に三田学園が春8強入りし、明石商に1点差の惜敗と善戦し、穂積元監督&羽田総監督の野球を継承しているので古豪復活に期待したい。

奈 良・・・かなり智弁学園が抜けている!!秋の時点では例年に比べてスケールが小さい印象を受けたが、一冬越えて戦力が格段にUPし、控え投手の充実や2年生のクリーンアップなど格段に強くなった。

昨夏甲子園4強の天理は、秋にまさかの近畿大会出場を逃し、春は準決勝で智弁に0-10で5回コールド負けとなれば推せない。さらに、奈良大付はノーシードで挑むだけに、この2強の牙城を崩せるとは思えないので、来年以降に期待。。。。。

京 都・・・本来ならば秋・春と連覇した乙訓か龍谷大平安を推していれば無難な気もするが、乙訓は投手陣は2枚看板が充実しているが、打線が好投手にかかれば沈黙してズルズル引き下がるし、平安も絶対的存在ではなさそうな気がする。となれば、、、足立新監督がチームを引っ張り今後伸びていきそうな東山の躍進を期待したい!!

京都翔英や立命館宇治が監督交代してどう変化するかも気になるし、鳥羽の機動力や成章・成美あたりも不気味だが、有力校が大多数あり8校しかシードがないので組み合わせ次第といったところか?

滋 賀・・・センバツ3校出場し、近年力をつけてきている滋賀学園なども絡み予想が難しいがここは近江とみる。

彦根東が3期連続甲子園出場の可能性もあるし、昨春甲子園経験者が残る滋賀学園のノーシードからの挑戦が非常に不気味だが、投手4枚看板をそろえ百戦錬磨の多賀監督の采配がはまれば面白い。不安要素は、この春教頭就任のために勇退した伊東部長の不在がネックか???

甲子園でより多く勝てる可能性の高さを考えると近江が一番の気がする。

和歌山・・・やはりセンバツ準優勝の智弁和歌山は絶対に外せない。エース・平田に加えて、池田投手などもサポートし投手陣は質量ともに豊富で打線も全国屈指の破壊力があるだけに負ける要素は限りなく低い。

対抗は2年前の代表だった市和歌山・米原監督が就任し軟式野球部から移行してメキメキ力をつけている和歌山東に高嶋先生の教え子が率いる高野山・日高中津そして夏のシードを初めて獲得した初芝橋本や創部以来いつか出てくると予想している近大新宮あたりだろうが、智弁にたどり着く前につぶし合うケースが非常に多いのでどこまで余力を残して大一番に挑めるか?

創部3年目の和歌山南陵にも公式戦初勝利を期待したい。

皆さんの予想はいかがでしょうか?岡山や三重は情報量や観戦回数が乏しく書けないですがどなたか情報いただけたら幸いです。もちろん他の県もOKですよ!

「熱中症予防のためにもう一杯 こまめに早めに水を飲もう!」

ハートしつこくハートしぶとくハート泥臭くハート
「誰からも愛される」というよりも「誰かに慕われる」掲示板目指してアットホームな雰囲気でやっていきたいのでお願いします!!

ムカッ高校野球の強豪校 高知高校野球部で暴力行為
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180616/k10011481151000.html

高校野球の強豪校で、ことしのセンバツ大会にも出場した高知市の高知高校の寮で2年生の野球部員が1年生の部員7人に暴行を加え、けがをさせていたことがわかりました。

高知県高校野球連盟によりますと、高知市にある私立の高知高校の寮で、2年生の野球部員3人が1年生の部員に対し、顔や腹を殴ったり蹴ったりする暴行を加えたということです。
暴行を受けた1年生は、ことし4月から今月にかけて7人に上り、中には口を切るけがをした部員もいたということです。

高知高校は甲子園に春夏合わせて31回出場している強豪校で、ことしはセンバツ大会に5年ぶりの出場を果たしていました。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月16日(土)01時00分59秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  6/3 春季近畿大会準決勝第1試合 舞洲ベースボールスタジアム 大体大浪商(大阪②)-東海大仰星(大阪③) 10:00~11:42

第1話 大阪第2集団の戦い

          一二三四五六七八九計HE
      浪  商000000000050 田村、立石-谷口、小坂
      東海仰星01100010X361 河内-津澤

              第二試合
              彦 根 東
              大阪桐蔭

 三重で浦島太郎のような竜宮城体験をしてから中4日・・・・・久しぶりに舞洲に上陸した。
相変わらず、アクセスが悪く臨時バスのお陰で助かったが、自宅からの直線距離を考えると片道約2時間は遠すぎる・・・・・。そして帰りも混雑を避けるために、試合後約1時間散策してからバスに乗り込むので1日が長く感じる。

僕が見ていない間に、センバツ4強入りした報徳は姿を消し、タイブレーク延長14回の死闘もあったそうだ!!そしてある程度の大敗を覚悟していた和智弁が大阪桐蔭に3-6と善戦したとのことで胸をなでおろしていた。。。前年秋に滋賀学園に6-13でコールド負けを喰らったショックが大きかったので、戦力は間違いなく上がっている証拠だ。

準決勝第1試合は大阪勢同士の対戦となった。大体大浪商VS東海大仰星。近年は仰星がセンバツ2度出場するなど、実績では上のような気がするが、古豪・浪商も四田監督が就任後夏の大阪大会準優勝するなど着々と復活している。なにせ大阪は大阪桐蔭&履正社のツートップの牙城がそびえたつので、第2グループの台頭が難しくなっている。組み合わせ次第でうまく2強をかいくぐってどこまで上がれるか?といった構図だろうか。

スタンドでは浪商が口ラッパで仰星は太鼓1つの応援だった。両チームともにエースを温存し、夏に向けて手の内を隠しているのだろうか?ともに初戦をロースコアの接戦で勝ち上がっただけに好ゲームが期待された。
1回表浪商は2番・西上が四球で出塁も無策で無得点。その裏、仰星も1死から連続四球でチャンスをつかむが4番・仲村はサードゴロゲッツー。

2回表先頭がエラーで出塁すると四田監督は手堅く送って1死2塁と形を作るが、河内投手が踏ん張り無得点。その裏、1死からスリーベースが飛び出し、8番・河内投手7球粘ってセカンドゴロ。ホーム送球タイミングはアウトだったが、キャッチャー痛恨の落球で仰星が先制。
さらに3回裏ヒットとバントなどで2死2塁として4番・仲村が第1打席のゲッツーを取り返すべく、センターへタイムリーツーベースを放ち2-0と差を広げ、序盤を終えた。

こうなれば浪商を応援して追いついてもらい2試合連続タイブレークを期待していた!!しかし、2点先制され後手に回り焦りも出てきたのか?空回りし続けていた・・・。
4回は2死から5番・田中がツーベースを放つも無得点。5回は7番・藤山がツーベースで無死2塁と願ってもないチャンス到来!もちろん送りバントの場面で8番・谷口まさかのピッチャーフライ・・・・・。こうなると作戦のたてようもなく、連続センターフライで0行進は続く。。。。。
田村投手が粘って5回2失点で折り返したものの厳しい展開は続く。

5回の整備に入り、ホッと一息つけた。お互いエース温存で手の内を隠しているとはいえ、勝てば大阪桐蔭と決勝で戦う可能性もあるのであわよくば明日も舞洲に上陸したいであろう両チーム。
ここまでは仰星が終始有利に試合を展開している。河内投手が2安打無失点に抑えて、打線が相手のミスにも乗じて要所で長打を放ち2点リードして逃げ切り体制に入っている。
浪商としては5回無死2塁での送りバント失敗が大きく響いた。数少ないチャンスをモノにして点差を詰めていきたいところだが、、、、、

6回表2番からの攻撃で、西上が7球粘って内野安打。ここで四田監督の采配に注目していたが、手堅いイメージはあるが、ここは一気に攻め込もうという心意気で1-1から3番・西川エンドランを仕掛けるもサードフライ。直後に4番・木村にヒットが出ただけにチグハグだった。先ほどの打席でツーベースを放った5番・田中の打席に期待したが2球で追い込まれ3球勝負はピッチャーゴロゲッツーと最悪の流れで攻撃を終えた。
さらに直後に先頭打者に四球を与え犠打で1死2塁とこれ以上の失点は致命傷になりかねないところで、田村投手がボール先行ながらもサードゴロ2つで下位打線を抑えまだ気持ちは切れていなかった。

なんとかしたい浪商だが、7回は連続三振などで三者凡退。逆にその裏、2死1塁から3番・古井にダメ押しのタイムリーツーベースで勝負あり。
8回表田村投手の代打・仲里がストレートの四球を選びすかさず代走が送られたが、1番打者以下3人が簡単にヒネられて手も足も出ない。
代打の関係で2番手・立石投手が8回のマウンドに立ち、1死からヒットと盗塁でピンチを招くが無難に抑えたものの最後までエースは姿を現さなかった。
9回最後の攻撃もわずか4球でツーアウトとなり、6番・北口が初球センター前ヒットで意地を見せるが、ファーストゴロで試合終了。。。わずか1時間42分と大阪の試合では珍しく速い展開で終わってしまった。

なんだか淡々と試合が進んでいき、何の波乱もなく進んでいった感じだった。浪商はドカベンがいた頃はもっと強打のチームだったと思うが、02年春のセンバツ出場の際にも守りのチームだったし、今は完全にこぢんまりとした投手中心の野球スタイルなのかもしれない。
仰星のスタイルはイマイチよくわからないが、こちらも派手さはないが堅実な試合運びで負けにくい野球を展開していると思われる。結局、背番号11の河内投手が完封勝利で打線も効果的に3点をもぎとり報徳・浪商と名のある強豪を下して決勝進出した。

第2試合は大阪桐蔭VS彦根東・・・このカードは2年前の彦根球場でも実現しており、その時には何と地元の大声援を受けて彦根東が3-2で勝利するという波乱の展開だった。
https://8016.teacup.com/wachiben/bbs/t3/412

そして今回もあるいは・・・それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 犠打 四球 三振 失点 自責
浪  商 田 村  7  31 109  5  5  5  1  3  2
浪  商 立 石  1   4  19  1  0  0  0  0  0

東海仰星 河 内  9  34 122  5  1  2  7  0  0

                    (完)

                   ☆次回予告☆
6/3 春季近畿大会準決勝第2試合 舞洲ベースボールスタジアム 大阪桐蔭(大阪①)-彦根東(滋賀)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月14日(木)00時27分58秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  メモ夏の甲子園第100回、指定席通し券6月20日から発売
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL664TZ3L66PTQP011.html

第100回全国高校野球選手権記念大会の前売り入場券は中央特別指定席通し券を6月20日から、そのほかを7月18日から販売します。

■入場券販売要項

第100回全国高校野球選手権記念大会は8月5日から21日までの日程(雨天順延、準々決勝翌日は休養日)で開きます。
今回から、外野席を有料とするため、外野自由席の入場券(当日券のみ)が必要になります。バックネット裏は中央特別指定席とし、すべて前売り・指定席になります。
入場券は大きく分けて4種類あります。「当日券」はお客様が阪神甲子園球場に来場された日に窓口で購入できます。ほか3種類は前売りで、希望日のみ入場できる「単日券」、開幕日から決勝日までの入場券をまとめた「通し券」、そして「企画席券」があります。子ども料金がある場合、その対象は4歳~小学6年生です。

【当日券】
球場開門と同時に窓口で販売を始めます▽一・三塁特別自由席2千円(子ども800円)、アルプス席800円、外野自由席500円(子ども100円)▽車いす席は全席種に設けていますが、席数に限りがあって予約や場所取りはできません。ご本人と付き添いの方2人までの料金が半額です。来場当日、大会本部窓口にお越しください。

【前売り単日券】販売するのは「来場希望日(8月○日)」です。
中央特別指定席は2800円。当日券はありません。座席を個別指定することはできませんが、好みのエリアを10エリアから選ぶことができます。発券される際に座席番号が分かります。一度に5枚まで購入でき、並びの席にならない場合はメッセージが出ます▽一・三塁特別自由席は2千円(子ども800円)。売り切れの際は当日券をお買い求めください。一度に5枚まで購入可能です。

いずれの前売り販売も7月18日午前10時から。来場希望当日の正午まで購入できます。販売は、ローソンチケット(ローソン、ミニストップ、0570・000・732、http://l-tike.com/sports/koushien/別ウインドウで開きます)▽チケットぴあ、セブン-イレブン(0570・029・999、http://w.pia.jp/t/koshien-summer/別ウインドウで開きます)。

【前売り通し券(連券)】
中央特別指定席の一部を通し券エリアとし、座席は大会期間中、同じ席になります。料金は4万4800円▽販売は6月20日午前10時から7月1日まで。チケットぴあ、ローソンチケットのサイトでのみ購入可能です▽単日券と同様、好みのエリアを10エリアから選ぶことができます。通し券は宅送され、その際に座席番号が分かります。一度に2連まで購入できます。

一・三塁特別自由席は3万2千円で、店頭販売します▽「第1日~第3日」が3枚、「第4日~第7日」が4枚あります。例えば、「第1日~第3日」をまとめて使えば、3人一緒に同日入場できます。「第8日」以降は単日券となります▽販売は7月18日~31日、東京=朝日旅行東京支店、エスポートミズノ、札幌=朝日サービス、名古屋=朝日ビルディング名古屋支店、大阪=梅田阪神プレイガイド、ミズノオオサカ茶屋町、久保田運動具店、兵庫=三宮阪神プレイガイド、朝日ビルディング神戸支店、京都=朝日ビルディング京都支店、福岡=阪急交通社福岡団体支店、朝日販売サービスで。

【前売り企画席券】
いずれの席種も7月18日午前10時から来場希望当日の正午まで購入できます。
ボックス席は一・三塁特別自由席に計28あり、4人席が1万円と1万1千円の2種類、5人席が1万2500円、1万3500円、1万5500円の3種類▽マス席は一・三塁特別自由席に計4あり、座敷タイプ。5人席が1万4500円、6人席が1万8千円▽ボックス席、マス席とも柱で見えにくい場所もあるため、チケットぴあのサイトで見え方を確認してご購入ください。

ペア席は中央特別指定席の最上段に計10あり、各7千円。三塁特別自由席の上段には計6あり、各6千円。販売はチケットぴあ、セブン-イレブン▽アルプスデッキ席は一・三塁のアルプス席最上段に連なって2区画ずつあり、1区画は定員16人で1万9200円。ローソンチケットで販売する引換券を来場当日、大会本部窓口で入場券と引き換えます。

【問い合わせ】8月3日までは朝日新聞大阪本社の高校野球大会準備室(ナビダイヤル0570・055・890=土日曜・祝日を除く午前10時~午後6時)へ▽8月4日からは球場内の大会本部にて同じナビダイヤル番号で受け付けます。

GOOD!大阪)第40回大会 大阪大会初のナイター
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL664G7GL66PPTB006.html

1958年7月27日。日没が迫る中、日生球場のグラウンドが明るく照らし出された。3回戦の桃山学院―岸和田産戦は大阪大会で初のナイターになった。
両者一歩も譲らない投手戦。だが五回に照明が点灯し、試合も動き出す。六回、桃山学院の野手が三ゴロをはじいた間に、岸和田産の三塁走者がホームインして先制。写真は七回、1点リードした岸和田産がスクイズに成功し、追加点を挙げた場面だ。

翌日付の朝日新聞は、「初のナイター 岸和田産 桃山を降す」という見出しで、「“カクテル光線”に照らし出されたダイヤモンドに熱戦を展開、スタンドを埋める観衆の拍手を浴びた」と伝えている。
日生球場にはこの年、ナイター照明塔が設置されたばかりだった。試合はこの日最後の5試合目。原則1日2、3試合の今と比べると、当時の試合数は多い。
府高野連の伊原登理事長(67)は「打球が飛びにくい木製バットの時代。安打が少なく、大半の試合が2時間以内に終わっていたから、1日5試合が可能だったのだろう」と説明する。

今夏、大阪大会で使われる8球場の中で、屋外のナイター設備があるのは住之江、南港中央、シティ信金スタ、豊中の4球場。大会規定では、「夜間照明の設備がある球場では、試合途中で日没になれば照明をつけて試合を続行することができる」と定められている。
その大前提は「昼間試合を原則」とする一文だ。伊原理事長は「選手にとってナイターは記念になるかもしれないが、明るい日差しの下でやるのが高校野球です」。

カラオケ三重)100回大会で初実況 「心に残る試合を」
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL5Z5QNFL5ZONFB010.html

全国高校野球選手権三重大会を中継する三重テレビのアナウンサー、若林希さん(29)は、今夏の100回大会で初めて実況に挑戦する。「100回の節目にこんな話をいただいてありがたい。先輩のバトンを引き継げるように頑張りたい」

実況担当を告げられたのは昨夏。昨秋や今春の県大会のスタンドで、試合を見ながら実際に声を出し、練習を重ねている。
横浜市出身。中学ではソフトボール部。「さあ来い、とか声を出すのが楽しかった」。高校ではソフトテニスに打ち込んだ。大学時代はアナウンサーを目指して放送研究会に入り、高校野球やプロ野球には特に興味はなかったという。

2011年、三重テレビに入局。1年目に三重大会のダイジェスト番組を担当することになった。「最初は番組の時間内に、どれだけの情報を入れたらいいのかも分からない。休みの日に球場や学校に通ってがむしゃらに取材しました」
1年目の夏、忘れられない光景があった。敗れた学校が球場の外で、最後に行うミーティングだ。「みんな一言ずつ話して、怖かった監督も泣きながらメッセージを残す。すごい青春だなと思って、カメラで撮りながら自分も涙が出ました」

以来、ダイジェスト番組を担当し、高校野球の取材を重ねてきた。球児の母がスタンドで祈るようにうずくまっている姿を取材して放映した後、無口だったその球児と打ち解けるようになった。3年間密着した選手から、卒業式の日に「3年間取材してくれてありがとうございました」と言われた。
数年前から三重大会決勝の日のダイジェスト番組の最後に、大会中の印象深いシーンを流している。若林さん自らが企画し、カメラも回してナレーション原稿も書く。「高校野球は戦っている選手だけではない。映像を通じて、選手と、ベンチ外の子や家族との気持ちをつなげたい」

昨夏は、連合チームとして最後の大会となった名張桔梗丘・名張西・名張青峰、11年ぶりの夏勝利を収めた白山の球児や応援団が、万感を込めて校歌を歌う姿をまとめた。
今夏は2~3試合の実況を担当する。競技経験者ではない女性だからこそ、果たせる役割もある。「ルールを知らないお母さんが見ても、(球児は)頑張っていると思ってもらえる実況ができればと思います」
伝統校のスタンドで、高齢の元球児が集まって応援し続ける姿を見ると、歴史の重みを感じる。「卒業しても高校野球を愛し続ける人たちがいる。歴史に関われるのはありがたいし、心に残る試合が届けられたら、ステキですね」

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月11日(月)00時44分20秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  5/29 春季東海大会最終日決勝戦 四日市市営霞ヶ浦球場 大垣日大(岐阜①)-至学館(愛知①) 9:59~12:04

第7話 ありがとう伊勢~四日市 そして桑名 さよならするのはつらいけど、、、

          一二三四五六七八九計HE
      大垣日大000000010173 伊藤、修行、石川-内藤、都筑
      至 学 館01300000X490 川口、新美、川口-井口

 予定よりも1日延泊した三重旅行も今日でおしまい・・・。初日の伊勢での思わぬ雨の記憶も洗い流され、2日目の四日市ナイトクルーズははるか昔のことのように感じていた・・・・・。
平日の朝からCBCラジオを聴ける喜びを感じて桑名をあとにした(といいつつ、閉会式後にまた桑名駅へもどってバスでなばなの里へ直行するのだが、、、、、)

最終日は10時から決勝戦だ。近畿だと午後からの試合なんで非常に違和感があるのだが、午前中は野球観戦そして午後は観光と時間を有効活用すればそんなに悪くないスケジュールだった。
三重4大球場でいちばん遠い四日市に3日連続通えるとは。。。。。当分、四日市まで足を運ぶことはないだろう。秋はこの春縁がなかった松阪へ。そして翌2018年春には泊りで津~松阪 あるいは 伊勢 に行こうと考えていた。

最終日・・・できればベテラン阪口監督に花を添えてほしかった。基本的に4年に1度の開催なんで年齢を考えると四日市最後の采配になるかもしれない。なんとか頑張ってほしかったがいかんせん3連戦で投手のやりくりが大変だ。至学館は雨の都合上4日間で3試合なんで負担が軽いし、昨日は静岡をコールドで撃破して波に乗っている。

先発は大垣日大が18番・伊藤 至学館は10番・川口とともに左サイドの投手だった。
1回表大垣日大は1番・岡田がライト線にポトリと落とすツーベースで口火を切り送りバントで1死3塁。3番・石川が初球スクイズ敢行もファールでケチがつき、結局セカンドゴロで4番・宮坂もレフトフライで先制ならずこれが戦局に大きく響いてしまった・・・・・。
その裏、伊藤投手は連続三振など簡単に抑えたが、2回裏4番・鎌倉にツーベースを喰らうと、バントで1死3塁。そして4球目に3塁走者を捕手が3塁けん制しタイミングはアウトだったが、ヘルメットにボールが当たる不運で至学館が先制。

大垣日大は3回表2死から1番・岡田が2打席連続ツーベースを放つも無得点。その裏、1番・定塚が2球連続メイデンをかまし追い込まれてからしぶとくレフト前にポテンヒットで出塁。1死から3番・新美がホームランを放ち3-0と差を広げ、坂口監督は迷わずエース・修行を投入。しかし5番・井口が場外ホームランを放ち4-0と差が広がり序盤を終えた。

早い段階で反撃したい大垣日大だが、左サイドの川口投手に合わないのか???4回は先頭の3番・石川がヒットを打つも走者を進められないままアウトの積み重ね。5回も先頭打者がヒットを放ち今度は8番・浦野にバントを命じ、1点を取りに行くが9番・柴田がセンターフライ。2死2塁でこの日2打数2安打いずれもツーベースを放っている1番・岡田を迎えて、麻王監督はワンポイントリリーフでエース・新美を投入して0-2からセンターフライに抑えて反撃の暇を与えない。
大垣日大も4回から登板した石川投手が4・5回ともに得点圏に走者を置く苦しいピッチングながらもエースの意地でホームを踏ませず5回を終えた。

5回終了1時間14分とロングゲームの気配が漂う・・・・・いつもは無類のロングゲーム好きの僕だが、この日は午後からなばなの里観光を控えており、また桑名駅に戻って13時40分のなばなの里行の直通バスに乗ることを考えていたので時間との戦いだった・・・・・。大垣日大の勝利を願っていたが、勝つためには少なくとも残り4イニングで4点以上取らなければならず、タイブレークのない決勝戦で延長15回突入ともなれば・・・・・。

最悪、閉会式を見ることもなく席を立つことも想定しつつ、、、2試合で20得点と火を噴いた打線がこの日は4安打無得点とおとなしい・・・。今大会初登板の伊藤投手の先発で後手に回ることは予想されたが、4点目の修行投手が喰らった場外ホームランは想定外だっただろう。5回4点ビハインドであえて送りバントして1点を取りに行ったが、取れなかったのがこの試合の苦しさを物語る。

6回表マウンドには再び川口投手が戻ってきた。このマシンガン継投を3試合ぶれずに敢行した麻王監督の執念が実り、2番からの好打順も2死から4番・宮坂に10球粘られ四球を与えたものの後続を断ち優勝に一歩ずつ近づいていく。

なんとか反撃を試みたい大垣日大だが、7回2死から8番・浦野がヒットで出るも続かない。その裏、連打と犠打で1死2・3塁のピンチを迎えるが4番・鎌倉をショートゴロホーム封殺。さらに5番・井口をショートごとに抑えなんとかしのぎ切った・・・。
すると8回表1・2番が連打を放ち大きなチャンスを迎えて、クリーンアップがつなぎたいところ。3番・石川がファーストゴロの間に走者が進塁し、4番・宮坂のセカンドゴロでようやく1点を返したが、反撃もここまで。
9回表も相手の好守に阻まれわずか6球で終わってしまい12時04分長かった三重3泊4日宿泊観戦のフィナーレを告げるサイレンが鳴り響いた。。。

しかし、皮肉なことだが東海大会優勝した至学館が春夏連続甲子園を逃し、準優勝の大垣日大は岐阜大会を制して甲子園に乗り込んできた。
心配された阪口監督の体調だが、天理戦で甲子園の1塁側ベンチからアルプスまで試合前後に2度走って往復できていたので見た目よりも元気で何よりだ!!

13時40分の桑名発なばなの里行の直通バスに乗ることを考えていたので時間との戦いだったが、閉会式は12時20分頃に終わったのでゆとりができた(といいつつ、閉会式見ながらローソンで買った『富山いろはブラックやきそば』を食べていたが・・・・・)
近鉄・霞ヶ浦~桑名は260円だが、JR富田浜~桑名は200円だった。JRと近鉄が同じホームなのは津や松阪と同じ構造だ。

14時前に無事に最終目的地なばなの里に到着。イルミネーションが有名だが、冬でもないし時間の都合上ナイターは不可能なんで平日昼間の閑散期、大いに楽しめた。
https://www.youtube.com/watch?v=P6BD2uoh6RU
本来ならば16時15分のバスで名古屋に行くつもりだったが、足湯に浸かったので20分遅らせて名鉄・名古屋で『マナカ』を購入して帰路に着いた。

普段の野球観戦で3日連続観戦というのも珍しいが、4日間7試合ドップリ三重に浸かるのもこれが最初で最後の経験だろう。雨はいつもイヤだが、今回に限っては恵みの雨だったのかもしれない。
これが2017年の高校野球観戦でいちばん思い出深かったシーンだった。

その裏?で近畿大会も1回戦4試合が行われ智弁-浪商が延長14回タイブレークだったり、和智弁VS大阪桐蔭の因縁の対決第1章が行われたりで観戦できなかったが舞洲も熱かった模様だ。

次回から遅れて到着したが舞洲での近畿大会観戦記スタートです!

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 四球 三振 失点 自責
大垣日大 伊 藤   2 1/3 12  49  3  1   1  2  2  3  2
大垣日大 修 行     2/3  6  13  2  1   1  0  0  1  1
大垣日大 石 川  5  27  84  4  0   2  0  3  0  0

至 学 館 川 口   4 2/3 18  54  4  0   2  0  0  0  0
至 学 館 新 美     1/3  1   3  0  0   0  0  0  0  0
至 学 館 川 口  4  16  49  3  0   0  1  0  1  1

                           (完)

                       ☆新シリーズのお知らせ☆
                熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく
6/3 春季近畿大会準決勝第1試合 舞洲ベースボールスタジアム 大体大浪商(大阪②)-東海大仰星(大阪③)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月 8日(金)00時23分24秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  ムカッ高校野球賭博、106人書類送検 伊勢署など 容疑の客ら 三重
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00001715-isenp-l24

今年の第90回記念選抜高校野球大会を利用した賭博に参加したなどとして、三重県の伊勢署などは8日までに、賭博開帳図利幇助と単純賭博の疑いで、南伊勢町の飲食店経営の男(63)ら20歳から89歳の106人を伊勢区検に書類送検したと発表した。

同署によると、男らは3月23日から4月4日まで開かれたセンバツの優勝、準優勝校を予想し、1口500円で投票する野球賭博に参加したほか、一部は賭け金を回収し、胴元に渡した疑い。賭客の大半は同町在住者。いずれも容疑を認めている。

同署などは4月5日、胴元の指定暴力団六代目山口組系暴力団元幹部・中村裕一被告(28)=賭博開帳図利罪で起訴=を逮捕。賭客を調べていた。

祝春夏甲子園で指揮 原田・龍谷大平安監督を表彰
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL636SN4L63PLZB00G.html

春夏通じて全国最多の甲子園出場73回を誇る下京区の龍谷大平安。日本高校野球連盟と朝日新聞社は8日、うち16回を指揮した原田英彦監督(58)=南区=に育成功労賞を贈ると発表した。低迷期のチームを奮起させ、強豪校として復活させたことが評価された。

野球を始めたのは3歳。小学4年生のときに夏の甲子園で見た平安高校のユニホームに憧れ、ユニホームの胸に油性ペンで「HEIAN」とまねして書いた。野球少年は平安に進み、本当に平安のユニホームに袖を通した。「うれしくて鏡の前から離れられなかった」と振り返る。

平安の練習は厳しく、100人いた同級生は10人まで減った。1年生の秋からレギュラーの中堅手となり、引退まで「定位置」を譲らなかった。夏の京都大会は3回戦止まり。甲子園は遠かった。
卒業後、日本新薬(南区)で13年間、社会人野球を続けた。平安の監督を打診されたのは、引退翌年の1993年春だった。平安の甲子園出場は70年代後半以降、春夏1回ずつ。低迷期に入っていた。「なんとかせなあかん」。決意のすえに退社し、93年8月から監督に就いた。

母校の野球部は変わり果てていた。グラウンドで私語が聞こえ、練習場に向かうバス内で選手たちはスナック菓子を食べていた。直すべき点をノートに書き出すと、全部で61項目にわたった。選手と衝突しながらも一つずつ改めさせた。練習も強化し、エラーがなくなるまで終わらないノックで守備を磨いた。
チームは変わった。4回目の夏の大会(97年)では全国で準優勝。「勝ちたかったけれど悔いはなかった。本当によくやってくれた」

この大会でエースとして投げ抜いた川口知哉(ともや)さん(38)=上京区=は、試合に負けるたびに「人のせいにするな。全部自分のせいやと思え」と言われたことを覚えている。
「しょっちゅう怒られたけれど、あのとき怒られてよかったと今は思う」と川口さん。昨年12月から女子プロ野球の京都フローラの監督になり、負けたときは「自分の指導が足りなかった」と考える。原田さんの指導のおかげという。

原田さんが大切にしているのは「自立」だ。練習中や試合中、粗いプレーや細かいミスに自ら気づくのを待ち、なるべく指摘しない。「川口がいたときのチームは、選手同士が気づいたことを言い合いながら強くなった。最近は『今の違うやろ』と指摘する声が聞こえてこない」。自分で考える力が弱くなったように感じている。

平安は春夏通じて甲子園で99勝。今夏の第100回の記念大会で、「100勝達成」に挑む。
原田さんは「OBやファンから『100回大会の甲子園に平安がいないのはあり得ない』と言われるが、自立しないと甲子園はみえてこない。自立し、100勝目を上げてくれたら一番うれしい」と話す。

メモ奈良大会要項発表 7月14日開幕、28日決勝
https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/ASL647DZ4L64POMB00W.html

大会日程 https://vk.sportsbull.jp/koshien/articles/photo/AS20180608004983.html

奈良県高校野球連盟は8日、第100回全国高校野球選手権記念奈良大会の開催要項を発表した。30日に組み合わせ抽選会があり、7月14日に開幕。全試合が同県橿原市の佐藤薬品スタジアムであり、順調に進めば同28日に決勝がある。優勝校は8月5日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する全国大会に出場する。

組み合わせ抽選会は6月30日午後5時から、橿原市の奈良県橿原文化会館で。奈良県出身で元プロ野球選手の三浦大輔さんと関本賢太郎さんのトークショー、過去の奈良大会優勝校(天理、智弁学園、郡山、桜井、高田商、御所実)のOBのトークもある。今大会は42校39チームが出場を予定。青翔・二階堂・吉野・山辺が連合チームで出場する。シード校は春の県予選で4強入りした智弁学園、高田商、天理、橿原学院。

今大会からタイブレーク制が採用され、準決勝までは延長十二回終了時に同点の場合、十三回以降は決着がつくまで互いに無死一、二塁から攻撃を始める。決勝は延長十五回で同点の場合に再試合となる。再試合の場合、十三回以降のタイブレーク制となる。

開会式は7月14日午前10時から、佐藤薬品スタジアムである。高校放送部の成績優秀者が司会進行役を務め、天理教校学園マーチングバンド部の演奏に合わせて選手が入場行進する。県内21校の合唱・音楽・コーラス部員が大会歌を斉唱、代表者1人が国歌を独唱する。入場料は大人700円、高校生300円、中学生以下は無料。

全国の各地方大会の優勝、準優勝校に贈られる盾とメダルは7大会連続で同県川上村在住の彫刻家で京都教育大非常勤講師の森野政順(まさより)さん(51)がデザインと制作を担った。選手たちが一丸となって向かっていく姿やエネルギーを表現している。

GOOD!大阪桐蔭を東邦の部員らが応援 愛知の招待試合
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180609-00000073-asahi-spo

春の選抜高校野球で連覇した大阪桐蔭を招いた「招待試合」が9日、愛知県刈谷市の刈谷球場で開かれた。大阪桐蔭と対戦した東邦の部員らが、大阪桐蔭の応援曲を覚えて、歌や太鼓、トランペットの演奏でエールを送った。

大阪桐蔭の応援団が来られないため、東邦側が協力を申し出て、試合前日の8日に応援練習を開始。ベンチ入りしていない部員やマネジャー計約30人が、大阪桐蔭がよく用いる「You are スラッガー」などを演奏。時折、東邦がよく使うプロ野球・千葉ロッテマリーンズの応援歌も演奏した。
トランペット担当のマネジャー、中島未結さん(3年)は、攻守が入れ替わる度に一塁側と三塁側のスタンドを行き来し、演奏した。「突然のことでしたが、出来るだけ頑張って演奏しました」

大阪桐蔭側の応援団長を務めたのは、東邦の主将・稲留克哉君(3年)だった。「相手校を応援するのは新鮮。応援で試合が盛り上がればうれしい」と話していた。試合は12―5で大阪桐蔭が東邦に快勝した。

プレゼント「根尾君みせたい」2年前に打診 愛知招待試合の舞台裏
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000051-asahi-spo

愛知県外の高校野球の強豪校と県内校が対戦する「招待試合」が9、10日に開かれる。今年は今春に選抜2連覇を果たした大阪桐蔭(大阪)を迎える。昨年は早稲田実(東京)の清宮幸太郎選手=現・日本ハム=が100号本塁打を放った。毎年の好カードは、愛知県高校野球連盟が1年以上前から旬のチームに目をつけ、人脈を生かして実現につなげている。

招待試合は県高野連前理事長の森淳二さんが県内の野球のレベル向上や人気活性化を図る目的で3年前に始めた。副理事長の鶴田賀宣さんとともに招待チームを選んできた。2015年履正社(大阪)、16年健大高崎(群馬)、17年早稲田実、18年大阪桐蔭と豪華な顔ぶれだ。
強豪校の場合、1~2年先まで週末の練習試合の予定が入っていることがある。招待する場合は早めに交渉しなければならない。

生きたのは、将来性を測る「先見の明」と人脈だ。履正社は14年春の選抜大会で豊川(愛知)を準決勝で下し、準優勝していた。鶴田さんと履正社の岡田龍生監督は日本体育大硬式野球部の同期。選抜後、「来年から愛知で招待試合をやるから来てくれないか」と誘ったという。

履正社には2年生の好投手右腕が2人いて、1年後の成長に期待して声をかけた。しかし、招待試合には2人に加え、寺島成輝=現・ヤクルト=、安田尚憲=現・ロッテ=の両選手も出場。「これは予想外だった」と鶴田さんは笑う。
強気の走塁で相手を揺さぶる「機動破壊」で知られる健大高崎に声をかけたのも約1年前。森さんの「ああいう野球を勉強してほしい」との願いからだった。健大高崎のコーチがかつて愛知県内で指導者をしていた縁もあり、実現した。

昨年の早稲田実に打診をしたのは15年夏。甲子園で活躍する清宮選手を見て、「これはすごい選手になる」とすぐに動いた。これも鶴田さんが東京都の選抜チームに同行した経験があり、都高野連へスムーズに依頼できた。
この招待試合で清宮選手は高校通算97~100号本塁打を放った。清宮選手を見ようと、球場には早朝から長蛇の列ができた。鶴田さんは「地元の野球ファンに最高のシーンを見せられてよかった」と喜ぶ。

今年は大阪桐蔭。打診したのは2年前の春だった。前年の夏、根尾昂選手(3年)が飛?高山ボーイズ(岐阜)から中日本選抜に選ばれ、世界大会に出場。そのプレーを鶴田さんが見ていた。今、根尾君にはプロも注目する。「野球センスの塊。大阪桐蔭への進学を知り、3年生になった根尾君を見てもらいたくて、入学直後にお願いした」。大阪桐蔭の西谷浩一監督の高校時代の後輩だった岡崎北の徳美典監督を頼り、招待が実現した。
他県でも招待試合は開かれているが、たいていは有料だ。しかし、愛知は無料で続けている。「人脈で助けてもらっている。それをファンの方々に恩返しできれば」と鶴田さん。

9日は刈谷球場で東邦(午前9時半~)と桜丘(午後0時半~)が、10日は岡崎市民球場で中京大中京(午前9時半~)と愛産大三河(午後0時半~)がそれぞれ大阪桐蔭と戦う。

メモありがとう甲子園100回 来月、名選手語り合う感謝祭
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000071-asahi-spo

日本高校野球連盟と朝日新聞社は全国高校野球選手権大会が100回を迎えるのを記念して「感謝祭~ありがとう 夏100回 これからも~」を7月21日(土)、大阪市中央公会堂(大阪市北区中之島)で開きます。

淀川工科高校吹奏楽部(大阪府)によるオープニング演奏の後、第1部では甲子園で活躍した牛島和彦さん(大阪・浪商=現大体大浪商)、金村義明さん(兵庫・報徳学園)、佐々木主浩さん(宮城・東北)が高校野球の魅力と未来を語り合います。コーディネーターは朝日新聞・安藤嘉浩編集委員。第2部では尼崎市立尼崎高校吹奏楽部(兵庫県)が人気のブラスバンド曲を演奏します。

感謝祭の模様は高校野球情報サイト「バーチャル高校野球」でライブ配信します。

午後1時半開演。事前申込制(参加無料)で、聴講券が必要です。Web申し込みフォーム(https://que.digital.asahi.com/question/10000964)からお申し込みください。はがきの場合は、郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号、同伴者の有無(1人まで)を書き、〒530・0005 大阪市北区中之島2の3の18 (株)キョードー大阪内(0570・200・888) 感謝祭事務局まで。6月25日(月)消印有効。応募多数の場合は抽選。聴講券の発送をもって発表。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月 7日(木)00時34分8秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  5/28 春季東海大会準決勝第2試合 四日市市営霞ヶ浦球場 至学館(愛知①)-静岡(静岡②) 12:47~14:37

第6話 まさかまさかのワンサイド・・・・・。

          一二三四五六七八九計HE
      至 学 館0022117  13190 川口、新美-井口
      静  岡0000000  031 池谷、竹内、鈴木-森

              第一試合
              大垣日大8
              東  邦5

 さて、第2試合は2日前に伊勢で勝利した両チームが雨の恩恵を受けて本来ならば、連戦だったが中1日の休養をもらって試合に挑む。

至学館は川口、新美、川口、新美・・・とセンバツ開幕戦でも見せたマシンガン継投とメイデンを彷彿とさせるバント野球でコツコツ勝機を探りながら3時間ゲームで強打の中京院中京をほんろうして勝ち上がった。
静岡はセンバツで大阪桐蔭と乱打戦を演じ、底力を見せつけ、近大高専相手にエース・池谷が登板してからは完全に主導権を握り、近大高専を一蹴して四日市に乗り込んだ。
スケールの大きさを考えると静岡の有利は動かない。ましてやこの日はエース・池谷が先発とあっては・・・・・。

至学館はこの日が日曜日ということもあってか?1回戦ではなかったブラスバンドとチアガールの応援団が四日市にやってきた!静岡はトランぺッターが1人孤軍奮闘して軍艦ラッパよろしく音程を外しながらも頑張り、保護者のみ応援し、控え部員はただ見てるだけ・・・・・。
たっぷり散水もされて、12時47分プレーボール。

至学館はサイレント同時に1番・定塚がメイデンをかましファールといやらしさを見せつけ、追い込まれつつもレフト前ヒットで喰らいついた。しかし後続が3連続フライに倒れやはり難攻不落だった・・・・。
至学館は10番・川口が先発し、左サイドから静岡打線を苦しめ、2死からセンター前ヒットを許すもセンターから1塁へ矢のような送球で油断した走者をアウトに!!

2回裏も併殺で凌いだ至学館は3回2死から四球をきっかけに、ライト前ヒットと盗塁でチャンスを作り、3番・新美&4番・鎌倉の長短打で2点を先制し面白くなってきた!!
すでに3回まで5回もメイデンをかまし続けているが、元祖と違ってこっちは新興勢力だし、それくらいやらないと勝ち目がないので容認できる?!その裏、静岡は四死球などで1死1・2塁とするが、1番・村松がサードゴロゲッツーに倒れまだ空回りし続けて序盤を終えた。

試合としては面白くなってきたが、中盤以降思わぬ展開に・・・。4回表至学館は攻撃の手を緩めず2本のヒットなどで1死1・2塁として川口投手が送りバントを失敗して流れが変わるかに思えたが、代打・岩井が池谷投手のボールを完ぺきにとらえて右中間へ2点タイムりーツーベースを放ち4-0と差を広げ戦前の予想と真逆の展開に!!
静岡打線は借りてきた猫のようにおとなしく4回2番からの攻撃も三者凡退であっけなかった。

5回からなんと2番手・竹内がマウンドへ。まさか池谷投手がKOされるとは・・・中1日空いたことで気が抜けてしまったのか???至学館は1番からの攻撃で定塚がヒットを放ち暴投で2塁へ。送りバントとタイムリーで生還しまさかの5点リードとなった。
その裏静岡も2死からヒットとし四球で満塁のチャンスをつかみ1番・村松に回し、ここで一打出れば試合展開が混とんとする勝負所でレフトフライ。

至学館はセンバツ開幕戦で市呉に延長で惜敗し、その悔しさを胸に三重にやってきて今大会優勝を狙っているようだ。静岡はセンバツ1勝して大阪桐蔭と死闘を演じ、実力を証明し東海大会1勝を果たしどこかしら燃え尽きているような感もある試合運びだった・・・・・。
1回戦で完璧なリリーフを見せた池谷投手が中1日で先発し、失点は計算できると思ったが、まさかの4回4失点でKO。この流れを止める投手はおらずなんとか9回まで試合ができないかという不安をもって後半戦へ。

至学館はなおも容赦なく襲いかかり6回は5番・井口がヒットを放つと1死から盗塁を決めて、7番・木村のヒットで1・3塁として8番・川口投手がカウント0-3からなんとスクイズを決めて無警戒の中6点目をもぎ取り、四球とエラーで2死満塁としたところでまさかのホームスチールは爆死、、、さすがにこれは調子に乗りすぎたか???一方的な展開で静岡打線は戦意喪失し、4回に続き2番からの好打順は三者凡退でコールドも視野に入った。

できればあと2イニング踏ん張ってほしい竹内投手だったが、防戦一方でもうどうにも止められなかった・・・・・。2番・藤原連に内野安打と盗塁を許すと、3・4番に連打でコールド圏内に突入し気持ちが切れてしまった。。。。。パスボールで1・2塁の走者が進塁し、1死後3連続タイムリーが飛出し、10-0と差は広がるばかり、、、栗林監督は全く動かず、竹内投手続投。そして代打・吉見にまさかのライト3ランホームランを喰らい13-0となったところでようやくタオルが投げ込まれ3番手・鈴木投手がマウンドへ。

まさか至学館にここまでの爆発力があったとは・・・と驚かされた!!7回裏はエース・新美がリリーフし盤石の態勢を敷いて、先頭打者を四球で歩かせたもののライトフライとサードゴロゲッツーで締めて明日の決勝戦に進出を果たし、名古屋からやってきたチアガールとブラスバンドの声援に応えた。

試合終了は14時37分とまだまだ陽は高かった。3日連続自宅から四日市まで片道約1時間30分かけて3日間通い詰めた愛知の野球仲間と途中まで歩き、夏の甲子園での再会を楽しみにそれぞれJRと近鉄で分かれて帰路に着いた。
僕はあえて桑名にヤドをとって、4年前足早に駆け抜けた九華公園とまだ見ぬ七里の渡しを観光した。
https://www.youtube.com/watch?v=HGfsTUnuec4
https://www.youtube.com/watch?v=D5U7NzCYnZE

さらに普段は聞けないCBCラジオを日中聞いて楽しんでいた。本当に充実した3日間でまだあと1日残されており、閉会式終了後には『なばなの里』に足を運び名古屋経由で新幹線で帰る。浦島太郎気分はまだまだ続くが、3泊4日のフィナーレは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 四球 死球 三振 暴投 失点 自責
至 学 館 川 口  6  22  98  3  0   1  2  2  1  0  0  0
至 学 館 新 美  1   3  17  0  0   0  1  0  0  0  0  0

静  岡 池 谷  4  19  56  7  0   0  1  0  2  0  4  4
静  岡 竹 内   2 1/3 19   78 11  1   2  1  0  3  1  9  9
静  岡 鈴 木     2/3  3   8  1  0   0  0  0  0  0  0  0

                       (完)

                      ☆次回予告☆
  5/29 春季東海大会最終日決勝戦 四日市市営霞ヶ浦球場 大垣日大(岐阜①)-至学館(愛知①)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月 4日(月)00時53分30秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  メモ大阪)来月7日熱戦開幕 南北大会に175校出場
http://www.asahi.com/koshien/articles/ASL615KL2L61PTIL01N.html

第100回全国高校野球選手権記念南・北大阪大会の開催日程が5日、決まった。7月7日に京セラドーム大阪(大阪市西区)で開幕。始球式は元大リーガーの黒田博樹さん(43)が務める。決勝は南大会が同28日、北大会が同29日にシティ信金スタ(同市此花区)である。両大会で計175チームが出場する見込み。組み合わせ抽選会は22日、大阪市中央公会堂(同市北区)である。

記念大会の今夏は府内を南北に分けて大会を行い、甲子園には2校が代表として出場する。大阪市中央区の府高野連で運営委員会が開かれ、両大会の日程などを決めた。
7月7日は午前11時からの開会式に続き、両大会の1試合ずつがある。8日以降の開催球場は、北大会が万博(吹田市)▽豊中(豊中市)▽舞洲▽花園(東大阪市)▽南港中央(大阪市住之江区)で、南大会が住之江(同)▽久宝寺(八尾市)▽舞洲▽花園▽南港中央。

雨などによる順延がなければ、4回戦・準々決勝の組み合わせ抽選を7月21日に、準決勝の組み合わせ抽選は同24日に実施する。準決勝からは舞洲のみが開催球場になり、1日ごとに南北大会を交互に開催する予定になっている。
羽衣学園が新加盟し、南大阪大会に初参加する。連合チームは南北合わせて6チーム。和泉総合は部員不足で、精華は対外試合禁止処分で参加しない。

準決勝まで、五~六回で10点差か七回以降で7点差がつけば、コールドゲームになる。今大会から延長十二回を終わって同点の際は、十三回から「タイブレーク」を導入。各回無死一、二塁から始め、決着がつくまで戦う。決勝はコールドゲームもタイブレークも採用しない。ただ延長十五回を終わっても同点の場合は引き分け再試合とし、再試合ではタイブレークを適用する。

     ◇

第100回全国高校野球選手権記念南・北大阪大会を主催する府高野連と朝日新聞社は、大会の始球式に登板する小学生計8人を募集します。7月8日(日)に試合が始まる6球場の第1試合、28日(土)予定の南大阪大会決勝、29日(日)予定の北大阪大会決勝の計8試合で実施します。登板する8人には今夏の甲子園大会のオフィシャルグッズを差し上げるほか、7日の開会式に招待します。

8日の6球場は万博(吹田市)▽豊中(豊中市)▽シティ信金スタ(舞洲、大阪市此花区)▽南港中央(同市住之江区)▽住之江(同)▽久宝寺(八尾市)で、いずれも午前9時開始。決勝は午後1時から、シティ信金スタで。決勝の日程は雨天などで延期されることがあります。

     ◇

◇資格 府内に在住か通学する小学生。男女は問いません。
◇応募方法 はがきに、①小学生の氏名(ふりがなつき)、学校名・学年、生年月日②始球式に同伴する保護者の氏名(ふりがなつき)、住所、電話番号③希望する球場を2球場まで④希望理由を書いて郵送してください。
◇宛先 〒530・8211(住所不要)朝日新聞大阪本社社会部高校野球班「始球式係」へ。6月13日(水)必着。応募多数の場合は抽選し、当選者のみ連絡します。当選者の名前、学校名・学年などは、6月22日(金)の組み合わせ抽選会で公表します。

メモ第100回全国高校野球選手権記念大会の開催要項
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000064-asahi-spo

朝日新聞社と日本高等学校野球連盟は、第100回全国高等学校野球選手権記念大会を8月5日から21日まで(雨天順延)、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開催します。代表校は、例年2校が出場している北海道、東京に加え、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県からも2校ずつ出場。史上最多となる56代表校が出場します。

開会式は5日午前9時から。今回も連日、小中学生らを無料招待する「ドリームシート」をバックネット裏に設けます。準々決勝翌日の19日は休養日とし、決勝は21日午後2時開始予定です。
組み合わせ抽選会は2日午後4時から大阪市北区のフェスティバルホールであり、3回戦までの対戦を決めます。今回は代表校数が多いため、入場証をもつ代表校関係者のみが抽選会場に入場できます。準々決勝以降の組み合わせは、3回戦、準々決勝にそれぞれ勝ったチームが試合直後にくじを引いて決めます。

バックネット裏の中央特別指定席などの入場券前売りに関するお知らせは6月中旬に紙面掲載します。
この大会は、1915(大正4)年、大阪・豊中グラウンドで始まり、野球を通じた青少年の健全育成を目的にしています。代表校を決める地方大会は6月下旬から始まります。

第100回全国高等学校野球選手権記念大会の開催要項は次の通り(要旨)。
1 日程
《地方大会》全国47都道府県の高校野球連盟と朝日新聞社の本社、あるいは支社、各総局とが協議して決める。

2 運営
《全国大会》日本高校野球連盟と朝日新聞社が適任者を選んで運営委員会を構成、大会運営に当たる。
《地方大会》各都道府県高野連と朝日新聞社の本社、あるいは支社、各総局とが運営委員会を設け、大会の運営に当たる。

3 登録選手
《全国大会》1校18人以内とする。
《地方大会》原則として全国大会に準ずる。しかし、各地方大会の運営委員会による協議で、ある程度の増員ができる。

4 健康管理
(1)校長は参加選手の健康証明書を学校医から受ける。また、保護者の同意を得る
(2)主催者は大会中の選手の負傷、疾病に対し応急手当てをする以外は責任を負わない
(3)試合が延長戦に入り、十二回終了時に同点の場合は十三回からタイブレークを開始する。ただし、決勝ではタイブレークを採用せず、延長回は十五回で打ち切り、翌日以降に改めて再試合を行う。決勝の再試合ではタイブレークを採用する
(4)全国大会では投手の関節機能検査を実施。肩、ひじに重大な障害が発生している事実が確認できれば、投手としての登板を禁止する。

5 出場選手の旅費と滞在費
《全国大会1校20人(選手18人と責任教師、監督各1人)に、旅費と滞在費を規定に従って支給・負担する。

6 大会諸経費(地方大会を含まない)
入場料を充てる。剰余金が出た場合、運営委員会などで協議し処分方法を決定する。不足した場合、過去の剰余金で積み立てた大会準備金を充てる。

メモ高校日本代表、8・28壮行試合で大学日本代表と対戦…監督は報徳学園前監督の永田裕治氏
http://www.hochi.co.jp/baseball/hs/20180604-OHT1T50098.html

日本学生野球協会とNPBエンタープライズは4日、U―18アジア野球選手権(9月3~9日・宮崎)に出場する高校日本代表が、8月28日に壮行試合(午後6時開始・神宮)で大学日本代表と対戦すると発表した。

高校、大学のジャパンが壮行試合で対決するは16年以来、2年ぶり3度目。15年は9―2、16年は5―0で、ともに大学日本代表が勝利している。試合はDH制ありで、木製バットを使用する。

高校日本代表は、報徳学園(兵庫)前監督の永田裕治監督が率いて、八戸学院光星(青森)の仲井宗基監督がヘッドコーチ、北海(北海道)の平川敦監督と作新学院(栃木)の小針崇宏監督がコーチを務める。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日の近畿大会試合結果(最終日 決勝戦 明石トーカロ球場)
最終日決勝戦 智弁和歌山(和歌山)-大阪桐蔭(大阪) 13:00~14:53
          一二三四五六七八九計HE
      大阪桐蔭0002000103110
      和 智 弁1000000001110

大阪桐蔭は2年連続5度目の優勝トロフィー

野球今日の中国大会岡山県勢試合結果(2日目 準決勝 山口マツダ西京きずなスタジアム)
広島新庄3-1倉 敷 商

炎智弁和歌山、大阪桐蔭に08年から公式戦6戦全敗…高嶋仁監督「次は頑張ります」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180603-00000140-sph-base

今春センバツ決勝と同カードは、大阪桐蔭が2年連続5度目の優勝を飾った。智弁和歌山は08年から大阪桐蔭に公式戦6戦全敗となった。

智弁和歌山は初回に文元洸成外野手(3年)が右前適時打を放ち、センバツ決勝と同様に先取点を奪った。先発全員の11安打を記録しながら、2回以降は三塁を踏めず、11安打3失点で粘った平田龍輝(3年)の力投に報いることができなかった。

高嶋仁監督(72)は「ええ試合やったけど、負けは負け。長打がないしね。(大阪桐蔭の根尾は)追い込んでから高めのボール球の使い方がうまい。分かっていても手が出てしまう。そのへんの見極めができていない」と指摘した。

名将は「次は頑張ります。地区大会では負けても、“本チャン”で勝ちます。夏で当たったらすごい。それが決勝だったら。そのためにも甲子園に出ます」と、第100回の記念大会で宿敵を倒すことを目標に掲げた。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 6月 3日(日)00時55分19秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  5/28 春季東海大会準決勝第1試合 四日市市営霞ヶ浦球場 大垣日大(岐阜①)-東邦(愛知②) 10:00~12:05

第5話 坂口監督VS森田監督 師弟対決

          一二三四五六七八九計HE
      東  邦3000000025111 扇谷、田中-落合
      大垣日大20102012X8121 石川、修行-都筑

              第二試合
              至 学 館
              静  岡

 昨夜のナイトクルーズでいい夢を見て、日曜日のこの日も快晴だった!やはり初日、雨降ったけど先を見越して傘を持ってこなかったのは正解だった!!

なかなか四日市までは遠くて足を運べないのだが、3日連続で霞ヶ浦球場に通うのは最初で最後だろう・・・。実は愛知の野球仲間も初日の雨天中止を含めて3日連続四日市に通うのはじぶん史上初とのことだった。

今日は準決勝2試合で試合が終われば桑名に移動して4年前少しだけ散策した七里の渡しや九華公園をじっくり散策して桑名の空気をたっぷり吸おうと考えていた。
第1試合は昨日、霞ヶ浦でともにコールド勝ちを収めた大垣日大VS東邦のカード。監督の師弟対決もみものだったが、ともに打力があるだけに投手陣がどこまで踏ん張れるか?
コールド勝ちだったとはいえ、お互い前日の先発投手だったエースは先発回避だった。

試合は初回から激しく動いた!!まず東邦が相手先発の石川投手に対して、1番・洞田が右中間スリーベースを放ち、機先を制すると2番・川瀬はいきなり初球セーフティースクイズをかますもセカンドフライ。
しかし、3番でエースの田中が今日はファースト出場で打撃に専念すべくセンターへ先制2ランを放った!!
さらに4・5番の連続長短打でもう1点追加すると、坂口監督は辛抱たまらず、わずか13球で石川を諦め、昨日6回71球投げた2年生エース・修行をマウンドへ。内野安打1本許すもそれ以上の追加点を与えず、エースらしいピッチングだった。
これに応えるべく、1回裏大垣日大は1番・岡田がヒットで出塁するとまさかの連続四球で無死満塁の大きなチャンス!!!4番・宮坂のタイムリーと6番・堀本の犠飛で1点差に迫り3-2で初回終了。

東邦は2回も先頭打者が人で出塁するが強攻策失敗で無得点。大垣日大もその裏2死から死球で出塁したが盗塁失敗でお互い強攻策は裏目に出た。
3回裏大垣日大は2番・都筑がスリーベースを放ち、直後に暴投で生還し労せずして同点に追いつき試合を振り出しに戻し、エースがマウンドに立っているだけに試合の主導権を握りつつあった。

初回に幸先よく3点を先制した東邦だが、エース・修行からはほぼ手も足も出ない状態で4回は三者凡退。5回は1死から内野安打で出塁したものの、すぐにけん制タッチアウトでホームがあまりにも遠かった。
こうなると攻撃に専念でき、なおかつ3点差を追いつき勢いがあるだけに大垣日大に分があった。
5回裏先頭の9番・浦野がセンター前ヒットを放つと送るそぶりもなく1-2から盗塁を決めて、1番・岡田もヒットで続き無死1・3塁。2番・都筑は高めのボール球に手を出し三振したものの、3番・石川&4番・宮坂の連続長打で2点を勝ち越し折り返した。

ここまで見る限りではやはり阪口監督のキャリアがモノをいっているようで試合運びがうまかった。連投を考慮してエース・修行を温存したが、3点をいきなり奪われるとすぐさま緊急登板させ流れを止めて、打線がジワジワ攻め込んで3本の長打も絡めて5-3と逆転に成功し盤石の態勢に持ち込みつつある。
4年前の東海大会で阪口監督を見て、ずいぶん老け込んでしまい歩くのもやっとという感じで、右腕もまるでギプスで固定しているかのように動かさなかったので心配したが、その年の夏に甲子園出場を果たしたし、73歳になってもまだまだ健在だ。しかし、あの体調ではノックを打つこともできないだろうし選手が言うことを聞いてくれるか心配だが、東邦時代からの実績がモノを言っているのだろう。

グラウンド整備が終わり少し間が空いたが東邦打線は相変わらず湿っており3番からの攻撃も10球で三者凡退と元気がない。そして流れを変えるべく6回裏からエース・田中を投入し連続フライアウトにショートゴロで三者凡退と思いきや・・・ショート石川が悪送球で1塁セーフ・・・。しかしけん制タッチアウトで味方のエラーを帳消しにしてまだ2点差終盤一波乱を期待させる展開だ!

7回表東邦は先頭打者のピッチャーフライ落球にバントヒットで無死1・2塁と思わぬチャンスをつかみオマケに修行投手が負傷し1分間中断。バッター8番だけに送って1死2・3塁として勝機を探るものと思っていたが、森田監督は強気の強攻策を選択するもまさかのショートゴロゲッツーでチャンスを逸し無得点。
これで流れが大垣日大に大きく傾いてしまった・・・・・。

7回裏9番・浦野がツーベースを放ち、定石通り送って1死3塁とし、2番・都筑が初球レフトへタイムリーツーベースを放ち貴重な1点を奪い6-3と突き放し、8回には1死から3連打で畳み掛けて2点を追加し8-3と大量リードを奪い、試合を決めた。

しかし、東邦も2016年夏の八学光星戦との試合で大逆転サヨナラ勝ちをしたこともあり終盤の粘りは脅威だ。この日も9回表1死から内野安打で出塁し、7番・落合がライト前ヒットで続きなんとこれを後逸・・・・・1塁走者が生還し打者走者も3塁へ到達。これで混沌としつつあったが、8番・石川はサードゴロでチャンスにことごとく凡退し、1点は返したものの相手を落ち着かせ最後はセカンドゴロでゲームセット。

初回に東邦が鮮やかに先制したものの、すぐさまエース・修行を投入し流れを止めてジワジワ攻めていき、主導権を奪い返して圧力をかけていき小刻みに加点して堅守で凌いで勝つべくして勝ったという阪口監督のベテランの味を見せつけた会心のゲームだった。
もう、かつてのような猛将の面影はないが、その眼光はいつまでも鋭くチャンスは逃さなかった。第2試合は途中まで部長たち首脳陣たちとともに熱い熱いスタンドで観戦されていた。中にはクーラーの効いた本部席で試合を眺める監督さんも少なからずいると思うのだが、見た目よりも元気だった。ちなみにこの夏出場した甲子園の天理戦では1塁ベンチから小走りにアルプスまで駆けていたし、体調面の不安は僕が思っているよりも軽そうでなによりだった。

さて、第2試合は2日前に伊勢で観戦した2チームの激突。それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 三振 暴投 失点 自責
東  邦 扇 谷  5  23  74  7  0   0  1  3  3  1  5  5
東  邦 田 中  3  15  39  5  0   2  1  0  2  0  3  2

大垣日大 石 川     1/3  5  13  4  1   0  0  0  0  0  3  3
大垣日大 修 行   8 2/3 31  77  7  0   0  0  0  0  0  2  0

                       (完)

                      ☆次回予告☆
  5/28 春季東海大会準決勝第2試合 四日市市営霞ヶ浦球場 至学館(愛知①)-静岡(静岡②)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月31日(木)00時48分41秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日(2日)の近畿大会試合結果(3日目 準決勝 明石トーカロ球場)
3日目第1試合 大阪桐蔭(大阪)-智弁学園(奈良) 9:59~12:12
          一二三四五六七八九計HE
      大阪桐蔭1013010006120
      智弁学園0010110003100

3日目第2試合 智弁和歌山(和歌山)-滝川二(兵庫②) 12:59~15:12
          一二三四五六七八九計HE
      和 智 弁003030201993
      滝 川 二1101040007121

野球今日(2日)の中国大会岡山県勢試合結果(初日 1回戦 山口マツダ西京きずなスタジアム)
倉 敷 商11-3宇 部 工(7回)

野球明日(3日)の近畿大会組み合わせ(最終日 決勝戦 明石トーカロ球場)
☆☆☆ 13:00~ 大阪 桐蔭(大 阪)-智弁和歌山(和歌山)

野球明日(3日)の中国大会岡山県勢組み合わせ(2日目 準決勝 山口マツダ西京きずなスタジアム)
    10:00~ 倉 敷 商(岡山1位)-広島 新庄(広島1位)

ムカッ<窃盗容疑>千葉経済大付属高の野球部長を逮捕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000059-mai-soci

千葉中央署は2日、千葉経済大付属高教員で野球部長の大野貴弘容疑者(29)=自称千葉市中央区=を窃盗の疑いで逮捕した。「覚えていない」と容疑を否認しているという。

逮捕容疑は同日午前1時半ごろ、JR千葉駅に停車していた電車内で寝ていた同市の女性会社員(26)から現金約1万5000円などの入ったリュックサックを盗んだとしている。
同署によると、大野容疑者は女性の足の間からリュックを取った。目撃した別の女性乗客が「ひったくり」と叫び、男性乗客2人が逃走する大野容疑者を追いかけて取り押さえたという。

同校野球部は甲子園に春夏通算5回出場。大野容疑者はOBで現役当時も甲子園に出た。2014年から部長を務めている。
同校の飯島一生副校長は「教員は子供たちに正しい生き方を教えるべきで、事実であれば、とんでもない事態だ。詳細が分かり次第、厳重に対応する」と話した。

ムカッ下着脱がせ動画、野球部活動自粛 伊豆総合高
https://mainichi.jp/koshien/articles/20180519/ddl/k22/050/029000c?inb=ys

県立伊豆総合高校野球部員の2、3年生6人が、2年生部員1人の下着を脱がしスマートフォンで動画を撮影し、インスタグラムに公開していたことが18日、同校への取材で明らかになった。同校は県高野連に報告し、野球部は活動を自粛している。

同校によると、4月24日夜、練習後に部室で着替えていた部員の下着を3人が脱がし、別の3人が撮影。うち1人がインスタグラムに公開した。翌25日、被害にあった部員の母親が動画に気付き高校に連絡し発覚。6人が行為を認めたことから、同校は6人を26日~5月10日の自宅謹慎処分とした。野球部は26日以降、活動を自粛している。

増田陽一教頭は「いじめと捉えている。指導不足でこのようなことが起き申し訳ない」と話した。県高野連は「処分については検討中」としている。

ムカッ不適切指導  野球部員に 監督の教諭、謹慎処分 金沢龍谷高
https://mainichi.jp/articles/20180512/ddl/k17/100/268000c?inb=ys

金沢龍谷高(旧称・尾山台高)の野球部監督を務める男性教諭(40)が4月、1年生の男子部員に不適切な言動で指導していたことが11日、明らかになった。日本学生野球協会はこの日の審査室会議で、男性教諭を4月4日から3カ月の謹慎とした。男子部員は現在も登校していないという。

同校によると、4月1日のノック練習で男子部員が集中していないと感じた男性教諭が「ボールが頭に当たったら死ぬぞ」などと発言。ショックを受けた男子部員は翌2日から練習を休んだ。学校側の調査に、男性教諭は指導上の責任を考えての発言だったとしたものの「言葉遣いは気をつける」と反省しているという。

同校は4月に現校名に改称。昨年4月にも後輩を殴ったとして当時3年生の部員が日本高野連から1カ月の公式戦出場停止の処分を受けた。山本正彦副校長は「命を守るためとはいえ、教諭は配慮ある言動をすべきだった。処分には従う」と述べた。

ブーイング高校野球の強豪・健大高崎 “間の悪い暴力沙汰”で出場危機
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-00000025-nkgendai-base

1日に高校野球の強豪校・健大高崎(群馬)で部員による暴力行為が発覚。2年生部員が寮で1年生部員に「指導」の趣旨で暴力を振るったという。
処分は今月中に決定する見通しで、それまでは対外試合を自粛することになった。7月7日から始まる夏の県大会出場は現時点では未定だ。

春の関東大会で優勝し、夏の甲子園の100回大会に出れば、優勝候補にも挙げられる強豪だが、6月は多くの練習試合が行われるだけに、予選に出場できることになっても、苦戦を強いられるかもしれない。
「健大高崎の部員は全国からの野球留学の生徒が中心。コーチは5~6人と多く、寮監もいる。常に目を光らせる大人が多く、部員たちは息をつくヒマもない。フラストレーションがたまって暴発したのではないか」(アマ球界関係者)

とはいえ、今は日大アメフト部の暴力問題が世間を騒がしている。なんとも間が悪い不祥事発覚だ。

野球全国高校野球青森大会100回記念 太田幸司さんが始球式
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180602-02132225-webtoo-l02

7月9日開幕の全国高校野球選手権青森大会で、三沢高校出身で元プロ野球選手の太田幸司さん(66)=兵庫県宝塚市=が始球式を行うことが1日、県高野連への取材で分かった。今年は第100回記念大会。太田さんは東奥日報紙取材に「すごい名誉なこと。楽しみたい」と意気込みを語った。

太田さんは、三沢高のエースとして1968年夏から3季連続で甲子園に出場。69年夏の甲子園決勝で、松山商との延長18回と再試合の計27回を1人で投げ抜き、激闘の末に敗れたが国民的な人気者になった。プロ野球近鉄などに在籍し、84年に現役引退後は野球解説者などとして活躍している。

始球式では「MISAWA」と書かれたユニホームを着る予定という。「(ボールが)キャッチャーまで届くように調整しておかないと」と笑い「49年前を思い出しながら、高校生たちの熱戦のスタートを盛り上げたい」と抱負を語った。

始球式は、青森市営球場での開幕試合直前に行われる。

---------------------------------------------------------------------------------

野球明日(2日)の近畿大会組み合わせ(3日目 準決勝 明石トーカロ球場)
☆☆☆ 10:00~ 大阪 桐蔭(大 阪)-智弁 学園(奈 良)
 ☆☆ 12:30~ 滝 川 二(兵庫②)-智弁和歌山(和歌山)

野球明日(2日)の中国大会岡山県勢組み合わせ(初日 1回戦 山口マツダ西京きずなスタジアム)
    12:30~ 倉 敷 商(岡山1位)-宇 部 工(山口1位)

ムカッ健大高崎 部員同士の暴力行為で対外試合自粛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180601-00226193-nksports-base

高崎健康福祉大高崎(群馬)の硬式野球部が、部員同士の暴力行為で対外試合を自粛していることが1日、分かった。すでに、県高野連に事実を報告。処分が決まるまで、対外試合を自粛する。

---------------------------------------------------------------------------------

メモ元阪神桧山さんが始球式 高校野球京都大会、100回記念
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000078-kyt-spo

京都府高野連は29日、今夏の第100回全国高校選手権京都大会の運営委員会を開き、大会日程などを正式に決定した。農芸と久美浜が部員不足により出場を辞退し、75校の参加となる。

大会は7月7日に開幕。休養日を含む19日間の日程で準決勝は同24日、決勝は25日、わかさスタジアム京都で行われる予定。春季府大会を制した乙訓など春の上位8校がシードされ、2回戦から登場する。

節目を記念し、元阪神の桧山進次郎さん(平安高-東洋大出)が始球式で投球する。開会式前には、京都500歳野球連盟の26チームによる入場行進を実施。京都工学院と舞鶴高専、府立工が製作した京都の高校野球史を紹介する記念パネルをわかさスタジアム京都に設置し、開会式終了後にお披露目式も開く。

メモ埼玉)開会式で選手座ってOK 高校野球南・北埼玉大会
http://www.asahi.com/koshien/articles/ASL5Y4PWTL5YUTNB00Y.html

7月7日に開幕する第100回全国高校野球選手権記念南・北埼玉大会の運営委員会が29日、上尾市のスポーツ施設であり、開会式の新たな熱中症対策などを決めた。

開会式では、昨夏に全国制覇した花咲徳栄が全国優勝旗を披露する。開会宣言の前に同校主将がマウンドの前で優勝旗を掲げる。

開会式の熱中症対策として、悪天候の場合を除き、全チームが入場し終わるまで、先に入場したチームは座って待つようにするほか、入場する際に飲料水を入れた小型パッケージを持ち込んで座っている間に飲めるようにする。近年の気温上昇や、昨夏の開会式で選手数人が体調を崩したことを踏まえての対応だ。

開会式後、南埼玉が開幕戦を県営大宮球場で行う。決勝は南埼玉が7月23日、北埼玉が同24日、いずれも同球場で行う。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月30日(水)00時30分33秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  5/27 春季東海大会2日目第2試合 四日市市営霞ヶ浦球場 東邦(愛知②)-東海大静岡翔洋(静岡①) 12:15~14:13

第4話 東邦強打炸裂 2試合連続コールドの悲劇

          一二三四五六七八九計HE
      東海翔洋0000000  020 飯澤-貞岡
      東  邦000125X  8130 田中、扇谷-落合

              第一試合
              大垣日大12
              津田学園0

 第1試合あまりにも早すぎる終わり方に憮然としていたが、外野席まで移動して弁当食べて気を取り直しての第2試合。外野席後方には海が広がり、今夜19時からここをナイトクルーズで堪能する楽しみがあった。

今まで四日市には日帰りばかりで宝塚からの自宅からは片道4時間程度かかるので、三重4大球場でもいちばん縁遠く、来ても足早に帰るだけだった・・・・・。
隣に競輪場もあるが、ギャンブルには無縁だし以前にシャトルバスで駅まで送迎してもらったこともあるのだが、、、、、四日市ドームもあるがここはサッカーなどをする場所なんでドーム球場ではない!!

今回泊りでお世話になる運びとなり、トンテキなど美味しい名物もある。よく考えたら昨秋(2016年)に観光で湯の山温泉の御在所岳に足を運んでいるので半年ぶりにこの近所に足を運んでおりそこまでの懐かしさはなかったのだが・・・・・。オマケに3日連続霞ヶ浦球場にくる運びとなり、2013年春の東海大会日帰り観戦後に桑名の七里の渡しまで足を運んだが、時間の都合上すぐ引き返していたので明日の夕方じっくり散策できるのもまた楽しみだった。

ナイトクルーズまでの時間を埋めるべく、15分定刻より開始が早くなるのでロングゲームを期待していたが、、、、、静岡翔洋にそこまでの力はなかった。。。

東邦はあの夏の八学光星との土壇場での大逆転サヨナラ勝利を経験した選手が数名この日もベンチ入りしているだろうし、手強い。エースの田中は藤嶋投手のような逸材なんだろうか???1回表2つの四球でピンチを招くもゲッツーやバント失敗で0点に抑える。
その裏、東邦はいきなり先頭打者の林琢がヒットを放つが、2番・洞田が初球バントファールして強打にサインが変わったようだが見逃しの三振。すかさず盗塁を決めて先取点をもぎ取りにくるが、3番・田中の痛烈なライナーはショートがジャンプして好捕。すると林琢は3塁へ盗塁を試みるがこれはタッチアウト!!

互いに得点圏に走者を進めながらバント失敗が絡んでの無得点。2回は対照的に両軍三者凡退で、3回は同じように先頭打者が出塁してバントでつないで上位に回したが無得点と攻撃が鏡で映したようにソックリで0-0のまま序盤を終えた!

しかし中盤から力の差が浮き彫りになってきた・・・・・。東邦の田中投手は変わらず4回クリーンアップを三者凡退に抑えたが、翔洋の飯澤投手はその裏、3番・田中投手に左中間先制ホームランを浴びて音を立てて崩れていった、、、、、
4番・石塚と6番・小瀬木に長短打を浴びこの回はゲッツーなどで凌いだが、5回味方が1死1・3塁のチャンスを作ったが、無得点に終わるとその裏先頭打者にツーベースを浴び、2死までこぎつけたが、2本のタイムリーヒットを浴び3-0となって折り返した。

やはり近年甲子園出場を続け、甲子園経験者も残る東邦の地力が際立っていた。先発の田中投手が1安打ピッチングながら5四死球と安定感を欠いているが、要所を抑え無失点で切り抜けると、自らホームランを放ち3回まで沈黙していた打線が奮起し気が付けば8安打浴びせて3点リードし試合を優位に進めている。
東邦の勝利は確信していたが、ここから試合が崩れるとは予想していなかった。

6回から東邦はあえて2番手・扇谷をリリーフ登板させた。明日に備えてのことだろうか???3番からの攻撃で翔洋が1点でも返せば試合は面白くなると期待したが、4回に続き三者凡退。特に5番・真城は3打席連続三振でこの打席を最後にベンチに下げられてしまった・・・・・。
翔洋の投手陣の事情は知らないがエースと心中する原監督。6回裏先頭打者に四球を与え気が付けばもう球数100を超えてスタミナ切れか???1死から8・9番に連続長短打を浴び4点目。四球後に2番・洞田まさかの満塁ホームランであっという間に8-0とコールド圏内に入ってしまった・・・・・。
さらに2死から連打で1・2塁とされ長打が出ようものなら6回コールドもあり得る展開だったが、レフトフライで凌ぎ首の皮一枚残った!

7回表2点を返したかったが、1死から7番・貞岡がピッチャー強襲ヒットを放つも、飯澤投手そのまま打席に立ち4-6-3のダブルプレーで2試合連続コールドゲーム成立・・・・・。無情のゲームセットは14時13分だった。

18時10分集合まで4時間弱時間がある!!愛知の野球仲間と駅まで歩いて別れ、僕は霞ケ浦から四日市に向かい、喫茶店でくつろぎヤドに荷物を置いて夕暮れを待った。18時10分集合なんでヒマをもてあましたが、雲一つない天気でナイトクルーズと言いつつも19時時点でまだ空は青かった!!
https://www.youtube.com/watch?v=J15assAY1F0

海から見る霞ヶ浦球場もまたよかった。本来なら明日、決勝戦を10時から観戦して閉会式終了後に桑名へ移動してなばなの里を見学して名古屋に出て新幹線で帰るはずが、、、、、まだ四日市から帰れない!!
過去の大会そして今後も2会場で開催されている春季東海大会を全試合観戦できる機会はこの2017年だけかもしれない。。。

今日の2試合は正直残念なスコアだったが、気を取り直してまた明日、霞ヶ浦球場へ。それは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 四球 死球 三振 失点 自責
東海翔洋 飯 澤  6  34 138 13  2   1  1  4  0  5  8  8

東  邦 田 中  5  20  72  1  0   2  0  4  1  3  0  0
東  邦 扇 谷  2   6  20  1  0   0  0  0  0  1  0  0

                       (完)

                      ☆次回予告☆
  5/28 春季東海大会準決勝第1試合 四日市市営霞ヶ浦球場 大垣日大(岐阜①)-東邦(愛知②)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月24日(木)23時37分2秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日(27日)の近畿大会試合結果(2日目 1回戦 明石トーカロ球場)
2日目第1試合 滝川二(兵庫②)-乙訓(京都) 9:59~11:46
          一二三四五六七八九計HE
      乙  訓001000000161
      滝 川 二00000210X391

2日目第2試合 智弁和歌山(和歌山)-比叡山(滋賀) 12:32~14:05
          一二三四五六七八九計HE
      比 叡 山0000000  042
      和 智 弁400050X  9101

GOOD!智弁和歌山コールド快勝、ドラフト候補林は無安打
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180527-00221607-nksports-base

<高校野球春季近畿大会:智弁和歌山9-0比叡山>◇27日◇1回戦2試合◇明石トーカロ

智弁和歌山が比叡山(滋賀)に7回コールドで快勝した。初回に4得点、5回にも相手失策がからみ5得点とビッグイニングを作った。

今秋ドラフト候補の林晃汰内野手(3年)はこの日4打数無安打。高嶋仁監督(71)は「練習ではポンポン打ちよるんですが、今日もいきそうな雰囲気はあったんですけど。みんなの期待を背負ってるんでね」。林も「練習ではいいんですけど、試合では出ない。多分まだまだ自分が打ちたいっていう気持ちが強いんだと思います」と自己分析した。

今大会は決勝まで勝ち進めば、センバツ決勝で敗れた大阪桐蔭と対戦する可能性がある。高嶋監督は「しゃあないでしょ、やらな!」とにやり。「みんな優勝校は覚えてるけど、準優勝校は覚えてないですからね」と静かに闘志を燃やしていた。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(26日)の近畿大会試合結果(初日 1回戦 明石トーカロ球場)
初日開幕試合 明石商(兵庫①)-大阪桐蔭(大阪) 9:59~12:51
          一二三四五六七八九101112131415計HE
      大阪桐蔭1203000001     7151
      明 石 商0000030300     6121

初日第2試合 智弁学園(奈良)-市尼崎(兵庫③) 13:32~15:13
          一二三四五六七八九計HE
      市 尼 崎0000000  031
      智弁学園2000113x  791

野球明日(27日)の近畿大会組み合わせ(2日目 1回戦 明石トーカロ球場)
  ☆ 10:00~ 滝 川 二(兵庫②)- 乙 訓 (京 都)
 ☆☆ 12:30~ 比 叡 山(滋 賀)-智弁和歌山(和歌山)

メモ帝京・前田監督ら豪華首脳陣で高校生初キューバ遠征
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180526-00220947-nksports-base

東京都高野連は26日、都内で会見し、全国高校野球選手権大会の第100回大会記念事業として、12月に高校生では初となるキューバ遠征(5試合予定)を実施すると発表した。

豪華なスタッフが名を連ねた。監督は帝京・前田三夫監督(68)が務め、総合コーチには日大三・小倉全由監督(61)、打撃、バッテリーコーチには早実・和泉実監督(56)、投手コーチは二松学舎大付・市原勝人監督(53)が務める。

選手は1、2年を対象に、11月に実施するセレクションで20人選考する。前田監督は「打線がいいので、ピッチャーに重点を置いて。直球に強い印象があるので、変化球のいい投手を連れていければ」とチーム構想を描いた。

武井専務理事は「野球が国技であるキューバと対戦して、東京都の高校生の実力を試せればと思います。キューバではいろんなものを見て、聞いて、学んでいければと思います」と話した。

---------------------------------------------------------------------------------

野球明日(26日)の近畿大会組み合わせ(初日 1回戦 明石トーカロ球場)
☆☆☆ 10:00~ 明 石 商(兵庫①)-大阪 桐蔭(大 阪)
    12:30~ 市 尼 崎(兵庫③)-智弁 学園(奈 良)

野球ジャガー丈二さんへ
先日、京都2次戦最終日を観戦してきました。これでこの春、近畿2府4県すべて観戦できる運びとなりました!!

乙訓は試合巧者といった感じでスキがなかったですね。バントが非常にうまく内野安打にもなったし、ワンチャンスで3点ずつもぎ取り終始安定した試合運びだったかなと。
どこの府県でも同じですが、秋春夏とすべてにおいて優勝するのは非常に難しいと思います。おそらく誰もが乙訓を本命に推すと思いますが、夏は優勝したこともないし、マークも厳しくなるので準々決勝以降かなり苦しい試合が続くのでは?と。

立命宇治は卯瀧前監督が僕の近くの位置から関係者とともにサングラスかけて観戦されてましたが、アンダースロ-の投手が早々に失点し、継投も後手になってしまった感じですね。エースが代打で登場したけれどデッドボールをぶつけられ代走起用でお役御免と。
閉会式で新監督は脱帽していなかったし、夏は相当難しい印象を受けました。

むしろ3位決定戦の方が見ごたえありました。京都翔英は監督変わっても相変わらず荒削りな野球は健在で、記録上ヒットになったけどファーストゴロだったかライナーだったか?痛烈な打球を後逸していなければ0-0のまま試合は進んでいただろうし、破壊力がありそうな印象は強いけれどその割には得点できないのがもどかしいですね・・・・・。
東山は投手起用などイロイロ試しながら試合運びしているようで夏は楽しみです!監督は若いし近年復活の兆しがあるのでかなり期待してます!!

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 5月24日(木)18時24分28秒 i58-95-248-115.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日も座談会を少し。

E まず、乙訓が春季京都大会優勝したが、

春季大会は甲子園と関係ない大会なので、

あまり結果は気にならないし、勝ち負けはどうでもいい。

それより、準決勝、決勝に先発した3番手の長谷川が成長し、

合計10回投げ、3失点。使える目途が立ったのは収穫。

うまくいけば、これまでの「二枚看板」から「三本柱」になるか?

D ただ、乙訓には長所もあるが課題もある。

まず、監督の采配には、やや不安がある。

それに、エース川畑は直球の重さ、球威はあったが、

(甲子園では)高めに抜ける球も結構あった。

それに、もっと変化球の切れを上げる必要がある。

富山は、直球の切れはいいが、軽そうな印象。

川畑のような重さ、球威が欲しい。

スライダーも、空振りをたくさん奪えるほどの切れは無いな。

C 富山は、足を上げてからテークバックの時、

軸足が折れ過ぎると思う。

それで投げる時、腰が必要以上に沈んでいるという気がする。

B 打線は下位打線が力を付け、上位と下位の差がなくなり、

去年秋と比べて、切れ目があまり見当たらなくなった。

だが、いつも打線が爆発するわけではない。

三重戦のような展開になった時、

少ないチャンスを確実に点にする巧さ、

ここ一番での勝負強さが欲しい。

A 守備は、前に言ったように、

選抜時のポジションから3つ替え、コンバートしたりしてたが、

その布陣で準々決勝でエラー6つと多く出たので、

準決勝から選抜時の守備の布陣に戻した。

そうすると守備が安定し、準決勝、決勝の2試合合計で

エラー2つと守備のミスが減った。

内野は、特に二遊間の守りがいい。

B 次に準優勝の立宇治は、

エース西成が準決勝、決勝と全く投げず、

去年秋のエース森井も、春季大会登録外で全く投げてない。
 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月24日(木)00時50分18秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
  5/27 春季東海大会2日目第1試合 四日市市営霞ヶ浦球場 津田学園(三重②)-大垣日大(岐阜①) 9:59~11:33

第3話 大ベテラン阪口監督 津田学園を一蹴

          一二三四五六七八九計HE
      大垣日大003504   12151 修行-都筑
      津田学園000000   032 水谷、河村、若林-久保田

              第二試合
              東海翔洋
              東  邦

 前日の雨からうって変わって四日市の空は晴天だった!もう雨の心配はなくあと3日間野球をそして三重県を堪能できそうだ!

前日の雨でグラウンドコンディション不良でちと開始が遅れるかなとも思ったが、定刻通りだった。。。近所の公園の野球場は水たまりが大きくできていたが、霞ヶ浦の水はけはそんなに悪くないのだろうか?
ヤドから30~40分くらい徒歩でのんびり歩いて球場入りすると愛知の野球仲間がスタンドに陣取っていた。

話を聞くと、昨日も四日市に朝から来ていたようで、、、、、当初は1時間遅れの12時プレーボールで調整していたらしいが、雨がやむことなく時間だけが過ぎて10時30分中止が発表されたとのこと。券売所で待機していた方々はその足で伊勢に行くという猛者もいたらしい・・・・・。
悲しいかな大会2日目の結果を今振り返ったら前日強引に試合をしてくれていた方がという悲惨な結果だった。。。

第1試合は津田学園VS大垣日大の試合。津田学園は去年(2016年)も長良川で行われた春季東海大会に出場し1勝を挙げていた。1996年春に甲子園出場した時は阪神タイガースそっくりのユニホームで話題になったが試合は大敗し、その後1度センバツにまた出たがゴブサタだった・・・・・。PL学園OBの佐川監督が就任しまた浮上しつつあるようだ。ユニホームもローマ字から漢字に一新され、三重の高校野球界に風を送れるか?

大垣日大はあの阪口監督がまだ健在だ。大病を患い4年前の春季東海大会で見たときにはずいぶんと老け込んだ印象が強く、監督業をして大丈夫なのか???という大いなる不安を抱いたが、、、この日も動きは非常にスローで歩くのもしんどそうで決して体調が良いとは言えないだろうが、まだまだ現役を続ける意向のようだ。
しかしノックも打てず、指導はすべてコーチに任せているだろうから選手はいうことを聴くのか?という不安もあるがこれまでの実績がモノをいうのかもしれない。

津田学園は去年に続きブラスバンドにチアガールを動員して熱心な応援を展開していたが、新設された貴賓席?が死角になってアルプスが見えない、、、、、
https://www.youtube.com/watch?v=v0AlJrLzTYk
https://www.youtube.com/watch?v=wfb4tAagJlg
https://www.youtube.com/watch?v=niInhQrIK1A

試合は静かな立ち上がりだった。1回ともに三者凡退で終えて2回表にエラー~ヒット~送りバントで1死2・3塁と大垣日大がチャンスを作った。踏ん張りどころで津田のエース・水谷が7番・大竹を外133kmのストレートで見逃しの三振。そしてライトフライでピンチを切り抜けたが、直後に懲罰交代でセカンドは山村に交代・・・・・。見逃しの三振の代償は大きかった。。。。
津田学園はその裏、4番・仲林がチーム初ヒットを放つが、5番・宮木は3球連続送りバント失敗の三振。しかし、佐川監督は最後まで宮木をベンチに下げなかった。。。盗塁で揺さぶったが、ホームは遠かった。

3回表1死から1番・岡田のツーベースを皮切りに強攻で怒涛の4連打で3点をもぎ取り試合を有利に進める大垣日大。2年生エース・修行も丁寧なピッチングで大事な3回の守りをヒット1本に抑え主導権を握った。
阪口監督は東邦時代『鬼の阪口』と恐れられてきたそうだが、中盤から津田学園投手陣に容赦なく襲いかかってきた!!
4回表7番・途中出場の山村のスリーベースを足がかりに8番・浦野のタイムリーで4点目を挙げると、修行投手が初球バントファールすると盗塁で2塁へ進め修行も自らタイムリーヒットを放ちバントファールが功を奏した。勢いに乗って2番・都筑がタイムリーツーベースそしてトドメは3番・石川が2ランで8-0としてエース・水谷をKOしてコールド圏内に入った・・・・・。

なんとしても2点以上奪って9回まで試合をしたい津田学園だが、4回は3番・久保田がヒットを放つもダブルプレーなどで3人で攻撃が終わり、5回は連続三振などで無抵抗のまま整備に入った。。。。。
まさかまさかのワンサイドゲームに愕然としてしまったが、まだ試合は終わっていない。なんとかこれ以上の失点を防いでワンチャンス活かして9回まで野球を見れる展開を模索していたが、、、、、

淡い期待を木端微塵に打ち砕くべく、大垣日大は6回表1番からの好打順で再度爆発!!!
1番・岡田&2番・都筑の連続スリーベースで6回コールドにリーチをかけると、3番・石川がレフト前タイムリーで10-0。さらに4番・宮坂もヒットで続き代打・内藤までもがタイムリーを放ちどうしようもなかった・・・。佐川監督はようやく3番手・若林にスイッチしたがライト犠飛で12点目を失い戦意喪失。
6回裏3点を取らなければここで終わってしまう津田学園。たいがいのチームなら明日以降を見据えてエースを外野に回して控え投手の登板などあっても不思議ではなかったが、石橋をたたくべくエース・修行が最後までマウンドを守り、エラーで走者を背負ったが無難に切り抜け1時間34分で試合終了・・・・・。

もっといい試合を期待していたのだが、、、、、まさかまさかの6回コールドゲームで「昨日試合を消化してくれていたら・・・」と悔やまれた。第2試合は12時15分開始予定と定刻よりも15分早い・・・。この日は19時から四日市ナイトクルーズでコンビナートの夜景を船で楽しむので多少は時間にゆとりのある方がいいのだが、、、、、

ちなみに両チームともに夏の甲子園出場し、皮肉にも大勝した大垣日大は初戦敗退で惨敗した津田学園は延長の末サヨナラ勝ちし2回戦進出と明暗分かれた。
第2試合は東邦が東海大静岡翔洋を迎え撃つ。もし東邦が勝てば、森田監督が恩師の阪口監督に挑む師弟対決が実現するがそれは次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 本塁打 犠打 犠飛 三振 暴投 失点 自責
大垣日大 修 行  6  21  71  3  0   0  0  8  0  0  0

津田学園 水 谷  3 1/3 21  77 10  1   1  0  2  1  8  8
津田学園 河 村  1 2/3 11  46  5  0   0  0  0  0  4  4
津田学園 若 林  1   3   7  0  0   0  1  0  0  0  0

                       (完)

                      ☆次回予告☆
5/27 春季東海大会2日目第2試合 四日市市営霞ヶ浦球場 東邦(愛知②)-東海大静岡翔洋(静岡①)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

お知らせ

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月20日(日)00時17分57秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  ブーイング大会直前、突然の中止――優勝旗と眠った海草中
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180522-00000088-spnannex-base

あのころ、選手たちは優勝旗の房をちぎってお守りにしたんや――なかには優勝旗を抱いて眠った者もいる――。

死んだ父から何度も聞かされた逸話である。父は和歌山・向陽高を卒業していた。おそらく、同校に戦前から長く伝わる伝説なのだろう。
野球記者となって知ったことだが、戦前、大阪の証券会社員の間で「房をお守りにすると勝ち運がつく」といううわさがたったそうだ。房だけをつけ変える修繕が行われていた。

向陽高の伝説とは、旧制・海草中時代の1941(昭和16)年7月の逸話だ。当時、野球部員は「優勝旗を全員で返しにいこう」と合言葉に、全国中等学校優勝野球大会(今の全国高校野球選手権大会)3連覇の偉業に挑む夏だった。和歌山県予選を前に、校長から特別許可を得て、7月10日から校内の同窓会館で合宿に入っていた。この時に優勝旗を出し、房をお守りにしたのだ。

その日は暑い日だったという。練習後、監督の長谷川信義(京都二中―明大OB)が選手を集めた。文部次官通達が届いたとして、夏の甲子園大会が中止になったことを告げた。
日中戦争は長期化し、戦局は深刻化していた。小学校は国民学校と改められ、中学校の制服は国民服に戦闘帽に統一された。6月には独ソ開戦、7月には関東軍特種演習(関特演)、南部仏印進駐……と軍靴の音が大きくなっていた。

海草中野球部生みの親の医師、丸山直広が1943(昭和18)年に編んだ『輝く球史』が<合宿練習開始して間もなく突如、本大会中止の報に接した>と、その時の様子を伝えている。<練習終えて楽しい夕飯に合宿へ飛んで帰ったところへ、中止と聞かされても本当にしないのは当然である>。主将の田中雅治(後に明大―朝日軍。戦死)やエース4番の4年生、真田重蔵(後に朝日軍、阪神など)らは信じられなかった。

<選手たちは食膳の方へ見向きもせず、わっと泣きだした。そばで見ていて、ついもらい泣きさされる。全く慰めの言葉も出ない>。
丸山は和歌山市苫屋町の自宅までどうやって帰ったか記憶にない。結(ゆい)踏一朗(毎日新聞記者・長岡民男)の『わかれは真ん中高め』(ベースボール・マガジン社)は妻・繁代に「今夜は日本中の野球部員がみんな泣いとる。誰もかれも、目標なくなってもてよ」と話すシーンが描かれている。

真田は6月15日の浪華商(現大体大浪商)との練習試合で右肩を痛めていた。『輝く球史』で<時局の関係にて大会中止となり、私にとっては不幸中の幸いとなって、その後静養の結果、明治神宮に3連覇を成し遂げた>と、夏の甲子園大会中止より、秋の明治神宮大会優勝を書いている。
この辺の心情を真田の先輩で、1939年の優勝投手、嶋清一の評伝『嶋清一 戦火に散った伝説の左腕』(彩流社)を書いた山本暢俊(高校教諭)が推し量る。「真田の文章は夏の大会中止に何か素っ気ない感じがするが、この『球史』が出た1943年は戦地に赴く直前で、もう甲子園どころではなかったのだろう。時局の空気で感情的な文章など書けなかったのではないだろうか」

真田は最上級5年生となった1942(昭和17)年、文部省主催で開かれ、大会正史に残らない「幻の甲子園」でも年齢制限で出場できなかった。同年12月3日、主将として大阪朝日新聞社を訪れ、優勝旗を返還した。国民服にゲートル姿だった。
卒業後はプロ野球の朝日軍に入団し、海軍で応召。特殊潜航艇に乗艦予定だったが、完成前に終戦を迎えた。「それでも艦長は“もう魚雷も積んで九分九厘出来ているので、アメリカの船が入ってきたら自爆する”という。兵舎の中で監禁されましてね。トイレに行くにも軍刀を持った監視がついてくるのです」=和歌山放送編『紀州人』(毎日新聞社)=。

何とか生きて帰り、1946(昭和21)年、戦後再開のプロ野球で25勝。2リーグ分立の50年には今もセ・リーグ記録として残る39勝をあげ、優勝に貢献した。50、52年には規定投回数を投げながら打率3割を超えた。この投打記録は他に50年・別所毅彦(巨人)しかいない。大谷翔平(日本ハム―エンゼルス)の先をいく「二刀流」だった。
引退後はスポーツニッポン新聞社(スポニチ)で評論家を務める一方、59年から明星高(大阪)の監督に就いた。63年夏の甲子園大会で優勝を果たしている。当時のスポニチに真田の手記が掲載されている。
<松村(主将)が優勝旗を手にした姿を見て、私が優勝旗をもらっているような錯覚を覚えるほどうれしかった>

優勝旗はあの海草中の合宿で寝食をともにし、独りゲートル姿で返還した「初代」ではない。傷みが激しく、58年に新調されていた。今夏100回大会には再度新調された「3代目」がお目見えとなる。
選手では幻に終わった3度目の優勝を果たした真田のまぶたに浮かんでいたのは、戦争で中断されたあの夏だったかもしれない。  =敬称略=

メモ平成30年度 春季近畿大会組み合わせ
http://www.whbf.jp/wp-content/uploads/2018/05/5c321b52381dd8f361512ea7494f9e85.pdf

ブーイング高校野球関東大会で珍百景!?マグネットでBSO
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180521-00000122-sph-base

◆春季高校野球関東大会 ▽準々決勝 常総学院7―3東海大相模(21日・千葉県野球場)

何これ“珍百景”? 準々決勝の常総学院―東海大相模戦で何ともアナログな表示板がバックスクリーン右に登場した。試合開始前、突然、電光掲示板がコンピューターの不具合で表示不能に。主催者側は急きょ球場近くのホームセンターで青、黄、赤色のマグネットを購入。3回途中から「BSO」と書き込んだ黒板に、ボールカウントとアウトカウントはマグネットを貼り付けて表示した。

千葉県高野連の鈴木博史常務理事は「カウントが分からないと一番困るのは選手ですので、対処しました。こういう時代でもやはり最後はアナログですね」と不測の事態に苦笑い。専門業者が駆けつける前に工業科の教諭である大会委員が原因を突き止め、5回からは電光掲示板が復活。アナログ掲示板はお役ご免となった。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日(20日)の大阪大会試合結果(最終日 決勝戦 大阪シティ信用金庫S)
大阪桐蔭9-0関大北陽
大阪桐蔭は2年連続11度目の優勝トロフィー

野球今日(20日)の京都大会2次戦大会試合結果(最終日 決勝戦 わかさS京都)
京都翔英3-0東  山・乙  訓7-2立命宇治
乙訓は初優勝トロフィー

野球今日(20日)の東海大会三重県勢試合結果(最終日 決勝戦 小牧球場)
東  邦2-0いなべ総
東邦は54年ぶり2度目の優勝トロフィー

メモ近畿大会出場校
兵庫県1位・・・明 石 商
兵庫県2位・・・滝 川 二
兵庫県3位・・・市 尼 崎
大阪府代表・・・大阪 桐蔭
奈良県代表・・・智弁 学園
京都府代表・・・ 乙 訓
滋賀県代表・・・比 叡 山
和歌山代表・・・智弁和歌山

優勝候補・・・・・大阪 桐蔭・智弁和歌山
ダークホース・・・智弁 学園

僕のお気に入り
・狭間監督
・今は亡き吉本 宗泰監督
・20年連続沖縄県勢を応援する市尼崎ブラスバンド
・西谷監督の体型
・今は亡き上村監督の雄姿
・漢字で乙訓と書いていた頃のユニホーム
・「山」帽子
・高嶋先生の怒号 https://www.youtube.com/watch?v=aB2q1MBzfiQ

・タイブレーク延長20回
・明石城
・明石天文科学館
・明石海峡大橋
・パピオスあかし
・明石焼
・たこ最中
・たこせんべい
・株式会社トーカロ
・これは https://stat.ameba.jp/user_images/20121029/22/pashokon/d6/31/j/o0606052512261114342.jpg?caw=800

メモ100回記念で川上憲伸さん(元中日投手)が始球式 高校野球徳島大会
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-03049030-tokushimav-l36

プロ野球の中日や米大リーグで投手として活躍した川上憲伸さん(42)=写真=が、7月7日に鳴門オロナミンC球場で開幕する全国高校野球選手権徳島大会の始球式を務める。今回で100回を迎える大会の記念事業の一環で、県高野連が18日発表した。

川上さんの始球式は開会式後、第1試合のプレーボールに合わせて行われる。川上さんは徳島市出身。国府中から徳島商高に進み、1993年の夏の甲子園ではエースで4番としてチームの8強入りに貢献した。
卒業後は、明大を経てドラフト1位で98年に中日入団。最多勝や沢村賞など数々のタイトルを獲得した。2009年に米大リーグのブレーブスに移籍しメジャーで8勝を挙げた。12年に中日に戻り17年3月、現役引退を表明。日本での通算成績は117勝76敗1セーブ。現在は野球評論家として活動している。

県高野連はこのほか、記念事業として6月29日午後1時から徳島市シビックセンターで講演会を開く。1942年の「幻の甲子園」大会で優勝した徳島商業学校(現徳島商高)のメンバー梅本安則さん(91)=東京都=が、当時を振り返りながら100回大会に寄せる思いを語る。入場無料(先着100人)。

全国選手権の前身の大会は42~45年に戦争のため中断された。「幻の甲子園」は42年に16校が参加し、「全国中等学校体育大会野球大会」として甲子園球場で開かれた。旧文部省主導だったため、大会史に残されていない。徳島商は決勝で、京都の平安中(現龍谷大平安)を延長十一回の末、8―7のサヨナラで下し優勝した。講師を務める梅本さんは「7番・一塁手」として出場した。

---------------------------------------------------------------------------------

野球今日の大阪大会試合結果(12日目 準決勝 大阪シティ信用金庫S)
関大北陽5-4初芝立命・大阪桐蔭6-3浪  商

野球今日の京都大会2次戦大会試合結果(5日目 準決勝 わかさS京都)
立命宇治8-5京都翔英・乙  訓7-6東  山

野球今日の東海大会三重県勢試合結果(2日目 準決勝 小牧球場)
いなべ総13x-6東海翔洋(7回)

野球明日の大阪大会組み合わせ(最終日 決勝戦 大阪シティ信用金庫S)
  ☆ 10:00~ 関大 北陽-大阪 桐蔭

野球明日の京都大会2次戦組み合わせ(最終日 3位決定戦・決勝戦 わかさS京都)
☆☆☆ 09:30~ 京都 翔英- 東 山
  ☆ 12:00~ 立命館宇治- 乙 訓

野球明日の東海大会三重県勢組み合わせ(最終日 決勝戦 小牧球場)
    10:00~ いなべ総合(三重2位)- 東 邦 (愛知2位)

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月19日(土)01時12分53秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  5/26 春季東海大会初日第2試合 ダイムスタジアム伊勢 近大高専(三重①)-静岡(静岡②) 14:58~17:10

第2話 名張から甲子園へ・・・近大高専の挑戦

          一二三四五六七八九計HE
      静  岡2010000227102 竹内、池谷-森
      近大高専210000000352 中西-田中

              第一試合
              至 学 館6
              中  京4

 春季東海大会は初日に限って11時プレーボールが通例でこの日は雨の影響で20分遅れの開始。しかも試合時間2時間59分と超ロングゲームで第2試合開始は15時予定という・・・・・。遅すぎる昼食をライトスタンドで食べていた。。。

5~8月は伊勢神宮参拝は19時まで可能とのことで、試合が終われば早くバスに飛び乗って外宮だけ参拝して宇治山田駅前の「まんぷく食堂」で夕食とって四日市に移動するのだが大幅に予定が遅れそう。しかも青空が見えてきて油断していたが、傘のない僕にとってむしろ試合後の方が災難だった!!

さて第2試合は初めて春季三重大会を制し熊野から名張に移転した近大高専がセンバツ1勝し大阪桐蔭に肉薄した静岡に挑む。相手はエース・池谷を温存してきただけに先取点を奪って逃げ切り体制に入りたかったが、、、、、

1回表いきなりエース・中西がつかまり1番・村松に左中間スリーベースを浴びる。さらに四球を与えてしまい、三振で1つアウトを取ったものの4番・成瀬に先制タイムリーを浴び、内野ゴロの間にもう1点失ってしまった・・・・・。
静岡は伊勢まで遠すぎるためか?控え部員すらおらず静寂のアルプスだったが、近大高専は太鼓2つで盛り上げていた。対抗すべく1番・上西がヒットで出塁するとすかさず盗塁を決めて、2死から4番・田中のレフトへのタイムリーツーベースで反撃するとショートゴロエラーを誘いたちまち同点に追いついた!!

2回は中西投手3つの四死球で1死満塁のピンチ招くも、三振とセカンドフライで凌いで、その裏中西投手が内野安打を放ち暴投の間に一気に3塁を陥れ1番・上西の右中間フェンス直撃のタイムリースリーベースで3-2と逆転に成功。欲を言えばなおも1死3塁でもう1点欲しかったが、、、、、

まだ安定感に欠ける中西投手は3回表1死からヒットと盗塁でピンチを招き3番・稲角にタイムリーツーベースを浴び3-3同点。ここで竹内投手に代打が送られライトフライに抑えたもののエース・池谷の登板となった。さすがに格が違くところをみせつけるような三者凡退でここから1点をもぎ取るのは至難の業に思えた。

3回までかなり不安定なピッチングを続けていた近大高専のエース・中西だが、相手がエース池谷登板してきたということで気持ちが引き締まったのか???4回からは別人のようなピッチングに変わりなんと4・5回を三者凡退に抑え試合が締まってきた。池谷投手も3回から登板してパーフェクトピッチングを続ける快投で互に譲らず好ゲームとなった。

前半3回まで3-3と打撃戦の様相を呈し、また3時間ゲーム???そうなると伊勢神宮のお参りが、、、と焦りも出だしたが池谷投手の登場で試合が急に投手戦になってきた。絶対的なエースが登板したことにより、相手投手も急に復調することがあるのだろうか???こうなるとそのまま延長戦突入の可能性もあり結果的にロングゲームになるかもしれないが、13回からタイブレークが適用されるので引き分け再試合の危険性はないので、明日3試合ということはありえないし、近大高専のワンチャンスに期待して後半戦へ。

静岡は6回1死から7番・稲角がヒットを放ち3回以来の走者を出すが無得点。しかし近大高専打線も池谷投手から3回の先頭打者がセンターフライを打っただけで外野にすら打球が飛ばず追い詰められていった・・・。
7回こそ2死からライト前ヒットそして打球処理したライト・大野が内野送球するはずが、地面にボールをたたきつけるような処理をしてしまい打者走者は2塁へ・・・・・。さらに死球で大きなピンチを招くがここはセンターフライで切り抜けた。
しかし7回ですでに120球投げており中西投手の限界は近づいていた。味方は3回からパーフェクトに抑えられている・・・。

8回表連打と送りバントで1死2・3塁のピンチを招き代打・小柳のショートゴロでショート・日野原は迷わずバックホームしたが無情にもセーフ・・・・・。さらに内野ゴロの間にもう1点追加されて敗色濃厚に。。。
9回はショートゴロ正面の打球を後逸するエラーから連打で1点を失いさらに押し出しで7点目・・・。しかし、伊藤監督はあえて続投を命じた。中西投手169球の熱投でマウンドを降り味方の反撃を静かに待った。
最後の意地を見せたい近大高専は1死から代打・廣瀬斗がレフト前ヒットを放ち3回から変わった池谷投手からようやく20人目の打者が出塁した。これでリズムが狂ったのか?ストレートの四球を与え、さらに2死からファーストゴロ後逸で満塁となった。仮に代打・廣瀬貴にホームランが出れば7-7同点だったが、あえなく三振で試合終了。

試合時間2時間12分で試合終了は17時10分と長い1日の半分が終わった・・・。序盤こそ打撃戦で面白かったが、3回から静岡のエース・池谷が登板したことでもう勝敗は決してしまった感じだった。
中西投手が粘って試合を作ったが、やはり終盤つかまり力の差が出てしまった格好だ。

初日の野球観戦は終わっても僕の長い1日はまだ終わらない!!17時44分のバスで伊勢市駅へ向かい徒歩で外宮にたどりついた。なんだか雲行きがまた怪しくなっていたが、、、、、午後は時々青空ものぞいていたが、いよいよ正宮(豊受大神宮)にたどりついてお参りという途端に通り雨が!!!参拝を済ませ小康状態になるのを見計らい多賀宮に行く階段で本降りとなり、18時45分頃まで待機していたが雨は止まず、濡れねずみになりながら宇治山田駅前のまんぷく食堂で「みそカツ定食」食べて21時20分ころに四日市のヤドに入った。

イロイロ思案したが、日曜日は桑名のヤドをとって観光に走ることにした。本当に長い長い1日だった。このような夢の景色があと3日続く。。。しかしもう関西に戻るのがイヤだなあとなんだか竜宮城の浦島太郎状態になりつつあるが、三重にどっぷりつかった4日間はまだ始まったばかり。2日目の模様は次回の講釈で。

野球今日の投手陣
チーム名 選手名 投球回 打者 投球数 安打 犠打 四球 死球 三振 暴投 失点 自責
静  岡 竹 内  2  12  58  4  0  1  0  2  1  3  2
静  岡 池 谷  7  24  89  1  0  1  0  8  0  0  0

近大高専 中 西  9  46 169 10  3  4  3  5  0  7  5

                       (完)

                      ☆次回予告☆
5/27 春季東海大会2日目第1試合 四日市市営霞ヶ浦球場 津田学園(三重②)-大垣日大(岐阜①)

http://www.fukuoka.com/wachiben

 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月16日(水)23時40分19秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日(18日)の東海大会三重県勢試合結果(初日 1回戦 豊田球場・小牧球場)
東  邦11-4津田学園(8回)・いなべ総3x-2中  京

野球明日(19日)の大阪大会組み合わせ(12日目 準決勝 大阪シティ信用金庫S)
    13:00~ 関大 北陽-初芝立命館
☆☆☆ 15:10~ 大阪 桐蔭-大体大浪商

野球明日(19日)の京都大会2次戦組み合わせ(5日目 準決勝 わかさS京都)
 ☆☆ 09:30~ 京都 翔英-立命館宇治
☆☆☆ 12:00~  乙 訓 - 東 山

野球明日の東海大会三重県勢組み合わせ(2日目 準決勝 小牧球場)
    12:30~ いなべ総合(三重2位)-東海大翔洋(静岡2位)

メモ監督最多春夏68勝 名将に聞く 智弁和歌山 高嶋仁監督(71)=五島市出身= 甲子園 何回行っても、また
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180517-00000006-nagasaki-l42

五島市出身で、春夏計3度の全国制覇、監督通算68勝の甲子園最多勝利記録を持つ智弁和歌山の高嶋仁監督(海星高-日体大)に話を聞いた。71歳の今もグラウンドに立ち、甲子園を「何回行ってもすぐにまた行きたいという禁断症状が出る。言い方は悪いが麻薬のようなもの」と表現する名将に、高校野球への思い、指導法などを語ってもらった。

-高校野球の監督を目指した理由は。

海星高2年の時、甲子園の大観衆の前で行進して足が震えた。あの感動は歩いた人じゃないと分からない。これを野球の後輩に味わわせたいと思った。指導者で甲子園に帰ろうと。

-どんな選手が伸びるのか。練習や試合中は何を見るか。

素直さがある子。自分は未熟や、下手くそやという気持ちで話を聞く子は伸びる。中学でホームラン何本打ったとか、しょうもないプライドを持っとるやつは、それをつぶさないと伸びない。うちもここぞというときは、クリーンアップより、やっとつかんだチャンスを離したくないと思っている下位の方が打つ。苦しめば苦しむほど勝った時の喜びは倍増する。

●一つ先考えろ

-指導者として大事にしていることは。

社会に出た時に堂々と生きていってくれれば。日々の生活に、そのための要素はいっぱいある。掃除、時間厳守、あいさつ-。トイレ掃除なんかは特にそう。汚いところこそ上級生がやる。

-モットーは。

特にないが、やる以上はトップを狙う。甲子園につながる練習を考えてやる。夏の大会なら、県と甲子園で各6試合、12連勝すれば優勝。それを頭に入れ、炎天下で戦い続ける体力、精神力を求める。練習は常に甲子園につながるもんやと。だから、練習で甲子園という言葉をよく出す。「そんなプレーしてたら甲子園のお客さんに笑われる」とか。甲子園は見るとこじゃない、出るとこ。

-大舞台で活躍できる選手の特徴を。

積極性。1球目から打てと言って、打つ子は活躍する。いい投手が5球投げたら打てるのは1球。それがいつ来るか分からないが、積極性がないと打てない。逆にうちの投手には、探りながら投げろと言う。まず直球で入るならボール。ストライクがほしいなら変化球。投手よりも捕手が大事。そして、打たれて反省する選手がいるが、結果が出た後の反省は反省じゃない。こうなるんじゃないかと思って、もう一つ先を考えろと。勝負事はそういうもん。相手の雰囲気などをじっくり見て、配球や守備位置を整えて勝負にいく。それなら、そうそうけがもしない。その辺を教えるのが指導者の仕事。

-部活の指導の考え方も変わってきている。

スパルタは今の世の中ではできないから、それに変わるものを探すしかない。指導者がやり方を変えないと。でもやっぱり、甘やかせたままでは強くならない。これからの指導者は大変だと思う。例えば100メートルを100本走る練習でも、ずっとやらせたらしごきになる。30本走ったら水飲んで、また走る、としたらトレーニングになる。休憩を入れて、小まめに声を掛けないと。ノックも100本、200本やるときは、何で必要なのかを一つ一つ説明する。明確なものを示して、さあやろうと。この練習が大事だから絶対に乗り切ってくれ、と。

●地元を大切に

-チームに地元出身の選手が多い。

うちは1学年10人で県外出身は2人までと決めてやってきた。昨年から12人で、今の部員数は34人。特待制度も寮もない。だから、いい選手はただ(特待)のところに行く。くそーって思うけど。

-他の強豪校と比較すると少ないが。

10人でいい。それで甲子園に行けなかったら監督のせい。3年生が全部レギュラー取ったとしても1人は補欠。大会では上級生優先。だから辞めない。頑張れば試合に出られるから。総合的なメリットも多い。例えば1時間打撃練習するとしたら、部員100人のところとうちとでは、同じ1時間でも1人当たりの練習量が違う。競争やけがの不安とか考えれば多い方がいいが、それでも少人数がいい。

-全国ではどんな戦い方を心掛けるか。

基本は守り。守備でボロボロになれば立て直そうと思っても厳しい。甲子園は試合の進み方が地方に比べて速い。それに慣れてピシッと守れれば、そう崩れない。
-よく打撃のチームと言われているが。

攻撃のチームをつくったことは一回もない。常に守り。ただ、これという投手がなかなかうちに来てくれない。だから5点取られるから6点取らなあかん。結果的に智弁和歌山は今年も強打とか、伝統の強打が生きてるとか言われる。

-投手は以前は完投型。今は継投が多い。

エースで負けたら言われないが“ビース(2番手)”や“シース”で負けたら文句を言われる。でも、気にしない。絶対に複数必要。甲子園で3、4人は使える投手を普段から指導者が育てていくべきだと感じる。

●最後はハート

-公立校は練習時間が短い。自身が公立校の監督ならどうするか。

短い時間でどう効率を上げるかを考える。全体の時間が制約されるなら、家での練習メニューも考える。これだけはやってこいと。家で練習をやっているか、やっていないかは分かる。選手の振りが鈍くて「(家で素振りを)やっています」と言ったら「俺の目が腐ってきたのか、おまえがうそをついとるのか、どっちや」と聞く。

-強豪校を率いる重圧は。

重圧はあるがエネルギーに変えないと。そのためには、やっぱり練習しかない。例えば夏前の追い込みでは、体をくたくたに最悪な状態にして練習試合をする。それでいい試合ができれば、あとは体調さえ整えたら負けない。甲子園で勝つためには、どんな練習が必要なのか選手も理解している。そして、最後はハート。甲子園で負けてたら「何のために苦しい練習をしてきたんか」と言う。そしたら燃える。それがええとこ。

-保護者との関係は。

少年野球の延長にしたくない。練習試合は一切見に来ないでと言っている。練習試合はできないことがあれば怒る。そんな姿、親に見られたりしたくない。逆に公式戦は発表の場。思い切り応援してと言う。うちの学校は預かった以上は、3年間必死にやる。

-甲子園で通算68勝。次の目標などはあるか。

選手が甲子園に一日でも長くいたいという思いが記録につながっているだけ。実感はない。夏の100回大会は、うちが勝つ。選抜の決勝で大阪桐蔭に負けた瞬間から、そう思っている。

-高校野球を次の50年、100年につなげていくためには。

河川敷とかで子どもたちが楽しそうにサッカーをやっている。あれがキャッチボールやったらなと思う。僕らの時は野球とかソフトボール。高校野球の後は、野球の面白さを子どもたちに教えるのが夢。それが第一歩。

◎記者コラム/勝負師から刺激 夢をともに

甲子園のベンチで仁王立ちして戦況を見つめる勝負師の表情は、取材の間、ずっと穏やかだった。軽妙な口調で興味深い話をしてくれ、時間はあっという間に過ぎた。
野球界で知らない人はいない名将中の名将。100回目の夏の企画を考え始めたとき、五島市出身の高嶋監督は絶対に外せないと思った。同時に今回は、本県高校野球界の刺激にもなってくれればと思いながら、話を聞かせてもらった。

残念ながら、県勢は夏の決勝に進んだことがない。高嶋監督が一人で春夏通算68勝を挙げているのに対して、県勢の勝利数も春夏計64勝。もちろん勝つことだけがすべてではないが、地元チームが勝てばやっぱり盛り上がる。そのために必要な練習や日々の生活の過ごし方を、あらためて教えてもらった気がした。

高嶋監督は今春の選抜準々決勝で対戦した創成館を何度も「ええチームや」とたたえ、離れてから50年以上たつ古里長崎の野球が「強くなってほしい」と言ってくれた。
そんな地元が生んだ名将を倒して、県勢が深紅の優勝旗を手にする。100回目の夏、担当記者として、指導者や選手のみなさんと一緒に夢を追い掛けたい。

---------------------------------------------------------------------------------

野球明日(18日)の東海大会三重県勢組み合わせ(初日 1回戦)
豊田球場 11:00~ 津田 学園(三重1位)- 東 邦 (愛知2位)
小牧球場 13:30~ いなべ総合(三重2位)-中京院中京(岐阜1位)

---------------------------------------------------------------------------------

メモ『チーム宏鈴』結成14年7ヶ月
この1ヶ月は月平均のべ約4300人の方々に閲覧していただき感謝申し上げます。
去年はセンバツ開幕からこの時期まで雨に祟られること3度・・・・。うち2つが雨天中止で1つは中断31分でしたが、今年は三重宿泊観戦で2日間ともに試合中と紀三井寺で第3試合開始直後から第4試合ナイター終了時まで少し雨が降りましたが、試合進行に影響なくあとはほぼほぼ晴天で気温も高いために4月21日から早くも半袖着用して観戦に勤しんでおります。

さて5月26日より明石トーカロで4日間7試合の近畿大会が開催されるわけですが、『チーム宏鈴』では恒例の近畿大会観戦記を全試合執筆予定にしております。過去の観戦記タイトルをまとめると・・・

① 03秋 熱闘皇子山
② 04春 熱闘ひめじじょう ~播州・手柄の野球祭り~
③ 04秋 熱闘甲子園 2004最後の聖戦 ヤフーBBとともに・・・
④ 05春 熱闘舞洲BS 幻のオリンピックスタジアムで球児たちの大阪春の陣
⑤ 05秋 熱闘舞洲BS 大阪秋の陣 センバツ出場の夢 大阪湾に浮かべて
⑥ 06春 熱闘紀三井寺 ☆僕だけの聖地☆ 大地の恵み 新緑と潮風のコラボレーション
⑦ 06秋 熱闘紀三井寺 ★僕だけの聖地★ 自然の幸 名草山と和歌浦のハーモニー
⑧ 07春 熱闘橿原公苑 神宮の杜に響く球音 大和三山のささやき
⑨ 07秋 熱闘橿原公苑 神武天皇陵にこだまする歓声 埴輪と土偶のつぶやき
⑩ 08春 熱闘西京極 叩けボール 響けバット 京の都のカルナバル♪
⑪ 08秋 熱闘西京極 京都へおこしやす! ビバ・ベースボールカーニバル 熱い熱い熱い熱いエスペランサ
⑫ 09春 熱闘ひこねじょう 湖北の風 ひこにゃんからのプレゼント
⑬ 09秋 熱闘皇子山 大津京に眠る財宝
⑭ 10春 熱闘紀三井寺 おいやんのつぶやき 「つれもて行こら野球王国 岡山じゃないゼ和歌山」
⑮ 10秋 熱闘紀三井寺 おばやんのささやき 「がんばろう。来年、笑っていたいから」
⑯ 11春 熱闘舞洲BS2 夢の架け橋 海上の玉手箱
⑰ 11秋 熱闘舞洲BS2 ブルーモンスターの目覚め
⑱ 12春 熱闘トーカロ 風雲明石城城 スコアボードに刻む玉子焼
⑲ 12秋 熱闘グリーンスタジアム 君よ晩秋に『ほっともっと』熱くなれ炎
⑳ 13春 熱闘佐藤薬品S ひさかたの 天の香具山 このゆふべ 霞たなびく 春立つらしも
21 13秋 玉桙の 道は遠けど はしきやし 妹を相見に 出でてぞ 我が来し
22 14春 熱闘わかさS ブルーベリーアイの教え
23 14秋 熱闘わかさS京都 ブルブルくんとアイアイちゃんの集い
24 15春 熱闘ひこねじょう 41才の春だから 6年前の忘れ物をとりに 新型インフルの覚え
25 15秋 熱闘皇子山 西大津・比叡おろしに吹かれて
26 16春 熱闘紀三井寺野球野球野球 君を待ってます おいでよはるかな国へ
27 16秋 熱闘紀三井寺=3=3=3  君を照らします ようこそはるかな国へ
28 17春 熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく
29 17秋 熱闘信用金庫 大阪シティより 対岸にある夢を求めて

というコピーをつけてきましたが今回の熱闘シリーズ第30弾は

熱闘トーカロ炎炎 延長50回伝説の明石で 七色の味わい

としました。ちなみに今後の観戦記は・・・

・じぶん史上初・3泊4日 伊勢~四日市弾丸ツアー 春季東海大会観戦記(残6話)

・熱闘舞洲BS3 水都のほほえみ 咲き誇るゆりのごとく(3話)

・じぶん史上、最高の夏 99回選手権観戦記(5話)

と続く予定ですが時間に追われており遅筆ですいません!目標は1日でも早く2017年を終わらせたい。。。少しずつ、でも確実に1つでも多く書きたいので頑張ります。
『チーム宏鈴』はハートしつこくハートしぶとくハート泥臭くハート「誰からも愛される」というよりも「誰かに慕われる」掲示板目指してアットホームな雰囲気でやっていきたいのでお願いします!!

メモ高校野球、次の100年へ 野球教室など24事業を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00000065-asahi-spo

高校野球の未来を考える「高校野球200年構想」を協議してきた日本高校野球連盟、朝日新聞社、毎日新聞社の3者は16日、「次の100年」に向けた行動計画と具体的な24事業を発表した。阪神甲子園球場で行う夏の全国大会の外野席有料化などによる入場料収入の一部を費用にあて、今年度から取り組んでいく。

行動計画では、野球未経験者にアプローチする「普及」、野球経験者に競技を継続してもらう「振興」、故障によって競技を離れる人を減らす「けが予防」、指導者や選手の技術向上を目指す「育成」、目標を達成するための「基盤作り」を5大目標として掲げた。

具体的な24事業は、目標達成のために選定した。このうち、幼児向けの野球教室や、けが予防講習会など9事業はリーディングプロジェクトとし、優先的に実施する。事業は日本高野連、朝日・毎日両新聞社の3者を中心に進めるものと、都道府県高野連が主体となるものに分けた。高校生と小中学生との交流イベントの開催や肩ひじ検診の実施、公認スポーツ栄養士の派遣などにも取り組んでいく。


■200年構想の5大目標と24事業

【普及】
○ 子ども向けティーボール教室の開催
○※200年構想のプレーボールイベント開催
○※ティーボール用具を都道府県連盟に配布
○※ちびっ子ベースボールフェスティバルの開催
※幼稚園、小学校の教諭向けに講習会を開催

【振興】
○ 小中学校との連携事業
○※野球メソッド、野球手帳の作成、配布
※小中学生のための野球教室の開催
・高校生と小中学生の交流イベントの開催

【けが予防】
○ けが予防講習会の開催
・高校生対象の肩ひじ検診の実施
・小中高生への継続的な肩ひじ検診の実施
※けがの予防やセルフチェックのための手引書、DVDを製作
・都道府県連盟が作成する野球手帳の製作を支援

【育成】
・栄養講座の開催や公認スポーツ栄養士の派遣
・審判委員の育成
・指導者の育成
※栄養指導のモデル作り
※体作りを支援するコンディショニングノートを作成、配布
・選手の育成

【基盤作り】
○ 都道府県単位の協議会設立
○※情報共有のためのシステム作り
・関東、近畿などのブロック単位の協議会、連絡会の開催

※市町村単位で作る協議会のモデル事業

カッコ内は5大目標。○はリーディングプロジェクト、※は3者主体事業、無印は都道府県連盟主体事業

GOOD!夏の甲子園「100回連続参加」15校 主将が行進
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180516-00210322-nksports-base

日本高野連は16日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会の開会式で、前身の全国中等学校優勝野球大会の第1回から、同大会まで連続参加する15校の主将が、代表校の先頭で入場行進を行うと発表した。

時習館(愛知=旧愛知四中)、旭丘(愛知=旧愛知一中)、岐阜(旧岐阜中)、同志社(京都=旧同志社中)、山城(京都=旧京都五中)、西京(京都=旧京都一商)、市岡(大阪=旧市岡中)、関西学院(兵庫=旧関西学院中)、神戸(兵庫=旧神戸一中)、兵庫(旧神戸二中)、桐蔭(和歌山=旧和歌山中)、鳥取西(旧鳥取中)、米子東(鳥取=旧米子中)、松江北(島根=旧松江中)、大社(島根=旧杵築中)の15校。15校の主将たちは大会メッセージ「ありがとう これからも」とキャッチフレーズ「本気の夏、100回目。」と書かれた横断幕を掲げて行進する。

また関連イベントとして、「100回つなぐ始球式リレー」を開催すると発表した。全国56の地方大会で、9つのボールを使って計99回の「始球式」を行う。最後は各地方を巡った9個のボールが夏の甲子園に集められ、10個目のボールを使って始球式を行い計100回のリレーが完成する。

野球ジャガー丈二さんへ
乙訓は成美に苦戦してましたが、なんだか想定通りに事を進めたような感じですね。楽に勝つのが一番かもしれませんが、0-4から大逆転勝ちは勢いつくし、先行逃げ切り型のチームが序盤崩されながらも大逆転するところに力を感じます。投手二枚看板を投入したことで、成美の勢いが止まり力の差が浮き彫りになった気もしますが・・・・・。

春季大会はそういう試しでいろんな選手起用をするチームが多いですね。ガチンコではないにせよ、勝機を探りつつ試合に挑んでいるようなシーンが見受けられます。

原田監督のコメントはいつも厳しいですね!あくまでも高みを目指して現状に満足させないための戒めでしょうか?やはり平安という全国屈指のブランドを誇るだけに「選手はよく頑張った!負けたのは私の責任!」とは公言しにくいところがあるのかもしれません。

個人的には『自分の采配だけで勝ちに行く』監督はダイスキですが、負けたら選手のせいにする監督はイヤですね。原田監督は前者ではないし、後者のタイプとは思いたくないですが・・・・・。

僕は日曜日観戦予定を入れてますが、天気次第では準決勝を見るかもしれないですね・・・・・。土曜日は舞洲で13時から準決勝2試合なんで朝はゆっくりできるのでその魅力を感じて昨秋以来、此花大橋を渡るつもりですが、朝起きて空を見てからの判断でしょうね・・・・・。

翔英VS立命宇治はブラスバンドが前回来たので、翔英を応援しますが2年生が多いようだし少しでも差が縮まればと。乙訓VS東山は相性を考えると東山有利の気もします。負けても3位決定戦があるのでどちらかといえばガチンコ勝負でくるであろう東山有利であってほしいと。
いずれにせよこの4校を観戦できるので楽しみにしてます。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:ジャガー丈二  投稿日:2018年 5月16日(水)17時34分22秒 i58-95-110-204.s02.a026.ap.plala.or.jp
  今日は、この前の座談会の続きを・・・

C 既に知ってる人も多いと思うが、一昨日の乙訓は初回に4失点したが、

これは、選抜では登録メンバーに入ってなかった3番手か4番手で、

公式戦初先発の高木を先発させたのと、守備でミスが出たのが原因。

川畑、富山が打たれた失点ではない。

リリーフした富山、川畑は、成美打線をピシャリと抑え、無失点。

B 今の乙訓は、守備をコンバートしたりして、

選抜時とは3つほどポジションを変えている。だから、今は選抜の時より、

守備のミスが出やすい布陣になっている気がする。

選抜の時のスタメンに戻せば、甲子園で2試合ノーエラーだったように、

守備にはそんなに不安はなくなるはずだ。

D 具体的には、サードが本職の中川が、今はファーストやってるし、

選抜で控えだった片岡が、今サードをやっており、スタメン。

そして、本来ファーストの大西が、外野のセンターに回されている。

選抜でレギュラーセンターだった守備のいい伊佐が、今は控えだ。

E しかし、サードの守備は、片岡より中川のほうが上だと思うし、

センターの守備は、大西より伊佐のほうが上だろう。

だから今は、先日先発させた投手の高木といい、守備といい、

控え選手を出したり、いろいろ試しているのだろう。

先日、守備のミスが出たのも「集中力が無かった」とか、

「気の緩み」もあったのかも知れないが、コンバートとか、

控え選手を起用したりとか、いろいろ試しているのも原因だろう。

B 打線は、選抜直後は状態が悪かったが、今は状態が上がっている。

選抜不調だった富山、中川も復調の兆しが見える。

C それと、成美戦中盤まで無得点だったのも理由がある。

監督が「春季大会は出来る限り指示を出さず、

選手達に攻略法を考えさせよう!」と、

攻撃の指示を、中盤まで一切出さなかったのが原因だ!

終盤に堪らず指示を出したら、打線が火を噴いた。

ただ、こういうのは春季大会だからやってることで、

1回負けたら終わりの夏の大会だったら、こんなことするのはあり得ない。

春季大会は甲子園は関係無いから、こういうことが可能な大会。

D ところで、前も言ったように、平安は近年夏に弱い。

春の選抜に出場して実績残すのもいいが、それより夏に勝たないと・・・

「選抜には強いが、夏に弱い!」では、あまり評価されない。

E それと、近年良い結果が出なくなってるのに、

「俺は悪くない!選手が悪い!」というようなニュアンスの

コメントばかりして反省しない、自らに矢を向けない指導者はダメだ!

あの監督の「選手はよく頑張った!負けたのは私の責任!」

「私の指導が良くなかった!」というのを、ほとんど聞いたことがない。

「かつて主将だった〇〇は頼りなかった」「ウチはリーダーがいない」

「ウチの選手は野球を知らない」「ウチの選手は甘い」というような

選手批判みたいなコメントが多い!

こういう選手のせいにするようなコメントはいただけない。

選手が未熟なら、それを指導し、鍛え、育てるのが指導者の役目だろう。

頼りない主将だったら、頼れる主将になれるように指導者が鍛え、

育てればいいし、リーダーがいないのなら、

指導者がリーダーを育成すればいい。

選手が野球を知らないのなら、指導者が教えればいいし、

選手たちが甘いのなら、甘くならないように指導者が教育して鍛えればいい。

選手がダメなのは、選手の努力不足もあるのだろうが、

そういう選手たちを、しっかり指導、育成出来ない指導者、

監督の責任もあると思うし、選手達だけで上手くなれるのなら、

指導者、監督は必要ない。何のために指導者がいるのか・・・

チームの結果が出ないのは結局、監督の責任だし、負けたら監督の責任!

C「パワー軽視」は古いし「精神野球」みたいなのも今時古いし・・・

A 前にも言ったが、俺は乙訓に夏も甲子園に行って欲しいから

平安はどうでもいいし、正直平安が、このまま夏も弱いほうがありがたい!

夏に強くなったら困る!(苦笑)

D 打力、パワー向上と、この春不調の島田の剛腕が復活しないと、

夏も厳しいかも・・・

B 次に、今度の京都の準決勝の第1試合は、

去年秋は、立宇治が16-1で翔英に大勝したが、

今回はこんな大差にはならないだろう。打線はほぼ互角か・・・

ただ、投手力、投手層の厚さでは、立宇治が1枚上だろう。

第2試合は、ベストメンバーで本気で戦ったら、乙訓が上だろう。

ただ、さっき触れたように、今の乙訓は控え選手を使ったり、

監督が、選抜時までのように積極的に指示を出さなかったり、

コンバートしたり、夏に向けていろいろ試したりしてる。

だから、先日の試合のように、そこに隙が生まれる可能性がある。

それで乙訓が自滅するか、あるいはそこを東山が突ければ、

勝機があるのではないか。

C ところで、メジャーの話だが、大谷の活躍であまり目立たないが、

平野(鳥羽出身)も頑張っている。ここまで21試合に登板し2勝、

8ホールド、防御率2.33。今のところ、メジャーでも通用してるようだ。
 

~宏鈴監督の心のキャッチボール~ “レスができる喜び”を感じてペン

 投稿者:宏鈴法師(管理人)メール  投稿日:2018年 5月15日(火)23時17分31秒 pl5042.ag5354.nttpc.ne.jp
編集済
  野球今日の奈良大会試合結果(最終日 決勝戦 佐藤薬品スタジアム)
智弁学園16-1高 田 商
智弁学園は3年連続14度目の優勝トロフィー

メモ【私と甲子園】智弁和歌山・中谷コーチ 同級生の苦投がよみがえった97年夏の決勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000031-dal-base

高校野球を彩ってきた元球児の阪神関係者が、高校時代を振り返る「私と甲子園」。第4回は、智弁和歌山で97年夏に同校初の全国制覇を果たした中谷仁さん(39)=現智弁和歌山コーチ=です。決勝は、同大会で注目を集めた平安(現龍谷大平安)の左腕エース・川口知哉投手(38)=元オリックス=と対戦。さまざまな感情が交錯した思い出深い試合となりました。

高校生活最後の試合に勝てば全国制覇。絶対に勝つ。中谷は覚悟を持って臨んだ。ただ、拭いきれない複雑な気持ちもあった。脳裏には1年前の春の記憶がよみがえっていた。
2年生だった96年センバツ。同級生エース・高塚とバッテリーを組み、決勝へ進出した。だが、2回戦から4連投の高塚が、鹿児島実に打ち込まれて準優勝に終わった。
97年夏の決勝で対戦した平安のエース・川口は、1年前の高塚と同じ状況だった。準決勝までに投げた球数は663球。序盤から疲労は見て取れた。
「どこかでつらいなあと。一捕手、一選手として、エースが一人で投げ抜いてきたチームと戦うことに、難しい感情がありました」

試合では勝負に徹し、主将としてチームを鼓舞し続けた。五回に逆転を許した後、七回に同点として八回に勝ち越し。その頃、マウンドの川口の表情は、1年前の高塚の表情とダブって見えた。
「汗をかきながらね…。勝ちたいけど、早くゲームが終わってくれ、と思っているような表情が印象的でした。高塚も同じような表情をしていたなと」
くしくも96年春の決勝で鹿児島実に敗れた3-6のスコアとは逆の6-3で頂点に立った。「個人的な思いですが、川口に対するリスペクトや、敵ながらすごいな、と気持ちを持って戦ったという記憶はあります」。96年センバツ後に右肩を痛めた影響で、97年夏の甲子園は1試合しか登板できなかった高塚への思いもあり、忘れられない試合となった。

全国制覇は人生のターニングポイントだった。97年ドラフト1位で阪神から指名を受け、プロで15年間プレー。充実した野球人生のように見えるが、“肩書”に重圧もあった。
「甲子園の優勝が、僕の評価を押し上げてくれたと思う。でも、自分一人で日本一になったわけではないのに、『ドラ1の中谷』、『あの強かった智弁和歌山の中谷』と言われて。重圧になっていましたね」。それでも母校のコーチとなった今は、笑顔で振り返ることができる。

野球人生を振り返れば、いつも甲子園が背中を押してくれた。楽天在籍時の09年は、阪神との交流戦で能見からプロ12年目の初本塁打を放った。「高校で打てていなくて、やっと打てた。あれでまた頑張れましたから。甲子園とは縁がありますよね」。母校のコーチに就任してからは2季連続で甲子園に出場中。今夏も新たな刺激を求めて甲子園を目指す。

野球平安OBさんへ
ありがとうございます!!これで和智弁は県内公式戦で4連覇となりました(新人戦は除く)。今大会序盤は控え投手を起用しながら打線の爆発で勝ち上がり、ライバル視される和歌山東戦ではエース・平田が先発完投し、決勝は1回途中からエース投入して春は5連覇しました。

以前はシード権を確保したら準決勝以降軽く流して、他県の強豪との練習試合に挑むケースが多々見受けられましたが、ここ数年は勝ち癖をつけるためか?真剣モードで挑んでますね。夏を見据えてライバルチームには手の内を隠すというよりも徹底的につぶしにかかってます。

平安は組み合わせが決まった時点で4強までは進出し、ここから先どのような投手起用で挑むのか気になりましたが、東山に足元を掬われましたね。秋も8強どまりだったし、小寺・島田の2枚看板を擁し旧チームからスタメンに入っていた選手が半分くらいいたはずなんで強いイメージがありましたが・・・・・。

昨日、ジャガー丈二さんが厳しく書かれてましたがこれが現状を物語っているのかもしれません。
以前は東山にせよ平安と対戦する時点で名前負けしたところもあったかと思いますが、最近ではコンプレックスも払拭されているだろうし、仮にこのメンバーで夏甲子園を逃すと秋以降非常に苦しくなりかねないですね。。。。。
以前のように平安・外大西・成美あたりがトップを形成してあとはそこまで強くない時代だとライバルチームの動向次第で楽に勝ち上がることもできましたが、今は公立も着実に力をつけ侮れないし、かつての堅守に綻びが見えて野球が粗くなった部分もあるように思います。

打撃全盛の時代になって『守りのチーム』は苦しいところもありますが、投手力が高いのであと2ヶ月でどこまで立て直せるかでしょうね。本当にこの夏が分岐点になるような気もします。

http://6547.teacup.com/hirorink/bbs

 

(無題)

 投稿者:平安OB  投稿日:2018年 5月15日(火)22時05分44秒 softbank219029091140.bbtec.net
  智弁和歌山、春季県大会優勝、おめでとうございます。甲子園に関係がなくとも、やはり優勝は良いものです。平安は、2-4で東山に負けました。夏ですね。先月に亡くなられた、大O Bの衣笠祥雄氏と原田監督は親交がありました。2人は、昨秋の11月に食事をされましたが、衣笠氏は100回大会に平安が出場出来るようにがんばって欲しいと、今夏を楽しみにされていました。衣笠氏の訃報に接して、原田監督は「今夏は、命をかけるつもりで戦って、是非とも100回大会に出場、甲子園100勝を達成して、衣笠さんに報告する」と言われていました。原田監督の、意気込みに期待したい。  

/115